焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

18日に栗東・池添学厩舎へ帰厩しています。☆イルデレーヴ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

・在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

調教主任「周回コースで乗り出した後も問題なく進められていましたので、この中間は坂路で17-17のペースから、ラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばしています。周回コースではじっくり時間を掛けて体全体を使って走らせるようにしていますが、少しずつ良いところで抱えられるようになってきました。この調子で帰厩の声が掛かるまで、乗り込みを継続しながら良化を促していきたいと思います。馬体重は491キロです」(2/12近況)

・在厩場所:18日に栗東トレセンへ帰厩

池添学師「態勢が整ったことから、18日の検疫でトレセンに戻させていただきました。明日から乗り運動を開始し、週末から時計を出して行こうと思いますが、具体的な番組につきましては馬の雰囲気と追い切りの動きを確かめながら検討していきます」(2/18近況)

助 手 21栗坂良 58.1- 43.1- 28.5- 14.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきへ戻ってきた後、周回コースでの乗り込み→坂路調教へ移行と確実にステップアップすることが出来ているイルデレーヴ。ただ、使って間もないイメージがあったので、約2週間ちょっとでの帰厩は少しビックリもしました。

イルデレーヴは最後のひと押しが足りない競馬が続いていますが、その要因となる克服すべき課題(好位で溜めを利かせる)は分かっているので、牧場や厩舎では十二分に意識して取り組んでもらえればと思います。そして馬体に芯が入って来れば、自ずと良い走りへと変わってくれることでしょう。