焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スプリンターとしての資質は高そうも、今回が初めての芝1200m。いきなり重賞で通用するかとなると半信半疑も、ここへ向けての調整は意欲的で動きもひと追い毎に良化。少し加減するところがあった前走時とは大違い。あとはこの舞台を得意にする福永Jの手腕に託して。☆ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜小倉11R CBC賞(G3・芝1200m)7枠11番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6月30日に坂路コースで時計

音無師「先週の段階である程度態勢が整ったことから、6月30日の追い切りは小倉までの輸送に備えて終い重点で反応を確認する程度に控えました。やればいくらでも時計が出てしまうので、前に馬を置いてゴール直前に少し抜け出すような形で行いましたが、ムキになって追い掛けることもなく、鞍上が促すとスッと加速して反応良く伸びてくれましたね。騎乗した助手は『先週の段階で仕上がっているなと感じていましたが、その時よりも仕掛けてからの反応は良くなっていますし、抜群の手応えのままゴールしてくれました。体がふっくらとして良い状態だなと感じましたし、シンザン記念を勝利した時と同じぐらいの仕上がりでレースに向かうことが出来そうです』と仕上がりの良さに太鼓判を押していました。いずれ距離は短くなっていくだろうなと、ジョッキーだけではなく、私自身も感じていましたが、前走のNHKマイルCでは控えるつもりがスピードの違いでハナに立ったように、本質的にスプリンターなのかもしれません。跳びが大きく、小回りコースで上手く立ち回れるかがカギになりますが、乗り慣れた福永騎手が引き続き乗ってくれることもありますし、上手くエスコートしてくれるのではないかと思っています。スプリント戦に使ってきた馬達との経験の差はあると思いますが、ここで良い競馬が出来れば視野が広がってくるだけに、好勝負を期待したいですね」(7/1近況)

助 手 27栗坂良 60.1- 43.5- 28.9- 14.5 馬なり余力
助 手 30栗坂良 53.0- 38.6- 24.8- 12.0 末強め追う ファンタジステラ(古馬3勝)馬なりを0.2秒追走0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回小倉2日目(07月04日)
11R CBC賞(G3)
芝1200メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タイセイビジョン 牡4 57.0 川田将雅
2 2 メイショウケイメイ 牝5 51.0 藤懸貴志
3 3 ファストフォース 牡5 52.0 鮫島克駿
4 4 クリノアリエル 牝6 50.0 富田暁
4 5 クーファウェヌス 牝6 51.0 酒井学
5 6 ビオグラフィー 牝4 53.0 藤岡康太
5 7 プリカジュール 牝5 49.0 角田大和
6 8 メイショウチタン 牡4 54.0 松若風馬
6 9 ヨカヨカ 牝3 51.0 和田竜二
7 10 アウィルアウェイ 牝5 55.5 松山弘平
7 11 ピクシーナイト 牡3 53.0 福永祐一
8 12 メイショウカリン 牝7 51.0 秋山真一郎
8 13 ノーワン 牝5 53.0 荻野極

○音無師 「稽古でも動き過ぎるくらい。適性はマイルよりも短いところにあるのでは。ハンデの53キロは魅力。スタートのいい馬なので、どういう競馬になるかは分からないが、1200mでこの馬の力を見せてくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

CBC賞】ピクシーナイトは初の6ハロン戦に手応え 陣営「プラスになるのでは」(スポーツ報知より)

古馬相手、6ハロンと初物尽くしの重賞となるピクシーナイト(牡3歳、栗東音無秀孝厩舎、父モーリス)だが、中間の気配がいい。1日は運動のみの調整だったが、今週の栗東・坂路は53秒0―12秒0とソフトにまとめると、負荷をかけた1週前追い切りでは52秒0―11秒9と上々の時計を叩き出している。

マイルのシンザン記念で勝っているが、元々、鞍上の福永を始め、その非凡なスピードが評価されてきた3歳馬。「1200メートルになるのはプラスなのではと思います。状態はよさそうです。この中間は1本目からしっかり動かして、4本乗れています」と生野助手は手応えを口にした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春の大目標に据えていた前走のNHKマイルC(G1)。前哨戦(アーリントンC・4着)をひと叩きして中2週のローテでの参戦となったピクシーナイトですが、最終追いこそ優秀な時計をマークしていましたが、中間の追い切りはそれを含めて2本。シンザン記念を勝った時の唸るような動きは取り戻せていませんでした。そして東京のマイル戦はマイルがギリギリ守備範囲の馬では厳しいタフな舞台。前が止まりにくい馬場で粘り込みを図って欲しいと淡い期待を持っていましたが、やはり厳しい結果に。

逃げると思われていたバスラットレオンが落馬し、スピードの違いでハナへ立たされるる形。また、中2週のレース間隔+東京への長距離輸送の影響でこれまでよりもテンションが高くなっていて、逃げる形になっても、力んだ走りになってしまいました。結局はガス欠で12着に沈んでしまいました。陣営はこの走り・結果を受け、マイルは幾分長いということで、躊躇することなくスプリント路線への参入を決めました。

前走後はNFしがらきへ放牧に出されましたが、G1の疲れ・反動が出ることなく、むしろ使ったことで活気が出てきて上昇ムード。そこで早速、ここを目標に進められることとなり、2週間ちょっとの放牧で栗東へ。帰厩後は早い段階から坂路で好時計をマークし、1週前追い切りには福永Jが跨って52秒0-11秒9(強め)。最終追いも終い重点ながらキレのある動きを見せ、シンザン記念時の動きを取り戻しています。状態に関しては胸を張れるでしょう。

ただ、豊富なスピードからスプリンターとしての適性が高そうとはいえ、1200mへの出走は今回が初めて。天候&馬場状態も気になりますし、時計自体はかなり速くなりそう。それらに対していきなりフィットできるかとなると悩ましいところ。ピタッと嵌るようならアッサリ押し切っても不思議ではありません。53キロの斤量は少し恵まれた感はあるので、小倉・芝1200mを知り尽くしている福永Jの手腕にあとはおまかせします。