焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】ジェイムの19

ジェイムの19(2020.9)

f:id:yakifish:20201102113733j:plain

ジェイムの19(2020.10)

f:id:ytitle= ジェイムの19(牡・安田隆)父ロードカナロア

2020.09.15
・吉澤ステーブル

8月後半に、吉澤ステーブルに移動。新しい環境にもしっかりと対応し、馬房内やバドック放牧への行き帰りなど、終始落ち着いた態度を示しています。ブレーキングを進めている段階ですが、飼い葉食いは良好で、心配することは何一つない状況です。馬体のバランスが整っていて、各パーツの造りや肩先、トモの筋肉の付き方に、とても良いものを持っています。騎乗馴致への移行もスムーズにおこなうことができましたし、今後も心身の成長を促しながら、馬に合わせて進めていこうと考えています。馬体重は412キロです。

2020.10.30
・吉澤ステーブル

ブレーキングが終了し、角馬場で2000mのハッキングをおこなっています。近日中には、BTCにおけるハロン22秒程度の坂路調教も開始する予定です。運動を強めても飼い喰いが落ちず、胴回り周辺を中心に、肉付きが良くなってきました。動きには勢いがあり、人間を乗せることを楽しんでいる様子です。性格も素直で、今後の調教もスムーズに運んでいくと見ています。まだまだ馬体の伸びしろは大きく、前後、左右共に逞しくなっていくはず。素質の高さは疑いようがないだけに、成長した姿が本当に楽しみです。馬体重は414キロです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

三嶋牧場から8月19日に育成先の吉澤ステーブルへ移動してきたジェイムの19。本格的な調教はまだですが、教わったことをしっかり吸収できている感じなのは○。頭を上げたりすることなく真面目に取り組んでいる姿も印象的です。

その一方で課題は馬体のボリュームアップ。カイ食いが落ちていないとはいえ、実際に馬体重は微増ですし小柄な部類。神経質そうには見えないのですが…。走りを見ると、前脚に伸びやかさはないので、ピッチ走法で短いところ向きかなと思います。