焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

次走は10月24日の阪神・菊花賞への挑戦を予定しています。☆アリーヴォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アリーヴォ(牡・杉山晴)父ドゥラメンテエスメラルディーナ

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・次走予定:10月24日の阪神菊花賞(G1)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒、トレッドミル

調教主任「その後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン17秒の調教を開始しています。調教の強度を上げた後も問題なく対応しており、坂路では最後まで余裕を持って駆け上がっていますよ。今後の予定について杉山晴師と打ち合わせたところ、10月24日に行われる菊花賞を候補として進めていくこととなりました。早ければ今月末には帰厩することになるでしょうから、今後はより負荷を強めながら態勢を整えていきたいと思います。馬体重は512キロです」(9/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1勝クラス→2勝クラスを連勝中のアリーヴォ。次走は菊花賞TRが視野に入ってくるのかなとは見ていましたが、まさか菊花賞直行を狙っているとはビックリ。

また、個人的には同世代のG1とはいえ、明らかに距離が長い菊花賞へ使うことは反対したいところ。そして使った後のダメージが他のG1レースよりも激しいのが悩ましいです。実際、過去に出資していた馬で、シルクオールディーやロードアクレイムはレース後に屈腱炎を発症。復帰が叶いませんでした。

アリーヴォはここまで大事に使ってきて、古馬になってから更に良さそうなタイプだと思うので、何とかG1挑戦で素質の芽を摘んでしまわないことを今は願うばかりです。