焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

心配した中1週のローテが見事に裏目。直線を向くまでは前走と変わらぬ雰囲気でしたが、いざ追い出してからがサッパリ。大した伸びを見せることなく最後は失速。馬体がまだまだ未完成な馬なので、レース間隔を空け、大事に使っていって欲しい。★ロードラスター

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードラスター(牡・千田)父リオンディーズ 母スターコレクション

11月22日(日)阪神4R・2歳未勝利・混合・芝1800mに福永Jで出走。13頭立て3番人気で3枠3番からスローペースの道中を6、6、6番手と進み、直線では中央を通って0秒7差の6着でした。馬場は良。タイム1分47秒5、上がり34秒4。馬体重は2キロ減少の492キロでした。

○千田調教師 「良い形で運べていたものの、直線へ向いてからが案外。先行勢を捕まえられず、後続にも交わされて・・・。乗り役も振り返ったように、今回は大人しかった印象。まだ体力的に中1週はキツいのかも知れませんね。5着を外したのに加え、立て続けに3戦を消化。一旦、小休止を図るのがベターだと思います」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

返し馬は硬く感じた。ポンと出てジワッと下げ、中団で脚を温存。直線に向いてレンツビッツェの内に進路を確保し、満を持して追い出したが…。意外なほどに伸びなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の左前脚球節に幾らか腫れが認められるも、段々と良化の傾向を窺わせています。11月26日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して冬以降の戦列復帰へ向けて心身の立て直しを図ります。

○千田調教師 「左前脚の球節が腫れたものの、軽く動かすと早々にスッキリ。歩様に違和感は認められず、痛みも伴っていません。捻挫か打撲か・・・。いずれにせよ大事には至らないでしょう。11月26日(木)に近郊の育成場へ。年明けの戦列復帰が目標です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

好走した前走と同舞台+同鞍上。良馬場で競馬が出来るのも良かったロードラスター。ただ、中1週と詰まったローテが悪い方へ出なければ良いのになあと見ていましたが、その予想が的中してしまうことに。

パドックでイレ込んだりはなかったですが、ちょっと身のこなしが小さい感じ。落ち着きはあったのでレースでも真面目に駆けてくれると思ったのですが、今回はいざ追い出してからの伸びが案外。勢いが続きませんでしたし、最後は脚が上がり気味。前走で先着したヴァジュランダが3着に来ているので、単純な比較ですが、前走ぐらい走れていれば、今回も馬券圏内以上の結果を得ることは出来たように思います。あと、個人的にはマイルへ1ハロン短縮したほうがレースも流れるでしょうし、ラスターの息の長い末脚が生きてくるのかなと思います。

レース後のラスターですが、左前脚球節を腫らすも、骨折等の診断はなかったようですし、痛みもないようなので軽症の部類でしょう。ただ、芝のマイル~1800mを使うには相応の節が必要になってくると思うので、ここは焦らずに一旦リセットすべきでしょう。26日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に出ています。

まずは今後に影響を及ぼさないように左前脚球節の治療・ケアを念入りに行って欲しいところ。また、ここ2走、最後の直線で内へモタれる素振りを見せていたので、次走では左回りの中京に照準を合わせて欲しいです。距離は1600mで良いとは思いますが、相手弱化を狙い、もう1ハロン短縮(芝1400m)してみても面白いかもしれません。

今回の結果から分かるように、緩さが残り、馬体に芯が入っていない現状では、詰めて使うと好結果は得られません。出走→放牧をひとまず繰り返しながら、馬体の良化が期待できる3歳春までは大事に使っていってもらいたいです。完成されてくればトントンと勝ち星を重ねることが素材だと思いますから。