焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

脚元の状態に合わせて進めていく必要はあるも、順調に仕上がるなら、来月11日の京都大賞典での復帰が最有力に。☆モンドインテロ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで時計
・次走予定:10月11日の京都・京都大賞典(G2)

手塚師「9日に坂路コースで追い切りを行いました。単走で55-40くらいのところをサッと駆け上がっていますが、さすがに馬体にはまだ余裕があるものの、脚取り自体はしっかりとしていましたね。先週末にも坂路で同じくらいの時計を出していますが、まだ無理はしていないので、脚元の状態には良い意味で変わりありません。このまま順調に調教を積んでいければ、京都大賞典あたりでの復帰が目標になってくるのかなと考えていますが、あくまでも脚元の状態第一で進めさせていただきます」(9/10近況)

助 手 6美坂重 54.4- 40.0- 26.4- 13.1 馬なり余力
助 手 9美坂良 55.7- 40.5- 26.8- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2日に美浦・手塚厩舎へ戻ってきたモンドインテロは6日に帰厩後の初時計マーク。そして9日にも坂路で時計を出すことが出来ているのでひとまず順調と言えるでしょう。じわじわ馬体重を引き締めてもらえればと思います。

また、帰厩時期から復帰戦は京都大賞典が有力かなと見ていましたが、陣営も無事に仕上がるなら、京都大賞典での復帰を最有力に考えているとのこと。当面の目標はステイヤーズS連覇なので、脚部不安明けとなる京都大賞典は叩き台になってきますが、コツコツ乗り込みながら、レース後の反動が出ないように土台はしっかり築いておいてもらいたいです。