焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西2歳牝馬・北海道組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain アストロフィライト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「その後も順調に進められていたことから、この中間はより強度を強めた調教メニューに切り替えています。週2回は坂路でハロン14秒まで負荷を強めていますが、ペースアップには問題なく対応していますよ。余裕のあった体も徐々に引き締まって見映えがしますし、動けるようになってきたことで、ダクの捌き、そしてキャンターでもしっかり前に出てくるようになりました。息づかいの感じや体のこなしは良く、良い手応えのまま坂路を駆け上がってくるようになり、体力が付いてきた印象を受けます。精神面については、周りの馬を気にするなど落ち着かない様子を見せており、その辺りは今後の課題なものの、調教に行けば集中して走ってくれていますので、この調子で進めていきながら心身ともに成長を促して行ければと思っています。馬体重は453キロです」(7/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain エバーフレッシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本と放牧、週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本と放牧、週2回周回コースで軽めのキャンター2400mと放牧、週1回 トレッドミルで軽めのキャンターと放牧

担当者「この中間も乗り運動に加えて夜間放牧を取り入れています。坂路では引き続きコンスタントに速い時計を出していますが、以前はトモの甘さが目立っていたものの、登坂回数を積み重ねていくにつれてブレずに駆け上がってくれるようになり、ここに来てメキメキと力を付けてきた印象を受けます。馬体面も逞しくなってきましたが、欲を言えばもう一回りボリューム感が出てくれるとより良いですね。でも、負荷を掛け続けていても飼い葉食いが悪くなることもなく、先月より体重が増えているぐらいですから、それだけ中身がしっかりとしてきた証拠だと思います。精神面も落ち着いて調教に取り組めていますので、今後も夜間放牧を続けながら心身ともに成長を促して行きたいと考えています。馬体重は462キロです」(7/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リヴィア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と放牧、週2回周回コースで軽めのキャンター2400mと放牧、週1回ウォーキングマシンと放牧、残りの日は軽めの調整

担当者「継続して坂路コースと周回コースを織り交ぜた調教を行い、引き続き乗り運動後には放牧を取り入れて進めています。継続した放牧効果と合わせて、この中間から夜間放牧を始めたこともあり、成長度がグッと上がり、坂路調教での走りにも力強さを感じますし、体力もしっかり付いてきた印象ですね。調教をこなしながら馬体重も順調に増えていて、体調面も問題ありません。今後も馬の状態を見ながら、成長に合わせて良化を促して行きたいと思います。馬体重は446キロです」(7/1近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain モルレー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「疲れが出た左トモの状態はそこまで時間が掛からず落ち着いてきましたし、この中間から再び坂路コースでの調教を行っています。ハロン17秒くらいのところから様子を見ながらステップアップして、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、乗り運動を休んでいた間に装蹄したこともあり、休養明けからはこちらの期待を大きく上回る動きを見せてくれていますね。頭が高くなってしまいがちで、相変わらずハミ受けの課題は残っているものの、移動に向けて態勢自体は順調に整ってきています。厩舎サイドとは今月中の移動を目指して進めていく方向で打ち合わせていますし、この調子で良化を図りつつ乗り込んでいきたいと思います。馬体重は435キロです」(7/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アストロフィライトは引き続きマイペースを貫いていますが、徐々に内容は強化。登坂する脚取りにも力強さが増してきているようなので、今の雰囲気を大事にして進めていってもらえればと思います。あと、気性面で牝馬らしいところを窺わせているので、今の内にしっかり馴染ませてあげてもらい、競走生活にマイナスにならないようにお願いします。

エバーフレッシュは引き続き夜間放牧を行いながらの日々の調教を消化。馬体重が減りづらくなったのはこの効果の1つでしょう。食欲も上々。ただ、良くなってきている段階なので、まだまだ心身の成長を最優先にした調整を貫いてもらえればと思います。移動・入厩に関しては涼しくなってきてからで十分でしょう。

リヴィアは日々の調教が終わった後に放牧を与えてきましたが、この中間は更に夜間放牧まで開始。自由な時間を与えることで、自分でしっかりしないとダメだなという気持ちを与えているのかな? ひとまず馬体重は大きく減るようなことはなくなったので、継続して乗り込むことで更なるパワーアップを成し遂げて欲しいです。

左後肢長趾伸筋に疲れが出たことから、乗り運動を中止してマシンのみの運動に切り替えていたモルレー。ケアを行い、回復を促す時間が必要になってくるのかなと覚悟していましたが、思っている以上に軽症で周回コースだけでなく坂路での乗り込みを既に開始。装蹄を行ったことで走りのバランスが良くなっているようです。また、残りの課題として、ハミ受けに敏感なところが残るので、色々考えられる工夫を行い、操縦性を乱さないように常に意識しあっていって欲しいです。