焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴィースバーデン

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター2000m。

○当地スタッフ 「坂路へ入れるのは週1、2回ぐらい。その際は自分からグイグイと進んで、ハロン15秒も出ていると思いますよ。すぐに仕上がりそう。ひとまずはダート中心にセーブ気味の調整を続け、目標が定まってからピッチを速めればOK・・・ですね」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダート坂路コース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)もしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「最近はトレーニングの終盤に差し掛かっても元気一杯に走り切る形。以前はダラッとした面が目立っていただけに、非常に良い傾向を示していると思います。近日中にペースアップを図るつもり。引き続き、慎重に段階を踏んで態勢を整えましょう」

 ☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路へ連れ出したヴィースバーデンは良くも悪くもピリッとしてきました。前向きに調教に取り組んでくれているのは好感ですが、470キロまで増やしていた馬体重がどこまで減ってしまったかも気になるところです。個人的にも坂路で速いところを乗るのは出来るだけ控え、ダートコースで距離を乗ることを重視して欲しいです。中身をしっかり整えてもらいたいです。

シベールは暑さが堪えることなく、元気一杯。最後まで一生懸命走るようになってきたようですし、この馬なりに良化を遂げてくれています。あとは帰厩へ向けて負荷を高めていってもらえればと思います。その際にも良い雰囲気を維持してもらいたいです。ピリピリし過ぎないようにお願いします。