焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

思っていたよりも真面目に頑張ってくれたが、飛越はやはり慎重。勝負どころからのペースアップでジリジリ前との差が開いてしまう。1度経験して次走でどこまで変わってくれるか注目。★ピボットポイント


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピボットポイント(牡・松下)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

土曜福島1R 障害3歳上未勝利(障2750m)9着(7番人気) 中村将J

今回もブリンカーを着用しています。互角のスタートから1つ目の障害を無難に飛越します。その後も危なげない飛越を見せますが、最後の直線ではジリジリとした伸び脚で、初めての障害戦は9着でゴールしています。

松下調教師「レース当日にバンケットに慣れさせておくために軽くスクーリングを行っておきました。初めての障害戦でしたし、雨の影響で馬場が悪かったので、ジョッキーにはその点を踏まえて騎乗してもらいましたが、飛越そのものは最初から最後まで無難に飛んでくれたと思います。ただ、スタミナを要求される馬場になり、ディープインパクト産駒にとってはかなり厳しい条件でしたね。でも、最後の直線ではジリジリ脚を伸ばして、着順ほど負けていないだけに、綺麗な馬場ならもっと良い競馬をしていたと思います。レース後、中村将之騎手に聞いたところ、『障害は慎重に飛んでいましたが、それで置かれることはなかったですし、初戦としては良い内容だったと思います。今回は道悪馬場に尽きると思いますし、レース慣れが見込める次走はもっとやれると思いますよ』と話していました。今回の競馬がいい経験になったと思いますし、決して悲観する内容ではなかったですから、次走に期待したいですね。障害試験からここまで進めてきたこともありますので、トレセンに戻って状態を確認した後は放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

初障害。中団で脚を温存。行きっぷり良く追走して飛越もスムーズ。3角で前とは離されたが、センスは感じさせた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/9日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

松下師「福島競馬場からトレセンに戻った後も特に気になるところはなく、今朝の様子を見ても特に体調は変わりありませんでした。初障害としてはまずまずでしたし、あとは経験を積んでいけばもっと良い競馬を見せてくれると思います。障害試験に受かってここまで進めてきましたから、これまでの疲れを取る為、9日にNFしがらきへ放牧に出してコンディションを整えてもらいます」(7/8近況)

⇒⇒9日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ2走は気難しい面が目立ってレースにならなかったピボットポイント。そして平地を一旦諦め、障害戦で生き残りを賭けることになりました。

ただ、ここまでの調整過程とレースへ行くと悪い方へ豹変する気難しさから、レースにしっかり参加できるかどうか心配でしたが、レース後の率直な感想とすれば、思っていたよりも真面目に走ってくれたかなと思います。

まず心配したゲートですが、今回は外目の偶数枠ということでゲート内で待つ時間が少なかったことが良かったのかちょっとビックリの好発。押して押してポジション取りに行くようなことはなかったですが、内の各馬の動向を見ながら中団の位置で追走となり、レースの流れには乗れていたと思います。

飛越に関しては道中でバランスを崩したりすることはなかったですが、飛越の前に足を合わせる感じでスピードダウンしていましたし、飛越自体もやや高め。着地後も促さないと置かれる感じ。極端に目立つことはなかったですが、やはりこういう感じなんだなと納得。勝負どころでレースの流れがペースアップすると、飛越ごとに置かれる幅が大きくなり、ジリジリ前との差が開いてしまいました。ここで対応できていれば障害のデビュー戦とすれば合格なんでしょうが…。渋った馬場も多少は影響したと思いますが、道悪が敗因の主要因ではないでしょう。

レース後のピボットポイントですが、脚元等に異常なし。続戦できるレベルにはあると思いますが、気難しさを覗かせない意味でも、早めに余裕を持たせることに。9日にNFしがらきへ放牧に出ています。

障害馬として無難なスタートを切ったと思いますが、大事なのは1度実戦(障害)を経験しての慣れ・変わり身。勝負どころからのあの対応力では掲示板に来れたとしても、勝ち負けの争いに食い込むのも難しいと思います。スタミナはありそうなので、距離は問題ありません。障害2戦目となる次走でどういう走りを見せてくれるのか楽しみでもあり不安でもあります。