焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

阪神への長距離輸送で計算通りに絞れたのは良かったも、G1のここで初めて馬群で揉まれる競馬を経験。勝負どころからのペースアップで一気に反応・手ごたえが怪しくなり、直線を向いた時には余力なし。15着と大敗を喫してしまう。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜阪神11R 秋華賞(G1・芝2000m)15着(13番人気) 和田J

まずまずのスタートを切ると、道中は中団内目からレースを進めます。勝負どころから鞍上の手が動き始め、直線でも脚を伸ばすことが出来ず、後方で流れ込んでいます。

奥村武調教師「前走から中3週でしたが、中間もしっかりと負荷を掛けた調教を課してきたことで、馬体重はマイナス10キロと想定通りに馬体を絞って出走させることが出来ました。阪神競馬場までの輸送も上手くいき、パドックでは程良く気合いが乗った中で周回できていて、良い雰囲気でレースに向かっていくことが出来ました。スタートもまずまず出てくれましたし、その後も人気馬を前に見ながら良いポジションでレースを進めることが出来たと思います。ただ、勝負どころから早くも鞍上の手が動き始めてしまい、直線でも見せ場が全くなかったので、どうしたのだろうと不思議に思っていたのですが、和田竜二騎手によると『3コーナーくらいから段々と息遣いが苦しくなり出して、内にモタレてきてしまいました。息の苦しさから直線でも余裕がなく、脚を伸ばすことが出来ませんでした』ということです。調教では息遣いに変なところは見られないですし、いきなりレース中にそういったところが出て来てしまい困惑している部分はあるものの、今後もその辺りはよく注意して見ていく必要があるかもしれません。上がって来た時の様子に異常は見られなかったものの、まずはトレセンに戻してよく状態を確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/21日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

奥村武師「トレセンに戻ってよく状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。ただ、ローズSから短い間隔の中、しっかりと調教を積んで秋華賞に挑みましたし、それなりに疲れは見られますね。まずは牧場にお戻しして、しっかりと心身の疲れを取った上で次に向けて進めていきたいと考えています」(10/20近況)

⇒⇒21日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(21日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G1ではちょっと力は足りないのは認識していましたが、阪神への長距離輸送で思惑通り、マイナス10キロと絞れてきたので、少しだけ淡い期待を持ってレースを見守りましたが、クールキャットには厳しい現実を突きつけられる結果が待っていました。

内の奇数枠だったので立ち遅れた際は終いに賭ける競馬に切り替えて欲しいなあと見ていましたが、ゲートのタイミングがピタッと合って好発。その後、前目のポジションを取りにいくのかなと見ていましたが、出たなりの位置で脚を温存する競馬を和田竜Jは選択しました。そして道中は有力馬を前に見る形で内々を追走。折り合いは付いていたと思いますし、追走に手一杯という感じはなかったです。それを見て、『悪くない競馬をしているなあ』と思ったのですが、残り600mあたりからレースの流れが速くなると、反応・手応えが急に怪しくなり出し、4角手前では早くも和田竜Jの鞭が入る始末。直線を向いた時には脚はなく、その後はフットワークがバラバラになりながらのゴールインでした。急激に変わってしまったとは想像できませんでした。

レース後の和田竜Jのコメントを見ると、『3コーナーくらいから段々と息遣いが苦しくなり出して、内にモタレてきてしまいました』とのこと。今までそういう面を見せていなかったので、15着という着順・結果以上にショックを受けました。

また、レース後のクールキャットの状態ですが、脚元等に大きな問題はなし。息遣いに関しては特に触れられておらず、検査をした感じはなし。21日に厩舎を離れていますが、放牧先のNF天栄で改めて検査を行うのかもしれません。

まあ、これまで馬群で揉まれるような競馬はしてこなかったので、強い相手と揉まれるG1で余計に精神面の弱さが出てしまったのかなあとも思います。今回の厳しい競馬が今後の競走生活に良い経験となれば良いのですが、気持ちの面で尾を引くことがないように願っています。