焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

週末(6/5・6)の出資馬・出走結果

f:id:yakifish:20200513050027g:plain フライングバレル

6月5日(土)中京6R・3歳上1勝クラス・芝1200mに角田Jで出走。13頭立て9番人気で4枠4番から平均ペースの道中を1、1番手と進み、直線では最内を通って0秒3差の6着でした。馬場は良。タイム1分09秒1、上がり35秒1。馬体重は6キロ増加の458キロでした。

○安田調教師 「可能ならばハナへ・・・と伝え、リクエスト通りに運べました。ただ、自分で走るのを止めようとする格好。以前から見られた部分で、最近の調教でも同じです。直線では横を向いたり、気の悪さが目立つ現状。どうも気性面の成長が感じられません。もっと引き付けずにビュンビュン行かせた方が良いのかも・・・。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○安田調教師 「見た目には特に変わらぬ感じで、脚元等に関しても大丈夫です。ただ、5着以内を得られずに予定が立て辛い状況。小倉を本線に考えているものの、具体的な部分は動向を探りながら・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット

日曜中京11R 高山S(芝2000m)12着(13番人気) 坂井瑠J

互角のスタートから無理せず最後方に控えて脚を溜めます。そのまま最後の直線へ向き、懸命に追われますが、目立つほどの伸び脚は見られず、後方で流れ込んでいます。

田中克典調教師「弥彦Sの後はここを目標に進めてきましたが、体重は6キロ減っていたものの、前走太目だったのが絞れたものだと考えています。今回はしっかり負荷を掛けて仕上げましたが、気持ちが入り過ぎることもなく、良い雰囲気でレースに臨めました。今回は展開を考えずに自分の競馬のスタイルでどれだけ走ってくれるか試させていただきましたが、勝負どころのペースが思いのほか上がらず、そこで力んでしまいましたね。レース後、坂井瑠星騎手にどうだったか確認したところ、『前半は折り合いを欠くことなく走っていましたが、勝負どころのペースがもう一つ上がらず、馬が我慢できずに行きたがってしまいました。そこでもう少し我慢できていれば終いはもうひと伸びしてくれていたかもしれません』と話していました。広いコースだとどうしても真っ向勝負になってしまい、ごまかしが利かないですから、現状は小回りコースの方が流れは向き易いかもしれません。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、続けて使ってきたこともありますので、放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/10日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

田中克師「トレセンに戻って状態を確認したところ、目立った疲れは見られないものの、弥彦Sから続けて使ったこともありますので、この後は一旦放牧に出してコンディションを整えてもらおうと思います。広いコースだと誤魔化しが利かないことを考えると、昨年の小倉で勝ち上がった時のような競馬が理想だと思うので、次走は小倉開催を視野に入れています。具体的な番組につきましては、牧場で状態を確認しながら相談していきたいと考えています」(6/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週末(6/5・6)に出走した出資馬の出走結果・レース回顧をまとめて。※G1・安田記念に出走するサリオスは別記事にて。

戦績から古馬相手の1戦になると余計に辛いかなと思いつつも、49キロで出走できる点に1つ可能性を見い出して欲しいと思っていたフライングバレル。斤量と若手Jということでハナヘ行くんだろうなあと見ていましたが、初騎乗となる角田Jはスタートのタイミングを合わせてポンと出て、二の脚を利かせてハナを主張。テンの3ハロン33秒9と速い流れを演出することになりましたが、気分良く行かせることを重視したのでしょう。そして、4角を回ってくる時は少し後続を突き放す感じがあったので、一瞬力は入ったのですが、直線では内へササり気味になったり、プラチナムレイアーが外から並び掛けて前へ出た時は少しフワッと。このまま沈んでしまうのかなと見ていたら、残り200mあたりで鞍上の叱咤激励に反応して内から再度脚を使う場面も。何とか差し返し、食らい付こうという頑張りは○。最後は苦しくなって脚が上がり気味になり、そこを後続からドッと差し込まれての6着。出来れば掲示板(5着以内)を死守して欲しかったですが、勝ち馬とコンマ3秒差なので真面目に走り切れていれば、もっと面白かったでしょう。ひとまずメドは立ったかなと思います。

レース後のフライングバレルはクタッとすることなく元気一杯。今後は在厩調整を続け、夏の小倉での出走を目指すことに。ただ、優先権を取り逃したので、実際に小倉開催が近くなったり始まったりしなければ、出走のメドを立てるのは難しそう。北海道へ連れていく可能性は少ないかな? 

今回のレースは勿論、斤量の恩恵は大きかったも、オーバーペースで逃げても、この馬なりに踏ん張りが利きましたし、それでいてレースを止めようとする余裕を見せました。ポテンシャルはホント高いだけに、如何にレースの方へ気持ちを向けていけるか。色々試しながら、改善の方向へ導いて欲しいものです。

ここ数走のナイトバナレットはピリッとしたところがなく、レースでもダラッと走っている印象が強かったですが、その主たる原因は太目が解消できていない点。今回は金曜日にも時計になるところを乗り、馬体重を絞ることに取り組んできましたが、発表された馬体重は前走からマイナス6キロの492キロ。一応の成果は出たように見えましたが、実際はこれでもまだまだ余裕のある造り。お腹回りがスッキリしてきて欲しいです。

レースぶりに関してですが、マズマズのスタートを切るも、ナイトバナレット自身も自分のポジションを把握しているので、最後方からマイペースでの追走。前に壁を作って、折り合いを付けて追走することが出来ていたと思います。向正面までは悪くない雰囲気でしたが、外から少し他馬に寄られるところがあり、急に行きたがる素振りを見せることに。坂井瑠Jは懸命になだめてくれましたが、レースの流れが落ち着いていたこともあり、引っ掛かり気味に。暴走はしませんでしたが、ロスが生じたのは事実で、直線ではピリッとした脚を使えずに、ゴールへ流れ込む形。12着と大きな着順になりましたが、勝ち馬とは1秒3差。着順ほどレース内容は悪くないも、瞬発力を求められるレースになると、これぐらいの結果に落ち着いてしまいます。

レース後のナイトバナレットですが、脚元は大丈夫そうですし、疲れた素振りもなし。このまま続戦できるレベルにあると思いますが、短い期間に連続して使ったこともありますし、一旦リフレッシュさせることに。10日にNFしがらきへ移動予定です。すぐに太ってしまう馬なので、移動後は状態の確認はそこそこにして、坂路調教を早く始めてほしいです。そしてコツコツ乗り込むことで無駄肉を削いでいかないと。次走に関しては夏の小倉を予定。瞬発力勝負では辛いので、小回りの芝1800m~2000mで展開や馬場等が嵌ってくれるのを待つしかないのかなと思います。ただ、小倉は軽い芝なので速い時計が求められます。正直なところ、舞台設定(小回り)は合っていても、雨で馬場がぐちゃぐちゃにならないと、上位進出は厳しいでしょうねえ。北海道へ連れていく可能性はないのかなあ?