焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(2歳牝馬)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ヴェルトハイム

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月27日(土)にハロン15秒までペースを速める形。その後もテンションは上がっておらず、平常心を保てているのは好材料でしょう。一方、まだトモに緩さが感じられる状態。同等の内容を交えつつ、徐々に強化が図れれば・・・と思います」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ソレンニータ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~18秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここ最近はリフレッシュを兼ねて15-15までにセーブしているものの、速いところを交えた際の動きが楽な感じに変わっていました。徐々に気持ちも乗って来ており、北海道に残る馬の中ではナンバーワンの良化。初秋の出発を意識して取り組みます」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

2020.07.02
7月2日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.4-39.4-25.7-13.0 馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手と同時入線。追い切りの短評は「動き軽快」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

≪調教時計≫
20.07.02 助手 栗東坂良1回 54.4 39.4 25.7 13.0 馬なり余力 サトノエンプレス(3歳未勝利)末強目と同入

2020.07.01
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、もう少しの間は入念に乗り込みます。7月2日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○安田調教助手 「7月1日(水)は普通キャンター。明日2日(木)に再び時計を出そうと思います。まだ下地を作っている段階。動き等を評価するのは、もっと踏み込んでから・・・かも知れません。出走プランも白紙。今しばらくは基礎体力を養いましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここまで普通キャンターを丹念に乗り込んできたヴェルトハイム。この中間は1度ハロン15秒のところを乗ってみたようですが、ピリピリとはしてこずに平常心を保てている様子。カイバ食いには触れられていないも、特に変わりなければ良いのですが。また、乗り味の良さに動きが比例していない面はトモの緩さが原因でしょう。急に良くなることはないので、コツコツ鍛えることで良化を促していって欲しいです。

北海道で調整を進めている同期は暑さが堪えている馬がチラホラ。順調に乗り込めているのは少ないので良化度が1番と言われてもさほど嬉しくはないですが、順調は順調。また、身のこなしに硬さがあるので、解れやすい今の時季が合っているというのもあるのでしょう。ただ、移動は"初秋を意識"ということで、本州の暑さが落ち着くまでは北海道で調整を進めていく様子。無駄な怪我をして休むことがないように注意して欲しいです。

フライングバレルは2日に少しペースを速めて登坂。一見、時計は地味に映りますが、併走馬のリズムに合わせる感じ。相手は終いに気合を付けていますが、こちらは馬なりのまま。手応えでは圧倒しているのかなと想像します。また、競馬ブックの日曜追い特選のコーナーでも取り上げられていて、馬っぷりの良さや鞍上を引っ張って行くような動き等を褒められていました。デビュー予定が決まるのはもう少し先のことになるでしょうが、ロード馬では久々に大物誕生となりそうな予感がします。