焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

レース1週前追い切りで上々の動きを披露。スタミナ・タフさは流石です。☆ブライトクォーツ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に障害練習~CWコースで時計
・次走予定:11月14日の阪神・京都ジャンプS(J・G3)・西谷J

荒川師「今週は4日までは坂路で普通キャンターを行い、5日に障害練習からそのままCWコースで追い切りを行いました。レースが来週に控えていますので、しっかり負荷を掛けて時計を出してもらったところ、『長めから行った割には、最後の直線は持ったまま加速していきました。先週よりも動き・反応ともに良かったですよ』と西谷誠騎手が言っていました。体も引き締まって良い状態に仕上がってきましたし、ここまで脚元含め、問題なく進められていますので、今の状態を維持しながら来週の競馬に備えたいと思います」(11/5近況)

助 手 1栗坂良 57.5- 42.2- 27.5- 13.6 馬なり余力
西 谷 5CW良 82.7- 67.5- 53.4- 39.5- 12.1 馬なり余力
助 手 8栗坂重 59.5- 43.3- 28.5- 14.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末、阪神で行われる京都ジャンプSへ出走するブライトクォーツ。長い充電期間を経て、ここへ向けて追い切りを重ねてきましたが、5日のCWコースでの追い切りは体重の重い西谷Jが跨り、馬場の9分どころを回って82秒7-12秒1の時計は上々。その前に障害練習を行っているのにこれだけ動けるのはやはりスタミナの塊でしょう。また、このひと追いでグッと馬体に締まりが出てきてくれるでしょう。

特別登録の段階では7頭が出走予定。頭数が少なくなった背景には障害の絶対王者オジュウチョウサンの参戦があります。改めてどこまで食い下がることが出来るか注目ですが、ブライトクォーツにすればこの距離は短いですし、本番はこの次。西谷Jも本番を見据えての騎乗になるかと思います。その一方でオジュウチョウセン以外の馬達にはあまり先着を許して欲しくありません。