焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ブリンカー着用で行きっぷりが良すぎて、道中は少し力んだ走りになり、押し出される形での追走。それでも手応えは十分残っていて、満を持してGOサインが出たのですが、残り200mあたりで脚色が鈍ると、逃げたホウオウアマゾンにも差し返されての6着。今後は招待状が届いた香港マイルへ向けて調整を進めていくことになりました。★サリオス

f:id:yakifish:20200513045835g:plain サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜阪神11R マイルCS(G1・芝1600m)6着(3番人気) 松山J

ブリンカー着用。まずまずのスタートを切ると、道中は好位の一角でレースを進めます。直線に向いて追い出されると、残り200mを切った辺りで一時は先頭に立つものの、その後は脚色が鈍り、6着に敗れています。

堀調教師「蹄のアクシデントがあり、秋の復帰戦がG1の舞台となったものの、帰厩後はしっかりと乗り込みを重ねて、能力を発揮できる態勢を整えて本番に向かうことが出来ました。調教で良い効果が見られたブリンカーにクロス鼻革を着用してと馬装面にも工夫を加えて今回のレースに挑みましたが、道中はあまりペースが流れず押し出される格好となってしまい、少し力んで走っているようにも見受けられました。それでも、手応え良く直線に向くことができ、一時は先頭に立ったことから、このまま押し切ってくれないかと願ったものの、残念ながら粘り切ることが出来ませんでした。なかなか良い結果を残すことが出来ず歯痒い限りですが、再び大きい舞台で活躍できるように努めて参ります。この後はレース後の様子を見た上で判断していくことになります」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

youtu.be

【次走へのメモ】

好位。遅い流れにブリンカー効果もあってか抜群の行きっぷり。楽に直線を向き、ホウオウアマゾンに並び掛けてから目一杯に追い出される。1ハロン標でせんとう。ただ、そこからもうひと伸びが出来なかった。最後はホウオウアマゾンに差し返されてしまう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:12月12日のシャティン・香港マイル(G1)・D.レーンJ

堀宣師「予備登録を行っていた香港マイルへの招待が主催者から届きました。美浦トレセンへ戻ってきてから精神面や馬体を確認しましたが、シャキッとしていてそれほど疲れは感じさせませんので、招待を受諾して出走する方向で調整させていただければと思います。レース間隔が詰まるものの、体重が増えての出走だったことを踏まえれば香港への輸送は大丈夫でしょうし、昨春のクラシック戦線を共に歩んでくれたレーンさん(D.レーン騎手)が騎乗してくれることになりましたので、頼もしい限りです。引き続きウィークポイントである右トモには注意しながら、初の海外遠征に向けて態勢を整えて行きます」(11/23近況)

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:12月12日のシャティン・香港マイル(G1)・D.レーンJ

堀師「前走はブリンカーを着用して挑みましたが、スムーズにゲートを出て好位置を確保できたものの、前に壁を作ることが出来ずに行きたがってしまい、ラストは失速してしまいました。上手く噛み合わなかったのは残念でしたし、ブリンカーを着けて集中させると、マイルでも距離が長いのかもしれません。トレセンに戻った後は引き続き軽めのメニューで様子を見ていますが、右トモの引き上げには少しぎこちなさが見られるものの、出走前と大きな変わりはありません。春当時よりも馬には活気が見られる状況ですので、先日お伝えさせていただいた通り、このまま香港マイルへの出走を視野に入れて調整していきたいと思います。今後は27日に検疫厩舎へ移り、準備を進めていく予定です」(11/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイルCS】サリオスは昨年から順位落とし6着 松山弘「何とか結果を出したかったが…」(サンスポより)

11月21日の阪神11Rで行われた第38回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、G1、芝1600メートル、定量、16頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、クリストフ・ルメール騎手の1番人気グランアレグリア(牝5歳、美浦藤沢和雄厩舎)が中団やや後方を追走すると、直線で外から豪快に伸びて差し切りV。得意のマイル戦で見事に有終の美を飾った。タイムは1分32秒6(良)。

昨年2番人気5着の雪辱を期したサリオスは道中、3番手追走も行きっぷり良く早くも逃げたホウオウアマゾンを射程圏にとらえる。直線半ばで抜き去り一旦は先頭に立ったが、ゴールまであともうひと伸び足らず、最後にはホウオウアマゾンに差し返されてしまい6着に敗れた。

松山弘平騎手「押し出される形になりました。何とか結果を出したかったのですが、申し訳ないです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスが香港マイルの招待を受諾へ ダミアン・レーン騎手と日本ダービー以来のコンビ復活(スポーツ報知より)

前走のマイルCSで6着だったサリオス(牡4歳、美浦堀宣行厩舎、父ハーツクライ)に、香港マイル(12月12日、シャティン競馬場・芝1600メートル)の招待が届いた。同馬を所有するシルクホースクラブが11月23日、公式ホームページで発表して、受諾する方向で調整するという。鞍上はダミアン・レーン騎手を予定しており、昨年の日本ダービー(2着)以来のコンビ復活となる。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄のトラブルで調整が遅れ、秋の大目標・マイルCSからの始動となったサリオス。ただ、右トモに弱さがあったりするので、どこかを叩かずに直行するのはフレッシュの状態で出走できることにもなるので、むしろ良い方へ出てくれるんじゃないかなと淡い期待。また、集中力アップの為にブリンカー装着を決めましたが、それも良さそうに思えたので、近走の成績から3番人気は過大評価かなと思いつつ、変わってくるなら今回かなとも見ていたのですが…。

パドックに登場してきたサリオスは前走からプラス10キロ。元々大きな造りの馬なのでボテッとした感じはなく、馬体の張りは上々。少し煩い面を覗かせていましたが、久々を考えるとこれぐらいピリッとした方が動けそうとも見ていました。

レースは五分のスタートから少し促すと二の脚が付き、先行態勢へ。ただ、ブリンカーを装着したことで行きっぷりが良くなり過ぎ、少し力んでしまったのが誤算。逃げたホウオウアマゾンの後ろにスッと納まれば良かったのですが、前に壁を作ることが出来ませんでした。まあ、それでも道中の手応えは上々で4角を回ってくる時も余力は十分。

そして最後の直線、態勢を整えてから松山JのGOサインが出て、サリオスもスッと反応。残り200mあたりでは先頭に躍り出ようかと頑張りを見せてくれました。ただ、そこからの踏ん張りがもう1つで、グランアレグリア等の差し馬に交わされると、逃げたホウオウアマゾンにも差し返される失態。引っ掛かったロスはありましたが、気分良く行かせると現状では1600mは少し長くなっているのでしょうねえ。

レース後のサリオスですが、相応の疲れは残るも、クタッとした感じはなし。そこで招待状が届いた香港マイルへの挑戦が決まりました。鞍上には3歳春に一緒にクラシックと戦ったD.レーンJを迎えることが出来たのは良かったです。今後は27日に検疫厩舎へ移動予定。間隔が詰まるのでケア中心の調整になっていくと思うので、ひとまず不安点が出てこないように馬体のメンテナンスをしっかり行って欲しいです。

ただ、近走を踏まえると、馬場適性がピッタリでなければ、結果を残すことは難しいと思うので、少しでも上の着順を目指してくれればと思います。また、気の早い話ですが、来年はブリンカー装着でスプリント路線へ参戦して欲しいなあと考えています。