焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

2戦目で課題を残す敗戦を喫し、今回は1ハロン延長の重賞挑戦。自滅する敗戦だけは避けて欲しかったですが、好発からの逃げの手は想像できず。気分良く走らせることに専念すると、残り200mで後続を突き放し、余力たっぷりに1着でゴールイン。3戦目でのシンザン記念制覇はアーモンドアイに肩を並べることに。☆ピクシーナイト


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜中京11R シンザン記念(G3・芝1600m)優勝(4番人気) 福永J

好スタートから先頭に立ち、後続馬を従えていきます。そのまま直線へ向き粘り込みを図ると、最後まで交わされることなく先頭でゴールし、デビューから3戦目で見事に重賞初制覇を成し遂げています。

音無調教師「おめでとうございました。今回はなるべくテンションが上がらないよう、返し馬を最後に行いましたが、終始落ち着いていましたし、万全の態勢でレースに臨めました。ゲート内では後ろ扉にモタれることなく大人しくしていましたし、これまでになくいいスタートを決めてくれましたね。道中もムキになることなく折り合っていましたし、最後まで安心して見ることが出来ました。レース後、福永騎手にどうだったか聞いたところ、『中間、ゲート練習を入念に行ってもらっていたおかげで、駐立は大人しくしていましたし、出も速かったですね。他に主張する馬がいなかったので、そのままスピードを活かして先行しましたが、道中はリラックスしていましたし、良い形で直線に向くことが出来ました。最後まで力強く伸びてくれましたし、時計も速かったことを考えると強いレース内容だったと思います』と話していました。前走は勝利することが出来ませんでしたが、今回のようにスムーズなレースが出来ればこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのですから、これからの成長がますます楽しみになりました。デビューから3戦目で重賞を獲ってくれたように能力の高さを見せてくれましたし、今後に向けて賞金加算できたのも良かったですね。この後は一旦放牧に出してリフレッシュさせようと思いますが、春の目標としては5月9日に行われるNHKマイルCを目指したい気持ちがあります。その前にステップレースを挟むかなどは、牧場で状態を確認しながら相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 【次走へのメモ】

スタートをポンと出て無理せずハナへ。折り合いがスムーズだったうえ、内が圧倒的に有利なトラックバイアスとあって、主導権を握れたことは大きかった。楽な手応えで4角を回ってきて、1ハロン標の手前では後続を突き放す。あとはまったく危なげなし」(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピクシーナイトV今春はマイル路線へ/シンザン記念(日刊スポーツより)

福永祐一騎手騎乗の4番人気ピクシーナイト(牡3、音無)が逃げ切って重賞初制覇した。勝ち時計は1分33秒3。課題のスタートを克服し、1馬身1/4差の快勝を飾った。福永騎手は史上5人目(現役4人目)のJRA通算2400勝を達成。ピクシーナイトは今春はマイル路線を歩む予定。モーリス産駒はJRA重賞初制覇となった。

ピクシーナイトはやや興奮気味に引き揚げてきた。福永騎手は馬上から降りると、両手でその馬体に触れる。最後まで止まらなかった愛馬をたたえ、優しくねぎらっているようだった。会心のレースで重賞制覇。JRA通算2400勝を彩る勝利になった。前走は出遅れながらも3着。陣営は課題克服に尽力した。「前回は駐立が悪かった。そこを重点的に修正してくれた。いいスタートを切れたのが大きかった」と、鞍上は振り返った。発馬で飛び出し、内から他馬が並びかけても抑える。軽快にラップを刻み、前半1000メートルは58秒1。直線は後続を突き放した。最後は外から伸びてきた2着馬ルークズネストに0秒2差。「周りの出方もあるけど、逃げる形もありかなと思っていた」。しっかり折り合い、馬の能力を引き出す手腕でゴールまで導いた。

「2400勝? 知らなかったです。たくさんの馬のおかげで達成することができた。これからも馬にとって、よりよい騎乗ができる騎手でいられるよう、精進していきたい」。ピクシーナイトはキャリア3戦目で初めてハナを切った。言葉通りの好騎乗で愛馬にタイトルをもたらした。

「距離がどうかだけど、いい馬。インディチャンプの後継馬になれると思っている」。レースを控えた今週の栗東トレセンで、福永騎手はそう評した。19年に安田記念マイルCSの春秋マイルG1制覇を達成した厩舎の先輩を意識させる潜在能力。その域を目指せるポテンシャルを、初のマイル戦でみせつけた。

次走は未定だが、今春はマイル路線を歩むことになりそうだ。音無師は「能力は半端ない。マイルでいい時計で勝てた。この春はマイル路線にいく予定です」と話した。過去にはアーモンドアイ、ジェンティルドンナなどが勝った出世レースを制した。今春のG1戦線にまた楽しみな1頭が誕生した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/14日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

音無師「トレセンに戻って状態を確認したところ、あれだけのパフォーマンスを見せてくれた割には、大きなダメージはなく、疲れた表情も見せていませんでした。本格化するのはもう少し先だと思いますが、その中であれだけの走りを見せてくれただけに、今後がとても楽しみですね。この後は一旦放牧へ出してこれまでの疲れを取ってもらいます。5月9日の東京・NHKマイルカップを目標に定め、その前にどの番組をステップレースにするのか、牧場で状態を確認しながら相談させていただきたいと思います」(1/13近況)

⇒⇒14日(木)に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(14日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

将来的には我が厩舎を引っ張って行って欲しいと思っているピクシーナイト。相変わらず坂路では素晴らしい動きを披露し、専門紙よりも記事として取り扱いやすいスポーツ紙の人気で実績以上の評価(4番人気)をされての出走になったかなというのが率直な印象。個人的には1ハロン延長に不安がありましたし、2戦目の前走で駐立の課題、行きたがる面を覗かせていたので、今後に繋がる走りが出来れば合格で、自滅する形での敗戦だけは避けて欲しいなあと思っていました。

まずレースでの注目は熱心に改善に努めてきたゲート。互角に出たことに安心し、スッと二の脚まで付いたことには正直ビックリ。他馬がハナを主張しないと見るや、逆らうことなく逃げの手を福永Jは選択。まさか戦法でしたし、前走の立ち遅れから逃げの手に出れるとは想像できませんでした。また、逆らうことなくハナへ行ったことでピクシーナイトは折り合いはスムーズで、気分良く走れていました。そして変にペースを落とさず、淀みなくレースを引っ張ったのも正解。ノープレッシャーで最後の直線を迎えることが出来ました。

ただ、鞍上のGOサインが出た後はハミの取り方に少し幼さを感じ、内へモタれる素振りを見せたのですが、一瞬、中京のダート戦でラチにぶつかって競走中止となったロコポルティの姿が頭を過ぎりましたが、冷静に対処すると、残り200mぐらいでスッと後続を突き放して抜け出しに成功。あとは追い上げてくる後続の動きに合わせて気合をつける感じでしたが、最後は追うのを控える余裕まで。内が圧倒的有利な馬場の恩恵はありましたが、1分33秒3という走破時計は優秀ですし、それを自分の脚力でマークしたんですから、改めてピクシーナイトのポテンシャルの高さを認識させてもらいました。

レース後のピクシーナイトは一生懸命走ってくれたことで疲れ・反動が出るかなと心配しましたが、気分良く走れたことでストレス発散、逆にケロッとしているとのこと。その姿は頼もしい限りですが、遅生まれで心身ともに若さを残しているように未完成。今後も大事に使っていって欲しいですし、賞金を加算できたことで目標にへ向け、ゆったりとしたローテを組めるのも長い目で見れば非常に有意義です。

14日にNFしがらきへ放牧に出たピクシーナイトですが、今後は引き続きマイル路線を歩み、春の最大目標は5月9日の東京・NHKマイルCに設定。マイル重賞をひと叩きして本番というローテかなと思います。3戦目でのシンザン記念制覇はアーモンドアイと肩を並べたことにはなりますが、こちらは勝ったり負けたりしながら、経験を積みつつ、着実に力を付けていく必要があります。

また、控える競馬になった時に好位で力むことなく、脚を溜めることが出来るかどうかも将来性を占う意味では大事なポイントになってくるでしょう。ゲート難からの改善ぶりを見ると、良い学習能力を備えていると思うので、厩舎スタッフや福永Jから教わったことは今後も素直に吸収していってもらえればと思います。