焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(宮田厩舎)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで時計
・次走予定:8月21日の新潟・芝1800m・牝(丸山J)

宮田師「こちらへ入って来た際の馬体重が484キロと前回からプラス10kg程度しか増えてはいないものの、飼い葉は残さず食べることが出来ており、コンディションは良好ですね。先週末に坂路コースで15-15を切るくらいの時計を出した後、28日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。元気(丸山元気騎手)に調教を手伝っていただき、道中はノワールドゥジェが2馬身誘導する形から、最後は馬体を並べて終えています。時計的には55-40くらいのところでしたから余裕のある動きでしたし、終いまで手応え良くサッと駆け上がることが出来ました。なお、番組については8月21日に牝馬限定の新潟・芝1800m戦がありますので、そこを本線に進めていければと思います。鞍上は調教に乗ってもらった元気にお願いしています」(7/29近況)

丸 山 28美坂稍 55.1- 40.3- 26.0- 12.9 馬なり余力 ビジョガー(新馬馬なりに0.4秒先行同入

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Wコースで時計
・次走予定:8月21日の新潟・芝1800m・牝(丸山J)

宮田師「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せで行いましたが、道中はノワールドゥジェが先頭を走り、直線では一番外目を通って最後は同入で終えています。まだ予定しているレースまで時間がありますし、かなり暑さが増してきているため、6ハロン86秒程度と無理をしないくらいで動かしましたが、硬さが無くて良いフットワークだったと思います。馬体重も490キロくらいでずっと推移しているように、夏バテすることなく飼い葉食いは良好ですので、この調子で再来週の競馬へ向けて進めていければと考えています」(8/5近況)

助 手 1美坂良 57.4- 41.3- 27.1- 13.4 馬なり余力
助 手 5南W良 86.1- 68.5- 53.4- 38.6- 12.0 馬なり余力 オヤノナナヒカリ(新馬馬なりの外1.1秒先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計
・次走予定:8月14日の新潟・湯沢特別(戸崎J)

宮田師「先週末に南Wコースで半マイルから軽く時計を出しました。ひと息入れたことで体はまずまずフレッシュな状態ですし、動きも悪くありませんでした。そこで、29日にも南Wコースで追い切りを行い、3頭併せのセラフィナイトが先頭を切る形から、直線では外目から脚を使って、最後は無理をせずに遅れて終えています。動きに関しては特段悪いとは思わないのですが、息の入りが良くないですね。咳をしたりすることはありませんから、内臓面の心配はここまで無いものの、洗い場に戻ってきてからは他馬よりも鼻の動きが速いですし、暑さの影響があるのかもしれません。かと言って走りのパフォーマンスが落ちることは無いですから、運動後はなるべく早く冷やしてあげるなどしっかりとケアしてあげたいと思います。番組についてですが、ここまでマイルのみを使ってきましたから、次は距離を延ばしてみたいと考えており、今のところ第4回新潟開催1週目にある湯沢特別へ向かいたいと思います。なお、鞍上は戸崎騎手に依頼しています」(7/29近況)

助 手 27美坂稍 63.5- 46.5- 30.0- 14.7 馬なり余力
助 手 29南W良 68.4- 53.2- 38.6- 12.1 馬なり余力 フォラブリューテ(新馬馬なりの外1.5秒先行0.6秒遅れ
助 手 1南W良 70.5- 54.3- 39.7- 12.5 馬なり余力

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Wコースで時計
・次走予定:8月14日の新潟・湯沢特別(戸崎J)

宮田師「先週末は南Wコースで70-40くらいの追い切りを消化しています。先週の追い切りで気になった息の戻りは多少早くなったかなと思いますし、動きそのものは悪くありませんね。そこで、今週は5日に南Wコースで併せて追い切りを行い、道中はセラフィナイトが3頭併せの一番後ろを追走する形で進み、ゴール直前に追いついて終えています。相手のペースに合わせるところがありますので、今週は最後の最後だけ前の馬たちと併せるようなイメージで調教を課しました。その通りに終えることが出来ましたし、騎乗した野中騎手も『まだ良い時と比較すると物足りないですが、時計が示しているように動きは良かったです』とコメントしていましたので、1週前の追い切りとしてはまずまずだったと思います。ただ、野中騎手が『道中の息遣いは気にならなかったものの、止め際の息遣いは少し荒かったですね。上がってくる時の鼻孔の動きも速かったです』と話していました。先週も他馬より鼻の動きが速かった経緯がありますし、補液を多めに取らせるなど、引き続き暑さに負けないよう対策をしながら進めていかないといけませんね」(8/5近況)

野 中 5南W良 82.8- 65.9- 50.9- 36.7- 11.6 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

宮田厩舎の3歳馬2頭の近況をまとめて。共に4回新潟開催での出走へ着々と準備を整えています。

ノワールドゥジェは毛色から暑さへの対応力が心配してしまいますが、この馬なりにカイ食いは良く、490キロ前後の馬体重を維持。クタッとした素振りもないですし、高いレベルで状態は安定していると言えるので、レースまでは丹念に追い切りを重ねるのみで十分でしょう。余力を残したままレースへ向かって欲しいです。

セラフィナイトも順調に追い切りを重ねていると言えますが、こちらは息遣いが一息。5日の追い切りは上がり重点で時計こそ良いですが、自動測定なので額面通りには受け取れません。ただ、コースでやれているのは○ですし、このひと追いでグッと良くなってきて欲しいところ。あと、次走では1ハロン延長の芝1800mへの出走なので、これが吉と出るか凶と出るか。新コンビ結成となる戸崎Jには最終追い切りに跨ってもらい、セラフィナイトとはこういう馬だというのを把握しておいてもらいたいです。