焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

2戦目で煩い面が出てきたのは今後ちょっと心配も、後方でじっくり構え、勝負どころから外目を捲り気味に進出。直線では力強い伸びを披露して楽々と先頭へ躍り出ると、2着馬の強襲も余裕を持って凌ぎ切る。着差は僅かでも今回も奥のある走りっぷりで2連勝を決める。☆ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

土曜中山9R アスター賞(芝1600m)優勝(1番人気) C.ルメール

内枠からやや遅れたスタートで、後方2番手を追走します。3コーナー辺りから前との差を詰め、直線でもしっかりと伸びると、半兄の得意だった中山コースで見事2勝目を飾っています。

手塚調教師「おめでとうございました。少しスタートで遅れる格好になってしまい、道中もハミを噛んでいましたが、外に出してからは落ち着いてくれて、直線でも良い末脚を見せてくれましたね。開幕週とは言え、ルメール騎手が馬の力を信じて外々を回してくれたので、直線では安心して見ていられました。ジョッキーのコメントは『まだ幼い面を残していて、スタートが決まりませんでしたし、焦らずに後方からレースを進めました。手応え良く回ってきてくれて、追ってからの反応も良く、とても良い脚を使ってくれたと思います。距離に関しては、今のところこれくらいが合っていそうな感じですね』とのことでした。また、今日は肩ムチしか入れていないですし、馬への負担もそれほど掛かっていないと思いますので、その中でこのような勝ち方が出来たのは良かったですね。そして、前走と同じ体重でしたが、緩さが抜けて中身が段々と完成してきましたので、これからも成長を促しながら大事に育てていきたいです。まずはトレセンに戻って馬体を確認させていただいてから、今後の予定を決めさせていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体重よりも細く見えるほどに、すっきり。周回を重ねて、テンションが高くなったので、馬場入りも最後。後方の外から勝負どころで外を追い上げ、直線でまとめて差し切り、最後に迫られながらも凌ぎ切る。落ち着いた流れも何のその。どう乗っても勝てるという力で捻じ伏せる競馬。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アスター賞】ドゥラモンド、デビュー2連勝 ルメール「いい馬です」(スポニチより)

2歳1勝クラスの土曜中山9R・アスター賞は後方から外を進出した1番人気ドゥラモンド(父ドゥラメンテ)が伸び切ってデビュー2連勝。

初コンビのルメールは「いい馬です。スタートだけ遅かった。2戦目でテンションは上がっていたが道中は後方で落ち着いていた。最後もいい脚を使った」と称賛。手塚師は「(1800メートルの新馬戦V後で)今日のレースを見るとマイルくらいが良さそう。ただ、スタートは課題。次が試金石」と話した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/18日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

手塚師「先週はおめでとうございました。レース後は両前の深管に少し痛みは見られますが、競馬で走った後ということを考えれば許容範囲内だと思います。この後は無理せず一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出し、しっかりと脚元をケアしてもらいたいと思います。次走については、牧場での調教の動きを見ながら相談させていただきたいと考えています」(9/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 デビュー戦は正攻法の競馬で押し切ったドゥラモンド。センスの良さを感じさせる一方で、最後は詰め寄られたのでインパクトには欠ける内容。デビュー戦で負かした馬達の次走以降が良くなかったこともあり、2戦目へを迎えるにあたり、不安にはなりました。ただ、今回は追い切りで上々のパフォーマンスを見せてくれていたように成長を感じさせる臨戦過程。ソツなく乗ってくれるC.ルメールJなら1勝クラスのここでも恥ずかしい競馬にはならないとは思っていました。

レースを生で見れていなので、パドックや返し馬の雰囲気は分かりませんが、1度実戦を使ったことで父ドゥラメンテの荒々しさは出てきた感じ。今後、これ以上に煩いところが出てくるとちょっと嫌かなと思いますが、荒々しさが走る原動力にも繋がっています。

レースでは煩い面が出てことでゲート出は一息。デビュー戦は二の脚でリカバー出来ましたが、今回はトリッキーな中山マイルで内枠。隣のマルスが内へちょっと切れ込んできたこともあって控える形に。9頭立てということもあり、C.ルメールJは末脚勝負と腹を括ったんでしょう。道中、若干行きたがる面はありましたが、収まりをつけて追走。淡々とした流れの中、残り600mから進出を開始すると、馬群の外をスゥーッと捲り気味にポジションアップ。上々の手応えで最後の直線へ向いてくれました。

そして直線で追われたドゥラモンドは手応え通りの力強い伸びを披露。前捌きが硬めなので伸びやかなフットワークではありませんが、回転力の速いピッチ気味の走法。多少渋った馬場でも大丈夫そう。中山の坂を駆け上がる時に悠々と先頭へ躍り出ると、内で少し追い出しを待たされたイルーシヴパンサーの強襲をしっかり封じ込めての2連勝。今回も走破時計は地味ですし、最後詰め寄られたように見た目の印象は良くないですが、直線で追われてしっかり脚を繰り出せたのは収穫ですし、勝負根性はありそうなので離して勝つというよりは競り合いに強いタイプだと思います。距離に関しては、血統&走法から見て、マイルが合っていると言われるのは納得。ただ、末脚勝負に徹すれば、2000mぐらいまでは辛抱してくれるかも。

レース後のドゥラモンドですが、両前脚の深管がチクチクしているようですが、そこまで酷くはなさそう。18日にNF天栄へ放牧予定なので、まずは楽をさせて治療に全力を注いでもらえればと思います。今後については未定も、今年の目標は暮れの朝日杯フューチュリティSになってくるでしょうねえ。直行するかどこかをひと叩きするか。まあ、まだまだ先のある馬ですし、直行で向かうイメージで進めてもらい、間に合わないようなら年明けのシンザン記念あたりでの再始動で良いのかなと思います。

デビュー戦からの2連勝。走破時計は地味で相手に恵まれたのは確かですが、勝ちっぷりには余裕があるので、相手が更に強くなる次走以降ではドゥラモンドの本気の走りで互角以上に渡り合って欲しいです。