焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

日曜日(10/10)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ

日曜阪神7R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)2着(8番人気) 岩田望J

ポンとゲートを出ますが無理せず、道中は中団からレースを進めます。直線に向いて追い出されると、ゴールまで長く脚を使って、2着まで追い上げています。

池添学調教師「よく頑張ってくれましたね。『上手くスタートを出たものの、他に行く馬がいると思っていましたし、あのまま前に付けたら最後は止まると思ったので、無理せず控えました』とレース後に岩田望来騎手が話していましたが、その判断が良い方に向きましたね。道中は無理せずリズム良く運んだことで上手く脚を溜めることが出来ましたし、勝負どころで3着馬が掛かり気味に上がって行ったところでも焦らずに、ワンテンポ待ってから追い出しに掛かったことで、最後までしっかりと脚を伸ばしてくれました。この条件は未勝利勝ちした実績があるとは言え、あの時は脚抜きの良い馬場でしたし、今日のようなパサパサの馬場だとどうなるか気掛かりな部分があったものの、その点も苦にすることなく良い走りを見せてくれたのは良かったです。時計的にも悪くなかったと思いますし、『勝ち馬は強かったものの、最後は良い脚を使ってくれましたし、このクラスでも戦っていける馬だと思います』とジョッキーも話していたように、このクラスで通用する力を改めて示すことが出来て良かったですね。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て判断しますが、優先出走権を獲ってくれましたし、出来ればもう一戦させたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:10月30日の阪神・ダ1200m(岩田望J)

池添学師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて大きな問題はありませんでした。調教過程としては、これまでになく良い手応えを感じていたので、好勝負を期待していましたが、その通りのレースをしてくれましたね。以前は追い出してからがもう一つ甘くなっていたものの、トモがしっかりとしてきたことで、出たなりの位置で脚を溜めることが出来るようになってきたのは良いことだと思います。今週いっぱい様子を見させていただいて、それでも問題なければ中2週空けて、10月30日の阪神・ダ1200m戦に引き続き岩田望来騎手で向かいたいと思います」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

日曜阪神7R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)12着(4番人気) 和田竜J

まずまずのスタートから促していき、道中は1馬身ほどのリードを保ってレースを先導します。4コーナーから徐々に後退してしまい、直線でも巻き返すことが出来ず、最後方でゴールしています。

西園調教師「ここまで負ける馬ではないと思うのですが、このような競馬になってしまい申し訳ありません。スタート後は少し促す形にはなったものの、そこまで無理することなく先手を取ることが出来ました。ただそれにしても、他馬に絡まれてしまったとは言え、勝負どころでスローに落としたタイミングで一気に失速してしまったのは不可解でしたね。調教では逆効果になることはなかったですし、今日も嫌気が差しているようには見えなかったものの、4コーナーでのあの手応えの無くなり方を見ると、もしかするとブリンカーを着けたことが悪い方に向いてしまった恐れはあります。この一戦だけで決めつけることは出来ないものの、今日の感じからすると今後は外した方が良いのかもしれませんね。上がって来た時の様子に問題は見られませんでしたが、続けて使ってきたこともありますし、トレセンに戻って状態を確認させていただいた後は、一旦放牧に出させていただく方向で検討しています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/15日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

西園師「トレセンに戻って状態を確認したところ、脚元含めて特に痛めたところはなく、体調も問題ありませんでした。ブリンカーを着けたことによって、外から交わされて余計に気にしてしまったのかどうか、はっきりとしたことは言えないものの、これまでの競馬と比較すると負け過ぎですから、結果的に合わなかったのかもしれません。調教の感じでは使った上積みがあっただけに、思うような結果を残せず申し訳ございませんでしたが、力を出し切ればもっとやれる馬ですから、次走に気持ちを切り替えていきたいと思います。この後は予定通り一旦放牧に出して、次走に備える予定です」(10/13近況)

⇒⇒15日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

日曜日(10/10)に出走した出資馬の出走結果・レース回顧をまとめて。

1勝クラスに上がってから苦戦が続いていたイルデレーヴ&ロコポルティ。そろそろこのクラスにメドの立つ走りを見せて欲しいと願っていましたが、2頭の結果は見事に天と地という感じで分かれてしまいました。

まず、結果が良い方へ出たのがイルデレーヴ。最終追いがあんまり良く見せなかったので重目残りなど仕上がり面で不安があるのかなと見ていましたが、レース当日はマイナス2キロでの出走。動き云々よりもビシッとやっていたことが良かった様子。仕上がりは悪くなかったと思います。

レースに関してですが、ゲート出&二の脚が良く、内からハナへ行けそうなダッシュを見せたイルデレーヴ。ただ、騎乗経験のある岩田望Jは気分良く行かせると追ってからピリッとした脚を使えないことを知っていたので、競り合いを避け、マイペースの追走へ。リズム良く走れたことで脚を温存することが出来ました。そして3角過ぎから4角に掛けて少し動くのを遅らせて、直線入り口でGOサイン。スッと反応する感じではなかったですが、残り200mあたりからジワジワ加速。勝ったポケットロケットは早めに抜け出してしまいましたが、最後まで脚を伸ばし続けると、サウンドプリズムとのせめぎ合いを制して2着へ。

勝ち馬には完敗でしたが、最後まで差してくるような競馬を見せることが出来、結果を出せたことが何よりです。ようやくクラス突破のメドを立てることが出来ましたし、こういう競馬が板についてくれば更に上のクラスでもやれるかなと。あとは時計を詰めていけるようになって欲しいです。

悪い結果となってしまったのがロコポルティ。フワッとするところがあるので、ブリンカー装着でいよいよ本領発揮かなと思っていましたし、12頭立てと手頃な頭数なので、逃げ・先行策から粘り込みを期待しました。また、前走ではボテッと見せていたので、マイナス6キロと絞れてきたのも好印象だったのですが…。

スタートは五分に出ているのですが、そこからの二の脚が一息。和田Jは揉まれ込むのを嫌い、懸命に手綱を動かしていましたが、外のポケットロケット・内のベンチャーアウトからプレッシャーを受け、ハナを取り切るまでにかなりの脚を使ってしまいました。そして勝負どころで大外から早めにサウンドプリズムが仕掛けていくと、内のポケットロケットが反応。その煽りを受ける形になったロコポルティは4角手前で早々に交わされてしまうと、抵抗する脚は残っておらず、ズルズル後退するのみ。11着の馬から8馬身差をつけられ、最下位に沈んでしまいました。最後は走るのを止めてしまったとは言え、さすがに負け過ぎですね。

レース後のロコポルティですが、全力を出し切っていない分、クタッとした感じはなし。ただ、このまま使っていっても結果は出ないでしょうから、しっかりリセットすることが大事。ポテンシャルは高いモノがあると思うので、素質の芽を何とか開かせるようにこの機会にじっくり取り組んでもらえたらと思います。そして次走こそメドの立つ走り・結果を残してもらわないと…。