焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

中京競馬場への輸送で煩い面が目立つも、ひとまず許容範囲。前走のような競馬が出来れば1発あるかもと密かに期待していたも、荒れ馬場を気にして進んでいかなかったのは想定外。惨敗まで覚悟するも、直線で馬場の良い大外へ強引に持ち出されると、渋太く加速。最後はくたびれてしまうも、展開不向きの中での5着は合格点。★セラフィナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain セラフィナイト(牡・宮田)父ルーラーシップ 母ブロンシェダーム

日曜中京11R シンザン記念(G3・芝1600m)5着 (9番人気) 丸山J

まずまずのスタートを切るも無理せず、道中は後方からレースを進めます。直線では大外からしっかりと脚を伸ばして、初めての重賞で掲示板を確保しています。

宮田調教師「今回は装鞍からかなりテンションの高いところを見せていて、返し馬の前や終えてからも結構気が入っていましたね。父のルーラーシップの影響が出て来てしまっているのかもしれませんが、今後はより気を付けていく必要があるでしょう。スタートは悪くなかったものの、開催が進んで内の馬場が荒れてきている影響で、下を気にして進んで行けなかったですね。また、キックバックも受ける格好になってしまい、余計にテンからハミを取って行けなかったので、元気(丸山元気騎手)は『もう少し距離があっても良いかもしれません』と話していました。今日の中京競馬場は内の前目のポジションを取った馬の好走が目立つ傾向にあった中で、直線で一番外からよく脚を伸ばしてくれて、力はしっかりと示してくれたのかなと思います。重賞で頑張ってくれた後ですし、無理をさせるつもりはありませんが、この後についてはトレセンでの状態を見ながら決めていければと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スタートした後、進みが良くなく、向正面では後方2番手。4角の出口から大外へ出して、1ハロン標の手前まで一瞬は伸びかけていた。ここでの勢いは長く続かなかったが、展開不向きのなかでは力は見せている。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:13日に福島県・NF天栄へ放牧

宮田師「重賞初挑戦で掲示板に入れましたし、改めて力のあるところを見せてくれましたね。一方で父産駒らしい気難しさが出てくるなど、新しい課題が浮き彫りとなってきましたし、その課題と今後も向き合っていきながら調整していきます。レース後は右半身、特に背腰の部分に硬さが出てきていますので、心身の疲れをしっかり取るべく、本日、NF天栄へ放牧に出させていただきました」(1/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の未勝利戦では加速ラップの流れをきっちり差し切り、走破時計も悪くなかったセラフィナイト。ただ、気性面でピリッとしたところがあり、華奢な馬体なので、関西圏での競馬(中京競馬場)への輸送が1つ鍵になるかと見ていましたが、装鞍所でかなり煩い面を覗かせ、返し馬でも気持ちが先走るところはあったようですが、馬体減はマイナス4キロに止め、力を出せる状態での出走だったと思います。あとはG1で好走してきた馬と力量差がどこまで存在するか。それでも前走で見せた勝負根性+キレ味をここでも再現できれば、『1発あっても(不思議ではない)…。』と期待していたのですが…。

ゲートはまずまず出てくれたのですが、荒れた馬場を気にしてモタモタ。他馬のキックバックも気にしたところがあり、後方2番手から競馬になってしまうとはビックリ。力の要る馬場は多少苦にするかなと見ていましたが、荒れ馬場がここまでダメとは予想にもしていませんでした。

道中の行きっぷりに関してももう1つで、丸山Jの手は終始動き、軽く促しながらの追走。手応え抜群で直線を向いた前走とは大違いだったので、直線でやや強引に大外へ持ち出した時は早々に伸びあぐねることを覚悟しましたが、馬場の良いところを走れたことで鞍上の叱咤激励に反応。残り200mぐらいまではじわじわ加速。差し馬の中では目立つ伸びでしたが、序盤のロスが響いてしまって、最後はくたびれてしまいました。それでも未勝利を勝ち上がったばかり+展開不向きな中で5着まで押し上げたのは立派。今回、新たな課題こそ見つかりましたが、着実に力をつけて行ってくれれば、将来が楽しみです。5着という着順以上に内容の濃い1戦でした。