焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

中3週と詰まったローテも短期放牧を挟んでギリギリまで牧場にいたのが大正解。イライラすることなく落ち着き払い、好スタートを決める。あとは抜けてくるコースとタイミングだけでしたが、そこも完璧にこなすのが鞍上の手腕。残り300mでスーと引き離すと最後までしっかり脚を繰り出しての完勝。ラストランを見事勝利で飾る。☆アーモンドアイ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロアフサイチパンドラ

日曜東京12R ジャパンC(G1・芝2400m)優勝(1番人気) C.ルメール

シャドーロール着用。好スタートを切ると、道中は好位の5番手に付けてレースを進めます。直線に向き馬場の3分所へと持ち出して追い出しに掛かり、残り150m付近で先頭に立つと、無敗の3冠馬2頭の追撃を凌ぎきり、芝G1・9つ目のタイトルを手中に収め、ラストランを見事に勝利で飾っています。

国枝調教師「おめでとうございます。まずはとにかく無事に帰ってきて欲しいと思っていましたし、率直にホッとしました。それに加えて、こうして結果を残してくれるのですから、本当にすごい馬ですね。前走と同様に落ち着いてレースまで入っていくことが出来ましたし、外国馬がゲート入りにかなり苦労してスタートまで時間が掛かってしまいましたが、その中でも特に戸惑うことなく自分のゲート入りまで待てていましたね。好スタートを切ることが出来ましたし、その後もスッとスピードに乗って良いポジションから競馬を進めることが出来ました。一昨年と同じようにキセキが飛ばして行く形になり、これならアーモンドアイの力を発揮できる展開になるだろうと思って見ていましたよ。道中はずっと手応え良く走っているように見えましたし、直線に向いて追い出されてもその通りの脚を使ってくれましたね。最後は無敗の3冠馬2頭が後ろから迫ってはきていたものの、前走の天皇賞(秋)と比べても抜け出してからの走りには余裕が感じられましたし、これなら凌ぎ切ってくれるだろうと思っていました。前走からは中3週とそれほど間隔が空いているわけではなかったものの、NF天栄でしっかりとケアしてもらったこともあり、調教からクリストフ(C.ルメール騎手)が『心身ともに充実してとても良い状態』と話していたように、天皇賞時よりももう一段階レベルアップして挑めたことが大きかったと思います。『もう一つG1を勝つことが出来て本当に嬉しいですし、何よりも無事にこうして帰ってきてくれたことが嬉しいですね。いつもアーモンドアイに乗るときは特別ですが、今日は最後のレースだったのでより特別でしたし、自信はあったのでエンジョイして乗れました。今日はいつもの通りのアーモンドアイで、返し馬やスタート前も落ち着いていましたし、そういったプロフェッショナルなところはさすがでした。今回も最後は素晴らしい脚を使ってくれて、こうして日本で一番強い馬ということを証明出来て嬉しいです。この3年間でたくさんの大きなレースを勝ってくれて、大きな感動をもらった彼女に本当に感謝しています』と話していました。私自身もアーモンドアイに携わらせていただいて、色々な経験をさせていただき充実した日々を過ごさせていただきました。本当に感謝の気持ちで一杯ですし、次のステージでまた良い仔を産んでもらえれば嬉しく思います」(レース結果)

3歳時には牝馬三冠を達成したのに加え、ジャパンカップを2:20.6の世界レコードで制して、年度代表馬に選出されました。翌年には、ドバイターフを勝利し鮮烈な世界デビューを飾り、秋には天皇賞(秋)単勝1.6倍の圧倒的1番人気に応え優勝。5歳となる本年はヴィクトリアマイルの勝利で歴代の錚々たる優駿に並ぶ芝G1・7勝目を挙げると、天皇賞(秋)の勝利で芝G1歴代最多記録を樹立。そして、ラストランとなったジャパンカップ3冠馬同士のドリームマッチを見事に制して、有終の美を飾ってくれました。レース前にご案内させて頂いた通り、本レースをもちまして現役から退くこととなり、近日中に競走馬登録を抹消し、今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。2歳8月のデビューから芝G1・9勝目を挙げるまで、本馬への温かいご声援誠にありがとうございました。なお、12月19日に中山競馬場で引退式を行う予定となっておりますが、事前に指定席を予約・購入された方に限り競馬場へ入場いただけることとなっておりますので、予めご了承ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロールパドックはいつものように落ち着き払って周回。馬場には先出し。抜群のスタートを切り、好位の内につける。折り合いもピタリとついてじっくり脚を溜められた。そのまま4角を回り、残り2ハロンを切ってから仕掛けると一気に伸びる。残り1ハロンで先頭に立ち、追い縋る2頭の3冠馬を従えてゴール。様々な逆境を乗り越えてきた稀代の名馬がまたしても感動の走りを見せてくれた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンC】アーモンドアイ有終9冠!最強女王のまま引退(サンスポより)

3歳3冠馬2頭との最初で最後の戦いで、最強女王が真の実力を見せつけた。世紀の一戦、ジャパンCが29日、東京競馬場で行われ、1番人気のアーモンドアイが自身の持つ史上最多記録を更新する芝G1・9勝目をマーク。歴代獲得賞金ランキングでトップとなった。主戦のルメール騎手は天皇賞・秋からG1・4連勝。2着に2番人気コントレイル、3着には3番人気のデアリングタクトが入った。

最後の最後まで、アーモンドアイは強いままだった。3冠馬3頭が激突する世紀の一戦。最強女王は後輩にトップを譲らずにゴールした。天皇賞・秋で自身がマークした芝G1最多勝利記録をラストランで更新。9つめの勲章を手にしてターフに別れを告げた。

「引退レースのジャパンCを勝って、無事に帰ってきました。それが一番うれしいです。きょうはさよならパーティーでしたけど、さすがアーモンドアイ。素晴らしい走りでした。絶対に日本で一番強い馬です」

主戦を務めてきたルメール騎手が誇らしげにパートナーをたたえた。2017年8月のデビュー戦から3年4カ月、全15戦のうち14戦でコンビを組んだ最愛の馬。前走の天皇賞・秋で芝G1最多勝記録を樹立した際には涙を流したが、「きょうはノークライ(泣かない)、ノーサッド(悲しくない)です」と満面の笑みを浮かべた。

女王らしく、そつのない戦いぶりだった。好スタートから道中4、5番手の内につける。キセキの大逃げにも動じることなく、直線の手応えも抜群。薄暗い東京競馬場の照明に照らされたゴール板を真っ先に駆け抜け、後輩の3冠馬2頭、コントレイルとデアリングタクトには、決定的といえる1馬身1/4差をつけ、現役生活を終えた。

「いいペースだと思いました。スムーズなペース。そうなった場合、一番強い馬が勝ちます。後ろ(の脚音)? 何も聞こえませんでした。彼女の手応えに集中していました」

もうレースで乗ることはない女王の背中の感触や、手綱から伝わってくるエネルギーを、心ゆくまで味わった鞍上は、満足そうに振り返った。

総獲得賞金は19億1526万3900円。キタサンブラックテイエムオペラオージェンティルドンナを抜き、戦前の4位から一気に歴代1位となった。

「(世界レコードで勝った)3歳のジャパンCは素晴らしかったけど、彼女の(強さの)ピークはきょうじゃないですかね。引退して寂しくなります。これでアーモンドアイの競馬のストーリーはフィニッシュです。でも彼女のストーリーは終わっていない。いい子供を産んだら、また乗れます。みなさんも子供を応援してください」

ルメール騎手は穏やかに別れを惜しんだ。女王は12月19日に中山競馬場で引退式を行い、その後は生まれ故郷の北海道・ノーザンファームへと帰る。この伝説のストーリーは、早ければ22年の春に誕生する子供へと受け継がれるに違いない。その日が来ることを、ファンは待ち望んでいる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンC】アーモンドアイ 初交配相手はエピファ有力!ノーザンF・吉田代表が明かす(スポニチより)

今後、繁殖入りするアーモンドアイの初交配相手は「エピファネイアになる可能性が高い」と、ノーザンファーム吉田勝己代表が明かした。エピファネイアは13年菊花賞、14年ジャパンCを勝利。初年度産駒に今年の3冠牝馬デアリングタクトがいる勢いのある種牡馬だ。早ければ初子は24年にデビュー。現在65歳の国枝師が、70歳の定年引退までにギリギリ間に合うことになる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイが美浦にさよなら 国枝師は感慨深げ(日刊スポーツより)

先週のジャパンCでG1・9勝目を挙げ、有終の美を飾ったアーモンドアイ(牝5、国枝)が3日、美浦トレセンの国枝厩舎から退厩した。

厩舎スタッフやその家族、報道陣が集まる中、アーモンドアイはおとなしく記念撮影をこなし、馬運車に乗って福島のノーザンファーム天栄に出発した。国枝師は「たくさん人が集まってくれて、何かお祭りみたいだね。寂しく感じるのはひとりになったときになるかな。無事トレセンでの生活が終わった。長い間本当によく頑張ってくれた」と感慨深げに話した。

ちょうどこの日、同馬の新しい調教ゼッケンが届いた。G1勝利の数だけ星マークが付いているが、それが9個。1度も身に着けることはなかったが、その星の数を見て「牧場など、みんなの協力のもといい結果につながった」と国枝師は語った。

同馬は19日に中山競馬場で引退式を行い、その後は北海道のノーザンファームで繁殖入りする予定。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイが無事に放牧先のノーザンファーム天栄に到着(スポーツ報知より)

先週のジャパンCで有終の美を飾った芝G1・9勝馬のアーモンドアイ(牝5歳、美浦国枝栄厩舎、父ロードカナロア)は12月3日、茨城・美浦トレーニングセンターを退厩して、16時頃に放牧先の福島・ノーザンファーム天栄に無事到着した。馬房ではすぐにカイバを食べて、大きな疲れはなさそうだったという。同ファームの木実谷(きみや)雄太場長は「元気そうです。脚元も問題なく、ホッとしています」と語った。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回がラストランということで、まずは無事に走り終えて欲しかったですし、悔いを残さないように全力を出し切って欲しかったアーモンドアイ。今回は前走から中3週でのレース参戦となりましたが、春のホロ苦い経験が生きたと思いますし、短期放牧を挟み、ギリギリまで牧場で過ごしたというのが大ファインプレー。パドックに登場したアーモンドアイは澄み切った瞳で落ち着き払った周回を見て、『これなら楽しみ』と期待値がアップしました。

あとはゲートを五分に出てくれればと見ていましたが、フランスから参戦してくれたウェイトゥパリスがゲート入りを拒否。5分ほど待たされることになり、レースへの集中力が萎えてしまうと嫌だなあと思いましたが、枠入りの際は落ち着きをキープできていましたし、立ち遅れる心配の少ない偶数枠。普通に出てくれればと願っていましたが、C.ルメールJとアーモンドアイの息はピッタリでポンと好発を決めてくれました。

懸念材料を無事クリアしたので、あとは無事に回ってきてくれれば恥ずかしい競馬はしないだろうと思ったので、気持ちは随分楽に。多少行きたがる素振りはありましたが、C.ルメールJは想定していたと思うので、グローリーヴェイズの後ろにつけることでロスを回避。レースはキセキの大逃げとなりましたが、リズム良く運べていたので、抜けてくる進路取りとタイミングを図るのみ。そこで失敗せずに絶妙なリードをしてくれるのが鞍上の手腕。直線を向いて残り400~350mぐらいの地点では3冠馬2頭に詰め寄られましたが、仕掛けているライバルを尻目にアーモンドアイとC.ルメールJは静の動き。残り300mで軽く仕掛けるとスーと加速。ここで後続を少し突き放すと、前走の天皇賞・秋とは違い、最後までしっかり脚を伸ばすと、2~5着の熾烈な争いに対して余裕綽々のゴールイン。ロスのない競馬に徹したことで久々の2400mも問題なかったです。そして自身の記録を伸ばす芝G1・9勝目。さすがに今後なかなか破られることはないでしょう。

レース後もそこまで疲れた感じはなかったようですし、脚元も大丈夫そう。使い詰めで使うことは出来ませんでしたが、デビューしてから大きな怪我もなく、無事に競走生活を終えるのはホント立派なことだと思います。

振り返れば、ゲームでもなかなか出来ない好成績。父ロードカナロアの本格化後も『凄いな凄いな』と感心するばかりでしたが、その父を超えていくとは…。さすがに想像も出来ませんでした。

今後は19日に中山競馬場で引退式。そして繁殖牝馬として次のステージへ。仔馬に出資できる可能性は正直低いでしょうが、母譲りの加速力でターフを賑わせてもらいたいです。ホントホント、お疲れ様でした。