焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

トレッドミルでのキャンター調教から1歩前進。この中間から坂路調教を始めています。☆アプリシティー


f:id:yakifish:20200513045835g:plain アプリシティー(牡・尾関)父ディープインパクト 母イルーシヴウェーヴ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本とトレッドミルでキャンター、週3回トレッドミルでキャンター

担当者「この中間からはトレッドミルでの運動を経て、坂路調教を開始いたしました。まだハロン18秒ペースくらいで進めているので、余裕を持って登坂することが出来ていますね。骨折した右前に関してもここまでは問題ありませんし、負荷を掛けながら緩んだ体を引き締めていければ良いですね。馬体重は495キロです」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルでのキャンター調教のピッチを上げ、運動時間も増やしていたアプリシティーですが、この中間からいよいよ坂路調教を開始。既に普通キャンター程度で登坂を行っていますが、無難に対応することが出来ていますし、脚元への反動もなさそう。

ただ、調子に乗って一気に負荷を高めていくと、どこかで歪みが出てくると思うので、まずはこれぐらいのペースでコツコツ乗り込みながら、確かな下地を築いていって欲しいです。