焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

内で窮屈な競馬になることを嫌い、好発を決めるとハナへ。ただ、楽な逃げを打つことが出来ず、逆にタフな流れを演出することに。また、道中は見た目以上に力んでいたみたいで、最後の直線では手前を替え切れずに早々に失速。初G1挑戦は14着に敗れてしまう。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜東京11R 優駿牝馬オークス)(G1・芝2400m)14着(6番人気) 武豊

まずまずのスタートから、スッと楽に先手を取ります。前半1000mの通過が59秒9と淀みない流れで後続を引っ張っていき、直線では一旦2馬身ほど後ろを引き離すも、最後は力尽きて後方で終えています。

奥村武調教師「どの枠でも“のびのびとリズム良く運ぶこと”この事だけを豊さん(武豊騎手)にはお願いしていて、あとの乗り方は特に注文はしていませんでした。ですから、スタートが決まったことに加えて、どの馬も行かない感じでしたので、押し出されるような形でハナに立つ競馬となりましたが、決して悪い選択ではなかったと思います。それに、豊さんは調教でこの馬の特性を理解してくれていたので、持久力勝負に持ち込んでくれましたからね。結果的には前に居た馬たちにとっては厳しい展開になったものの、この経験を今後に繋げることが出来ればと思っています。豊さんは『トビの大きい馬なので揉まれて力を出せないような事は避けたかったですから、誰も行かなければハナもありかなと思っていました。4コーナーで後ろを待たずに離して行こうと思ったのですが、道中は見た目よりも少し力んで走っており、その力みから最後は苦しくなってしまい、良いペースで行けたものの、止まるのは早かったですね。調教で乗っていた時はチップが適度に渋っていたので、とても良い雰囲気で運べたのですが、今日の馬場はこの馬にとってはやや硬かったのかもしれません。能力のある馬ということは実感することが出来たので、また乗せてもらえればと思います』と負けはしたものの、この馬の力を認めてくれました。この後は、トレセンへ戻ってしっかりと状態を確認させていただき、一度リフレッシュを挟む方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オークス】逃げたクールキャットは力尽き14着 武豊「いいペースで走れたけど…」(サンスポより)

サンスポ賞フローラSの覇者で、武豊騎手と新コンビを組んだクールキャットは、好スタートを決めると外からステラリアが先手を主張するも譲らずハナへ。マイペースの逃げを打ち、直線半ばまで先頭を保つも、最後は力尽きて14着に敗れた。

武豊騎手「行く馬がいなければハナへ行くプランも考えていました。いいペースで走れたけど…。4コーナーで後続を待たずに離していこうと思ったけど、そこから伸びませんでした」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:26日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

奥村武師「前に行った組にはきつい形になってしまいましたが、豊さん(武豊騎手)には持久力勝負に持ち込みたいという意図もあったと思いますし、致し方ないところだったのかなと思います。レース後は脚元を含めて大きな問題はなかったものの、頑張って走った疲れが全体的に見られますね。この後は一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、しっかりと心身ともにリフレッシュさせたいと思います」(5/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

短期放牧を挟み、帰厩後10日でのG1参戦となったクールキャット。やや慌ただしい中でも追い切りを2本消化し、最終追いには武豊Jが駆け付け、上々の動きを披露。事前に感触・癖を掴んでもらえたことは良かったですし、力を出し切れる状態でレース当日を迎えることは出来たと思います。

クールキャットは馬格に似合った、トビの大きい走りをすることから、内枠で窮屈な走りになると能力半減ということで、ノビノビ走らせることを重視。武豊Jに指示は出していないも、スタートが決まればハナへ行くことは容認していたのでしょう。

そして実際のレースでは互角以上のスタートを決めると、無理に控えることなくスーッとハナへ。折り合いを欠いたりすることなく、レースの主導権を握ることは出来たと思います。ただ、ソダシに楽をさせないということで大外枠のステラリアがポジションを取りに来て、逃げるクールキャットの直後でゴチャゴチャするシーンも。それにより、ソダシにプレッシャーが掛かるだけなく、クールキャット&武豊Jにも影響を及ぼし、リラックスした走ることが出来なくなった感じ。もっとスローな流れに落としたかったでしょうが、1000m通過が59秒9では自分の首を絞める形の逃げに。4角手前から早めに動いていきましたが、直線で後続を突き放す余力はありませんでした。見た目以上に力んだ走りになっていたようですし、直線では手前を替え切れず。最後は力尽きてしまい、14着まで後退してしまいました。

正直なところ、ちょっと負け過ぎかなと思いますが、勝負に行ってのものですし、致し方ないかなと。重賞で凡走し続けた時と同じく3枠5番を引き当ててしまった時に嫌な予感はしてたんですが…。

レース後のクールキャットですが、脚元等は大丈夫そうも、一生懸命走ってくれたので全体的に疲れが出ている様子。まずはしっかり楽をさせることで状態の回復を促して欲しいです。また、ここから立ち上げていく中でウォーキングマシンやトレッドミルを上手に活用し、馬場へ連れ出すのはゆっくり目でお願いします。

今回はホロ苦い結果に終わってしまいましたが、同期の強いところと揉まれた経験は今後に生きる筈。秋は秋華賞をまずは目指していくと思うので、順調に夏を過ごしてもらえればと思います。そして個人的な希望ですが、どこかのタイミングで1度ダートの適性を試してもらいたいです。案外合っているように思うので。