焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

函館へ転戦して臨む今回。条件は合っていると思うので、スタートを決めて前走のような競馬の形に持ち込めるかどうか。何とか5着以内に踏み止まって欲しい。★ロードドミニオン

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロアサウンドオブハート

6月14日(日)函館3R・3歳未勝利・ダ1000mに藤岡康Jで出走します。6月10日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン71.9-55.8-41.5-13.4 8分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「あまり変わり身無」でした。発走は10時55分です。

○西浦調教師 「6月10日(水)はウッドで。タイムは目立たぬものの、体調面は大丈夫そうです。この様子ならばOK。出走を予定しましょう。ただ、ゲートインを果たせるか・・・は何とも言えぬところ。ジョッキーの選定も含め、想定表を参考に対応します」

≪調教時計≫
20.06.10 助手 函館W良 71.9 55.8 41.5 13.4 馬なり余力

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回函館2日目(06月14日)
3R 3歳未勝利
ダ1000メートル 馬齢 発走10:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ローズオブシャロン 牝3 54 大野拓弥
2 2 ラパウィラ 牡3 56 坂井瑠星
3 3 レディオタイムズ 牝3 51 亀田温心
4 4 エーティーボストン 牡3 56 古川吉洋
5 5 ロードドミニオン 牡3 56 藤岡康太
5 6 ペイシャティアラ 牝3 51 山田敬士
6 7 コウイチ 牡3 56 岩田康誠
6 8 グラナートロート 牝3 54 蛯名正義
7 9 イデアイホマジョル 牡3 56 黛弘人
7 10 タマモカガヤキ 牝3 54 池添謙一
8 11 スリーハーバー 牡3 56 勝浦正樹
8 12 ナイトコマンダー 牡3 53 秋山稔樹

○井本助手 「短い距離の方が集中して走れそうです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前脚の蹄球の怪我で帰厩が延び、約半年ぶりの実戦となった前走のロードドミニオン。芝では速い脚を使えないということでダートで新味を求めることになりました。

スタートでやや後手を踏みましたが、芝スタートだったので鞍上が促していくと徐々にポジションを挽回。道中、他馬からのプレッシャーはありましたが、砂を被らずに進めることは出来ましたし、何とかレースの流れについてもいけました。あとは直線を向いてどれくらいの脚が使えるかでしたが、いざ追われてからが案外。直線ではジリジリ後退することになって11着に終わりました。レースの流れについていくのがやっとで、脚が溜まるところがなかったんでしょう。

前走後は在厩調整で使えそうな番組を探っていましたが、馬房の都合が付いたので函館へ。陣営も前走の走りを見て、好勝負できるとすれば前々で運んでの粘り込みということを確認し、函館のダ1000mに照準を合わせたんでしょう。これには大賛成です。

ただ、ここは中2週のローテで函館への輸送があったので、この中間の調整はやや手緩いもの。体調面で不安がある訳ではないのですが、ひと叩きしてグンと上向いた感じはありません。ダート2戦目で慣れが見込めるぐらいが強調点ですが、今回はスタート地点もダートなので前走のようにゲート出が甘ければ、他馬のキックバックを浴びる形になって前走のようなリカバーが利かないかもしれません。そうなると、後方追走のまま、見せ場なく敗れてしまうことになるでしょう。

強調できる点が少なく、見通しは暗いですが、距離短縮はプラスだと思うので、スタートを五分に出て、前走のような競馬の形に持ち込んで欲しいところ。そして何とか5着までに踏み止まって欲しいです。次走に繋がる走りをお願いします。