焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

レースが近づくにつれ、G1の雰囲気に呑まれてテンションが高くなってしまう。バスラットレオンの落馬で自然とハナヘ立つ形になるも、ペースを落とせずに速いラップを刻む。残り400mぐらいから余裕がなくなり、最後はさすがに苦しくなってしまう。初めてのG1挑戦は12着に終わる。★ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜東京11R NHKマイルC(G1・芝1600m)12着(6番人気) 福永J

好スタートからスピードの違いでハナに立ち、後続馬を従えます。そのまま4コーナーを回り粘り込みを図りますが残り200mで力尽き、初めてのG1挑戦は12着でゴールしています。

音無調教師「大外枠で内の馬を見ながらレースが出来ると思っていましたが、主張するとされていたバスラットレオンがスタート直後に落馬し、それ以外にも主張する馬が不在だったためにスピードの違いで先頭に立つことになってしまいましたね。宥めながらペースを落としてレースを運んでくれたものの、淡々とペースが流れてしまい、最後は止まってしまいました。レース後、福永騎手に確認したところ、『バスラットレオンが落馬してしまい、他にも主張する馬がいなかったですし、スピードの違いで自然とハナに立つことになってしまいました。気分よく走っていましたが、さすがに良いペースで飛ばしていたこともあって、最後は疲れてしまいました。以前に比べ力を付けて段々とスプリンターらしくなってきましたから、今後はこの馬の長所を活かしたレースをさせていく方が良いかもしれません』とコメントしていました。ジョッキーが話しているように、力を付けてきたのと同時にスプリンター色が強くなってきたことを考えると、この馬の持ち味を伸ばしてあげる方が良いでしょうから、この先は短距離路線に矛先を向けていく方向で考えています。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取るために放牧に出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

どっしりと落ち着き払っていたし、柔らかな歩様も目に付いた。抜群のスタートから緩みのないペースで逃げる。4角も手応えを残して回ってきたが、直線は粘りなく後退。少し物足りなさの残る敗戦。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:12日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧

音無師「東京競馬場からトレセンに戻った後も目立ったダメージは見られませんでしたが、予定通り一旦放牧に出してコンディションを整えてもらうことにしました。今後の予定につきましてはレース後にもお話しさせていただいたように、短距離路線に向かいたいと考えています。そうなると、今後の目標としてはスプリンターズSになってくるので、その前にどこから始動していくか牧場で状態を確認しながら相談していければと思っています」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前哨戦のアーリントンC(4着)を叩き、中2週のローテで春の大目標・NHKマイルに駒を進めてきたピクシーナイト。初めてとなる東京への長距離輸送をこなし、太目感なく、落ち着いた状態でパドックに出てきてくれました。調整はやや手緩かったですが、仕上がりは良かったと思います。

ただ、地下馬道を通って返し馬→待機所での輪乗り→ゲート裏での周回につれ、これまでのレースとは違う雰囲気を察したのか、徐々に煩い面を覗かせてきたのは想定外。この中間、追い切りを控え目にしたのはテンションを上げたくなかったというのもあったんでしょうねえ。発汗をし、見た目にカリカリしているのが分かりました。

そしてレースですが、スタートで人気の1角・展開の鍵を握るバスラットレオンがまさかの落馬。それに対してピクシーナイトはやや外へ逃げて出るような形で出てしまうも、二の脚でリカバー。揉まれない2~3番手で我慢させるのかなと見ていましたが、テンションが高くなっていた今回は手綱を引っ張り切れず、スピードの違いに任せることに。まあ、バスラットレオンが出走していても、相手の出方次第でハナヘいくことは考えていた筈。ただ、今回は落ち着いた逃げを打つことが出来ず、前半3ハロンが33秒7というHペースの逃げに。それでも4角を回ってくる時の手応えは上々で、残り400mぐらいまでは手に力が入ったのですが、そこからは差し・追い込み馬が台頭してくる流れへ。ピクシーナイトと福永Jは懸命に抵抗してくれましたが、残り200mでさすがに苦しくなってしまい、じりじり後退してしまいました。まあ、それでも自分から止める感じではなかったのは良かったです。

レース後のピクシーナイトですが、脚元等は大丈夫。そこまで疲れもない感じですが、G1を走った後なので無理することなく一旦リセットへ。12日にNFしがらきへ放牧に出ています。今後については回復具合によって左右されるかなと思いますが、豊かなスピードを最大限に生かせる短距離路線へ踏み出すことに。秋のスプリンターズSを視野に入れているので、その前に1or2度使うことになるのでしょう。個人的な感覚ですが、夏の小倉・北九州記念からの再始動になってくるのかな? ここだと本番へのレース間隔もそれなりにありますし。

初めてのG1挑戦はホロ苦いものになってしまいましたが、スピードのあるところはここでも示してくれましたし、今後の路線が決まることになったことを踏まえると、それなりに収穫のあったレースだっと言えるでしょう。学習能力の高い馬ですから、今回の経験を糧にして、G1で勝ち負けできる存在になれるように更なる成長・進化を遂げていってもらいたいです。