焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

前走時はここを見据えての仕上げだったも、使った後の上昇度は思ったほどではなく。大外枠が当たったのもプラスとは言えず。今回も前々での競馬に持ち込んでどこまで粘り通せるか。前が止まりにくい馬場ならチャンスも。★ピクシーナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜東京11R NHKマイルC(G1・芝1600m)8枠18番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで時計

音無師「前走から間隔が詰まっているので、5日の追い切りは終いだけしっかり負荷を掛けてもらいました。レースに騎乗する福永騎手に手伝ってもらい、道中は追走し途中で古馬オープンのダノンマジェスティと併せて行きました。鞍上のゴーサインが出ると、前走時よりもスッと反応し、手応えよく加速して最後は0.6秒先着しました。調教後に福永騎手に話を聞くと、『前走時はまだ良い頃と比べるといかにも前哨戦の仕上がりと言った感じでしたが、仕掛けてからモタモタすることもなく、スッと加速して動き・反応ともに良くなっていますよ。硬さは感じられなかったですし、アーリントンカップを使ったことによって理想通りに調子が上向いていますね』と非常に良いコメントが返ってきました。シンザン記念と同様にアーリントンCも勝負どころまで良い形で直線に向くことが出来たものの、もうひと伸び利かなかったのは本番を見据えての仕上げだったのが影響したのかなと思います。でも、こちらの思惑通り、一度使って調子が上向いてくれましたし、万全の状態でNHKマイルCに向かえそうです。この2戦は結果的に逃げる形になっていますが、決してハナにこだわる馬ではありませんし、今回は主張しそうな馬が数頭いることから、無理せず好位で自分のリズムで走らせて欲しいですね。昨年11月の秋明菊賞では出遅れてしまいましたが、終いは良い脚で伸びてきているように、控えても良い脚が使える馬ですから、福永騎手には展開を見ながらレースを運んでもらい、何とかG1タイトルを獲ってもらいたいと思っています」(5/6近況)

助 手 2栗坂稍 59.0- 43.5- 28.8- 14.7 馬なり余力
福 永 5栗坂良 51.3- 37.6- 24.5- 12.3 馬なり余力 ダノンマジェスティ(古オープン)一杯を1.0秒追走0.6秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京6日目(05月09日)
11R NHKマイルC(G1)
芝1600メートル 3歳OP 指定 国際 牡・牝 定量 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レイモンドバローズ 牡3 57.0 浜中俊
1 2 アナザーリリック 牝3 55.0 津村明秀
2 3 ルークズネスト 牡3 57.0 幸英明
2 4 バスラットレオン 牡3 57.0 藤岡佑介
3 5 リッケンバッカー 牡3 57.0 横山武史
3 6 シティレインボー 牡3 57.0 三浦皇成
4 7 タイムトゥヘヴン 牡3 57.0 M.デムーロ
4 8 グレナディアガーズ 牡3 57.0 川田将雅
5 9 ゴールドチャリス 牝3 55.0 田中勝春
5 10 ソングライン 牝3 55.0 池添謙一
6 11 ヴェイルネビュラ 牡3 57.0 戸崎圭太
6 12 ランドオブリバティ 牡3 57.0 石橋脩
7 13 ホウオウアマゾン 牡3 57.0 武豊
7 14 ショックアクション 牡3 57.0 田辺裕信
7 15 シュネルマイスター 牡3 57.0 C.ルメール
8 16 ロードマックス 牡3 57.0 岩田望来
8 17 グレイイングリーン 牡3 57.0 武藤雅
8 18 ピクシーナイト 牡3 57.0 福永祐一

○生野助手 「前走は休み明けで次に本番がある状況だったことを考えれば、よく頑張ってくれたと思います。使ってからも順調にこられましたし、理想通りに良くなってきましたね。どれだけやれるか楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【NHKマイルC】ピクシーナイト馬なりで51秒3 福永騎手2週連続G1制覇へ「非常にいい」(スポーツ報知)

第26回NHKマイルC(9日、東京・芝1600メートル)の出走予定馬全頭が5日、東西トレセンで追い切られた。シンザン記念の覇者ピクシーナイトは、栗東・坂路で馬なりのまま51秒3の好時計を刻む好調モードに入っている。

一気に突き放した。ピクシーナイトは栗東・坂路でダノンマジェスティ(6歳オープン)を2馬身半追走。ラスト1ハロンで馬体を並べると、福永が軽く促す程度でグイッと脚を伸ばす。躍動感あふれる、全身を使ったフォームで最後まで加速し続けた姿は迫力十分だった。

攻め馬駆けするタイプとはいえ、51秒3―12秒3の非常に優秀な時計。3馬身先着だった。「時計的にも内容的にも非常にいい動きでした。中2週でも硬さがない」と手綱越しに確かな手応えをつかんだ福永は満足そうな表情を浮かべた。

前走のアーリントンCは4着に敗れたが、中2週でG1というローテを踏まえた上で、前哨戦仕様の次を見据えた仕上げ。「道中もリズムよく、マイペースで運べたし、悲観する内容ではなかった。もくろみ通り、ひと叩きして、体調はよくなっていると思います」とデビュー戦から手綱を執り続ける主戦は上積みを感じ取る。

今年の重賞2戦はいずれも逃げる形の競馬だが、決してスピード一辺倒ではない。「スタートとその加速力の違いでハナに立っているけど、形にこだわる馬ではない。マイルでも上手に息を入れて、走ってくれれば」と先週の天皇賞・春に続く2週連続G1制覇を狙う福永は同型の存在を意識しつつ、自在に対応していくつもり。圧倒的なポテンシャルで、3歳マイル戦を制圧する。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NHKマイルC】(18)ピクシーナイト 大外枠も悲観なし「様子を見ながら行ける」(スポニチより)

ピクシーナイトは大外18番枠からのスタートとなった。音無師は「包まれることもないし、様子を見ながら行けるのはいいんじゃないかな」と悲観した様子はない。金曜朝は坂路で調整。ここ2走は逃げの手を打っているが「好位差しを考えるなら、外でもいい」と控える形をほのめかした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走のアーリントンCへ臨むにあたり、坂路でビシッと追うことは出来ていたも、肝心の時計・動きが物足りなかったピクシーナイト。この後、中2週のローテでNHKマイルCへ向かわないといけなかったので前哨戦という仕上げ。レースには太目感なく出走することは出来ましたが、中身はそこまで伴っておらず、最後の甘さに繋がったのかなと思います。また、心配した道悪はそこそこ対応できましたが、再度の逃げとなって勝ち馬にピタッとマークされたのも応えました。そして苦しくなっところを2頭にも差されて4着。物足りない結果と言えばそうなのですが、個人的にはもっと負けてしまうことを想定していたので、悪くない4着だと見ていました。あとはここを叩いての上昇度に期待していました。

ただ、前走後の初時計が今月2日になったのはちょっと誤算。G1を取りに行くのなら、金曜日(4月30日)にズレ込んでも1週前追い切りでそれなりの時計・負荷を掛けて欲しかったです。また、最終追いとなった5日の坂路は福永Jが跨って、併せ馬で圧倒する形でしたが、抜け出すとフワッとする面が見られましたし、シンザン記念時と比べると劣る印象。良かった頃の迫力がまだ戻ってきていないように思います。

レース運びに関しては逃げに拘らない姿勢ですが、ゲート内で縛ってからは2戦連続で好発。今回も大外枠なので、最後入れでスッと前へつけることは可能でしょう。内の各馬の出方を伺いつつ、無理に控えることはしないような。まあ、その辺のさじ加減は福永Jにおまかせするのみ。極端に揉まれ込むことはなくなりましたが、距離に少し不安が残るので大外枠は厳しいです。

抜けた馬がいない大混戦のG1なので、ノーチャンスではありませんが、ここへ向けての勢いがあるとは言えませんし、ゆくゆくはスプリンター寄りになりそうな馬。今回も最後に詰めの甘さを覗かせるように思いますが、速い時計の決着には対応できる馬なので逃げor2~3番手からの競馬で持ち前のスピードを生かし、粘り通してもらえればと思います。負けるにしても、潜在能力の高さを再認識できるレースをお願いします。