焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計
・次走予定:11月23日の阪神秋明菊賞(福永J)

担当助手「来週しっかり負荷を掛けるつもりで、5日の追い切りはそれに備えて馬なりでサッとストライドを伸ばすように時計を出しました。風馬(松若風馬騎手)が騎乗していたとはいえ、馬場が悪い中でもまったく苦にせず、最後まで楽に駆け上がってくれましたよ。体はまだ少し余裕がありますが、初戦の頃よりも動けるようになっていますし、レースまでまだ時間があることを考えると、十分態勢が整いそうです」(11/5近況)

助 手 1栗坂良 60.2- 43.6- 28.9- 14.5 馬なり余力
松 若 5栗坂良 52.5- 38.9- 25.7- 13.2 馬なり余力 レアシャンパーニュ(二歳1勝)稍一杯に0.4秒先着
助 手 8栗坂重 55.4- 40.5- 26.9- 13.5 馬なり余力

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計

藤原英師「帰厩した後も問題なく進められていましたので、5日に坂路で時計を出してみました。強め1本目としてはまずまず動けていましたし、放牧に出す前と比較するとしっかり動けるようになってきていますね。体付きもメリハリが出てこれから更に良くなってきそうですし、この調子で追い切りを積み重ねて行きながら、具体的な番組を考えて行きたいと思います」(11/5近況)

助 手 1栗坂良 62.2- 45.3- 29.7- 14.4 馬なり余力
助 手 5栗坂良 54.5- 40.1- 26.1- 13.2 一杯に追う ハナビマンカイ(古馬1勝)馬なりに0.3秒先行0.1秒遅れ
助 手 8CW重 60.4- 44.1- 13.4 馬なり余力

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ミスターサファリ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日に坂路コースで時計

藤岡師「ゲート試験に合格した後は牧場で鍛え直してもらっていましたが、まだ緩さがありながらも以前よりは体がしっかりしてきましたよ。4日の追い切りでは、同じ2歳新馬と併せて時計を出してみましたが、手応えとしては相手に見劣ってしまったものの、馬場が悪い中でもバランスよく走っていましたし、強め1本目としてはまずまず動いてくれたと思います。負荷を掛けた翌日は特に疲れは見せていないですし、このまま本数を積み重ねていけば更に良くなってくるでしょう。この馬の持ち味を引き出すにはゆったりとした芝の中距離ぐらいが良さそうですね。再来週の阪神・芝2000mだと少し急仕上げになりそうなので、4週目の阪神・芝1800mが有力かなと考えています。あくまで動き次第と考えていますので、馬の状態に合わせながら仕上げて行きたいと思います」(11/5近況)

助 手 31栗坂良 54.0- 40.3- 26.8- 13.8 馬なり余力
助 手 4栗坂良 54.5- 39.8- 25.8- 13.0 強めに追う ワイドエンペラー(新馬馬なりと同入

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain アンダープロット

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計
・次走予定:11月14日の東京・芝1800m(M.デムーロJ)

加藤征弘調教師「4日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。障害オープン馬のノーザンクリスと併せ馬を行いましたが、道中はアンダープロットが3馬身追いかける形から、最後は半馬身ほど突き抜けて終えています。今週もミルコ(M.デムーロ騎手)に調教を手伝っていただきましたが、『少し重たい馬場でも最後まで良い脚取りで走ってくれましたし、追ってからの反応も良かったですね。先週よりも更に状態が上がってきていると思います』と好評価をいただきました。力の要る馬場の中で長めから負荷を掛けましたから、このひと追いで息遣いは良化してくるでしょうし、来週のデビュー戦へ向けて仕上がりは上々ですよ」(11/5近況)

助 手 1美坂良 59.3- 44.3- 29.0- 14.5 馬なり余力
デムー 4南W稍 83.0- 68.1- 53.6- 40.1- 13.3 強めに追う ノーザンクリス(障オープン)馬なりの内0.6秒追走0.1秒先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計

大久保龍師「デビュー前にこちらでも時折気難しいところを見せていましたが、去勢の効果もあって、帰厩翌日こそ立ち上がる素振りを見せたものの、それ以降は特に問題なく進められています。5日に坂路でどれだけ動けるか追い切ってみましたが、馬場が悪い中でもまずまず動けていたので、ある程度本数を重ねて行けばすぐ態勢が整いそうです。このままレースに向けて仕上げて行きますが、まだこの馬の適性が掴み切れないところがあるので、具体的な番組は追い切りの動きを確かめながら考えて行きたいと思っています」(11/5近況)

助 手 1栗坂良 58.5- 43.5- 29.4- 15.1 馬なり余力
助 手 5栗坂良 54.1- 39.7- 26.1- 13.0 一杯に追う エイシンティップス(新馬)一杯に0.3秒先行0.2秒遅れ
助 手 8栗坂重 59.5- 42.2- 26.3- 12.7 末一杯追う アルコーン(二未勝)馬なりを1.1秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピクシーナイトは順調に坂路で時計を重ねていますが、無理をしていない中でも52秒5-13秒2をマーク。体重の軽い松若Jが乗っているとはいえ馬なりで上がってきているのは優秀です。今週の追い切りでは来週の出走へ向け、ビシッと行くようなので、どんな時計を叩き出してくれるか。楽しみにしたいです。

ヒーズオールザットはデビューへ向けて時計を出し始めていますが、現状は地味な時計。雄大な馬体を誇りますが、それに似合ったパワフルさは身についてないのかなと思います。本数を重ねていって、時計がどこまで詰まるのか。冷静に見守りたいです。

4日の坂路で同期と併せ馬を行ったミスターサファリ。見劣ってしまったのは事実ですが、相手はサンリヴァル・ヴァンケドミンゴの全弟で走りそうな馬。強め程度でこの時計ならそこまで悲観することはないですし、緩さが残る中でよく食らい付いた方だと思います。今後、CWコースや芝での追い切りを行うと思うので、そこでどこまで動けるかをチェックしたいです。

アンダープロットは先月28日の追い切りでは良い感じでしたが、4日の追い切りはもう一つ、動きに余裕がない感じ。馬場が重かったのが影響しているのかな? しっかり負荷を掛けることが出来ているので、追い切った後の良化に期待したいです。また、今週末の東京でデビュー予定ですが、芝の切れ味勝負でどこまで通用するか。どういう脚を繰り出せるのか注目です。ダート向きの可能性もあるでしょうねえ。

体調は頗る良さそうなバラキエルですが、追い切りの時計に関してはヒーズオールザット同様に地味目。ビシビシやれてはいるんですが…。去勢の効果で煩い面は緩和しているようですが、心身のバランスが整ってくるのはもう少し先。馬体の緩さはまだまだ目立つでしょうし。