焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

C.ルメールJとの再コンビ+唯一の重賞勝ち馬と実績から勿論期待はしているも、器用な脚に欠け、ワンペース気味の走り。そこまで強さを感じさせない馬なので、粒の揃ったこのメンバー相手にどこまでやれるのかを冷静に見守りたい。★クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜中京11R ローズS(G2・芝2000m)3枠5番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:15日に南Wコースで時計

奥村武師「15日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクールキャットが追走して行き、直線で内に進路を取って脚を伸ばすと、最後は同入しています。先週しっかりと負荷を掛けていますし、今週は中京競馬場までの輸送もあることから、コンディションを整える程度で終えています。オーバーワークにならないように意識して行い、5ハロンから69秒を切るくらいと丁度良い負荷を掛けられたと思いますし、直線でのフットワークは軽快で良い動きを見せてくれましたね。前走時の追い切りで乗ってもらった伴啓太騎手に今日は手伝ってもらったのですが、『このくらいの追い切りであれば、普通キャンターのような感じで楽に走れていましたね。しっかりと折り合っていましたし、息遣いも良かったですよ。前回乗せてもらった時と比べて遜色ないデキにあると思います』と話していました。前走はG1の壁に跳ね返されてしまったものの、クールキャットも一夏越して、首差しが伸びて馬体は一回り大きくなって成長を感じます。おそらくプラス体重での出走になると思いますが、競馬場は違えど左回りの2000m戦はフローラSと同じ条件でこの馬に合う舞台だと思いますから、巻き返しに期待したいですね」(9/16近況)

助 手 12南W稍 68.4- 52.4- 37.8- 11.3 馬なり余力
 伴  15南W稍 85.8- 68.8- 53.9- 39.6- 11.6 馬なり余力 ピオノノ(古馬2勝)直強めの内1.0秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中京4日目(09月19日)
11R ローズS(G2) 
芝2000メートル 3歳OP 指定 国際 牝馬 馬齢 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 
1 1 イリマ 牝3 54.0 幸英明
1 2 エンスージアズム 牝3 54.0 岩田望来
2 3 アイコンテーラー 牝3 54.0 亀田温心
2 4 スパークル 牝3 54.0 藤岡佑介 
3 5 クールキャット 牝3 54.0 C.ルメール 
3 6 メイショウオニユリ 牝3 54.0 池添謙一 
4 7 ストゥーティ 牝3 54.0 吉田隼人 
4 8 オータムヒロイン 牝3 54.0 古川吉洋 
5 9 タガノパッション 牝3 54.0 岩田康誠 
5 10 エイシンヒテン 牝3 54.0 松若風馬 
6 11 プリュムドール 牝3 54.0 武豊 
6 12 アンドヴァラナウト 牝3 54.0 福永祐一 
7 13 コーディアル 牝3 54.0 鮫島克駿
7 14 アールドヴィーヴル 牝3 54.0 松山弘平 
7 15 オパールムーン 牝3 54.0 横山典弘
8 16 タガノディアーナ 牝3 54.0 和田竜二
8 17 オヌール 牝3 54.0 川田将雅
8 18 レアシャンパーニュ 牝3 54.0 浜中俊

○奥村武師 「伴騎手で追い切りましたが、オークス前に乗った時と遜色がなく、息遣いもいいと言ってくれました。キ甲が抜けて首差しが長くなり、10キロ増ぐらいの体で。ルメール騎手も、器用さのない点を補ったレースプランがあるでしょうし、いいレースをして本番に向かえれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ローズS】クールキャットが軽快な動き 奥村武調教師「ひと回り大きくなりました」(スポーツ報知より)

オークス・G1で14着のクールキャット(牝3歳、美浦・奥村武厩舎、父スクリーンヒーロー)が巻き返しへ軽快な動きを披露した。

「先週の水、日(曜)としっかりやっている。今回は輸送もあるし、整える程度。時計が速くならないように、オーバーワークにならないようにやりました」と奥村武調教師。Wコースをピオノノ(4歳2勝クラス)と併せ馬。直線では内に入って、馬なりのままで楽に併入に持ち込んだ。6ハロンを85秒8―11秒6。最終調整としては申し分のない出来だ。「(追い切りに騎乗した伴騎手も)オークス前と遜色ないし、息遣いもいいし、折り合いも全く問題ないと言っていました」とトレーナーも状態の良さを再確認した。

オークスはハナに行っての14着。「坂下までしっかり先頭を走っていた。悪い内容ではなかった。最後は勝ちにいった分」と振り返る。それ以来4か月ぶりのレース。「首差しが伸びて、体がひと回り大きくなりました。馬体重もプラス10キロくらい」と成長がうかがえる。左回りの2000メートルは2走前に勝ったフローラSと同じ条件。「大回りのコースの方がいいと思っての選択。左回りも重賞は勝っているし、舞台としてはいい。秋の始動戦ということで、いい形で終えられれば」と期待できる仕上がりを見せている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

前走のオークスでは名手・武豊Jが美浦までわざわざ駆け付け、クールキャットは更なる上昇を予感させる最終追い切りの動きを披露。前々走のフローラSでは全てが上手く嵌った感じでしたが、G1でこのデキなら『ひょっとするかも…』と淡い期待も持ち合わせていました。

ただ、トビが大きく、器用な脚に欠けるので、1度ブレーキを踏むとリカバーするのに一苦労。その為、武豊Jは相手関係も考慮し、ノビノビ走らせるために逃げの手を選択。作戦とすればアリだったと思いますが、初めての戦法でクールキャット自身には少し戸惑いがあった感じ。道中は平均ペースで流れたと思いますが、G1で後続からのプレッシャーをヒシヒシと感じていたことでスタミナを消費。直線を向いた時は少し余裕があるのかなとも思ったのですが、いざ追われてからが案外。手前を替え切れずに内へモタれてしまい、最後は苦しくなった様子。血統から距離延長は歓迎だと見ていましたが、実際には少し距離が長かったのかもしれません。また、外から交わされる形になったので嫌気を差したのもしれません。その結果、14着に終わってしまい、見事G1の壁に跳ね返されてしまいました。

レース後はNF天栄へ放牧に出され、まずは背腰の疲れを取り除くことに専念。正直なところ、回復はスローだったので、反動が出ない程度からコツコツ乗り始め、秋へ向けての下地をゆったりと作ってきました。そして秋の始動戦は左回り+直線の長いコースを優先する形でローズSからの始動。鞍上にC.ルメールJが空いていたのも勿論大きいでしょう。

帰厩後の調整・追い切りに関してですが、元々攻めは動く馬なので、春からの変化は特になし。丹念に時計を出してきて、馬体はきっちり仕上がっていると思います。ただ、1週前追い切りとなった8日の追い切りは併せたノースブリッジが気分良く先行して動き過ぎた為に、追走する形から並び掛けることが出来ず、最後はフワッとして1秒の遅れ。時計はそこまで悪くありませんでしたが、気ムラな面を覗かせてしまいました。

レースプランに関しては前走のオークスでは逃げる形になりましたが、ここはエイシンヒテン・ストゥーティあたりが先行しそうな気配。その中でハナを主張するのは考えにくく、ゲートを出たなりの追走が有力かな? そして勝負どころからのいつでも動ける位置へ導き、フローラSのように抜け出しのタイミングを計ることになりそう。

唯一の重賞勝ち馬+相性の良い騎手とのコンビで勿論期待は大きいですが、冷静に見れば、そこまで強さを感じさせる馬ではありません。フローラSと比べると、ここは相手関係も濃厚ですし。また、フェアリーS・フローラC・オークスと苦渋を味わった3枠5番にまたまた入ってしまう悪運。枠番を知って、自分のトーンが落ちました。

まあ、あとは何だかんだ言っても、鞍上の手腕に全てを託すのみ。その中でどういう競馬をして、どういう着順に収まるのかを冷静に見守りたいです。春からの成長を感じさせ、今後への期待が高まる走りを見せてくれれば嬉しいのですが…。