焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

強行軍の中でもパドックの気配の良さが目立った今回。自分の形でレースを進めていって、ブリーズスズカが早めに動いてくれたことが幸運をもたらす。勝負どころでジワッと差を詰め、4角を回って迷うことなく大外へ。エンジンが掛かると力強いフットワークで楽々と抜け出す。着差以上の完勝で久々の3勝目を挙げる。☆ナイトバナレット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ナイトバナレット(牡・矢作)父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー

日曜小倉10R 西日本スポーツ杯(芝1800m)優勝(6番人気) 松若J

まずまずのスタートから無理せず最後方を追走します。3~4コーナーで手応え良く上がっていき、最後の直線で追われると重馬場を苦にすることなく、上がり3ハロン最速35秒2の脚で伸びて先頭でゴールし、2017年1月の中山・ジュニアカップ以来となる勝利で通算3勝目を挙げています。

矢作調教師「おめでとうございました。3歳の1月にジュニアカップを勝ち上がってから、ここまで時間が掛かってしまいましたが、ようやく3勝目を挙げることが出来てホッとしています。お昼ごろから雨がきつくなり、馬場がかなり悪くなっていたので心配していましたが、それを感じさせないほどの走りを見せてくれました。レース後、松若風馬騎手に確認したところ、『考えていた通りの展開になりましたし、前走と同様に最後はしっかり脚を伸ばしてくれました。頭数も落ち着いてレースが運びやすかったですし、時計の掛かる馬場も良かったと思います』と話していました。良い意味でズブさが出てきたことで折り合えるようになり、馬場が悪くてもしっかり脚を使ってくれるようになったのでしょう。レースの選択肢が広がりましたし、3勝クラスでも相手なりに走ってくれると思うので、今後も楽しみになりましたね。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、これまでの疲れを取る為に放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

急がせずに最後方から。半マイル標からブリーズスズカが仕掛けていったことで、随分と展開面で楽になった。3~4角はそのあとを追うようにジワッと間合いを詰めて、直線は大外を手応え通りに抜け出してくる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

矢作師「小倉競馬場からトレセンに戻って状態を確認したところ、間隔を詰めて使ってきた割には、大きなダメージはなく体調も問題ありませんでした。馬の雰囲気だけ見るとそのまま使っても問題なさそうですが、準オープンに上がるとメンバーも強くなってきますし、フレッシュな状態で臨む方が馬にとっても良いと思いますので、近日中にノーザンファームしがらきへ戻そうと思います。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら考えていきたいと思います」(9/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8頭と落ち着いた頭数で抜けた馬がいない組み合わせだったので、出走が決まった時点で久々の勝利を意識しましたが、時計や展開面で恩恵が欲しいと思っていたナイトバナレット。中1週で再度の小倉遠征は楽ではありませんが、マイナス2キロでの出走と持ち前のタフさを披露。パドックで見たナイトバナレットはスッキリした顔立ちで落ち着いた周回。レースへ向けて、気持ちがしっかり向いているように感じました。気配の良さはこれまでになかった程です。

レースでは五分のスタートを切るも、自分のポジションを分かっているナイトバナレットは進んでいかず。松若Jも気分を害さないように最後方から淡々と進めてくれました。レースの流れとして1000m通過が1分3秒1。馬場が渋っていたことを踏まえても少し緩やかな流れだったと思います。ただ、その後にブリーズスズカが捲り気味に仕掛けてくれたことでレースの流れはピリッと。それを見たナイトバナレットもジワッと進出開始となりましたが、4角を回るまでは先団4頭が意識しあってるところに参戦せず、松若Jは我慢させることを選択。この判断が結果的に好結果をもたらすことになりました。

4角を回って、ナイトバナレットと松若Jは迷うことなく大外へ。GOサインが出た時に馬場に脚を取られてスッと反応出来なかった時は一瞬ダメかと思いましたが、左手前に替わるとグンと反応。残り100mぐらいで先頭へ躍り出ると、内から馬群を捌いてきたゼンノジャスタの追撃も難なく凌ぎ切ってのゴールイン。3歳1月のジュニアC以来の3勝目を挙げることが出来ました。

松若Jは折り合いに1つ課題のあるロードエストを上手に操り、良い末脚を引き出してくれていたので、良く似たタイプのナイトバナレットに乗ることになった際、その経験を生かしてくれると期待していましたが、1戦毎にコンタクトを高め、3戦目でこのような結果になったのは嬉しい限りです。

レース後のナイトバナレットですが、タフな馬場で激走した疲れはなさそう。引き続き、元気一杯だと言えますが、1つクラスが上がるので無理をせずリフレッシュを挟むことになりました。近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

3勝クラスに上がると、1つ壁にぶち当たるかと思いますが、ナイトバナレットは後方で脚をしっかり溜め、末脚勝負に賭けることに変わりはありません。あとは人気馬の凡走や展開が向いてくれるのを待つのみ。まずは掲示板の端っこに載れるようになってもらいたいです。