焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

能力の高さや将来性はこのメンバーでも互角以上も、馬体はまだまだ立派ですし、気持ちが先走るように若さが目立つ現状。1ハロン延長も微妙ですし、強い相手に揉まれたこの経験が今後に繋がってくれれば。暴走による失速は避けて欲しい。★ピクシーナイト

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

日曜中京11R シンザン記念(G3・芝1600m)7枠12番 福永J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで時計

音無師「昨年末の12月30日に、坂路で併せてしっかり負荷を掛けた時も反応良く駆け上がってくれましたが、6日の追い切りはそれ以上によく動いてくれました。追走し、途中から古馬1勝クラスの馬と併せて行きましたが、仕掛けて行くと抜群の手応えであっさり突き放してゴールしました。騎乗した助手も『先週よりも仕掛けてからの反応が良くなっていましたし、重苦しいところがなくとても素軽い走りでした。体はまだボテっとしていますが、以前より引き締まってきましたし、動きに関して言うことないですね。課題を上げるとすると、ハミを取るとそこからムキになってしまい、全力で走り過ぎるところがあるので、もう少しオンオフの切り替えが出来るようになってほしいです』と話していました。前走はゲートを出遅れ、出して行ったところで馬もその気になって力んでしまいましたし、それに加えて前が壁になってずっと喧嘩をしていましたから、その辺りで上手く立ち回った上位馬との差が出てしまいました。スムーズさを欠きながらも、最後は前が有利な馬場でもよく差を詰めてくれましたから、上手にレースを運べば、新馬戦のレースぶりから重賞のメンバーに入っても良い競馬をしてくれるはずです。今回は距離が延びるので、いかに折り合って走れるかがカギになりますが、気分よく走らせさえすれば、直線の長い中京競馬場なら最後まで良い脚を使って伸びてくれると思うので、福永騎手にはスムーズな競馬を心掛けてもらいたいですね。シンザン記念は活躍馬が多数輩出される縁起の良いレースですから、年明け初戦から良い走りを期待したいと思います」(1/7近況)

助 手 3栗坂良 60.2- 44.8- 29.6- 14.6 馬なり余力
助 手 6栗坂良 51.5- 37.3- 24.3- 11.9 一杯に追う ピクシーサンライズ古馬1勝)一杯を0.2秒追走1.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京3日目(01月10日)
11R シンザン記念(G3)
芝1600メートル 3歳OP 特指 国際 別定 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マリアエレーナ 牝3 54.0 川島信二
2 2 ブルーシンフォニー 牡3 56.0 田辺裕信
2 3 ルークズネスト 牡3 56.0 幸英明
3 4 カスティーリャ 牡3 56.0 松山弘平
3 5 ダディーズビビッド 牡3 56.0 武豊
4 6 セラフィナイト 牡3 56.0 丸山元気
4 7 ファルヴォーレ 牡3 56.0 吉田隼人
5 8 トーカイキング 牡3 56.0 和田竜二
5 9 ルース 牝3 54.0 池添謙一
6 10 バスラットレオン 牡3 56.0 坂井瑠星
6 11 レゾンドゥスリール 牡3 56.0 川田将雅
7 12 ピクシーナイト 牡3 56.0 福永祐一
7 13 ロードマックス 牡3 56.0 岩田望来
8 14 ワザモノ 牡3 56.0 黛弘人
8 15 ククナ 牝3 54.0 C.ルメール

○音無師 「稽古ではずっといい動きをしている馬。動き過ぎるだけに、距離延長がどう出るかだね。前走に関しては大きく出遅れたし、前半に力みも見られた。それでも3着と力は十分。ゲート内で後ろへモタれる面も中間にしっかり練習したし、五分に出てリズム良く走れれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資している3歳馬で1番将来性を感じているのがピクシーナイト。デビュー戦はやや地味なパフォーマンスながらも勝利し、2戦目の前走では連勝を飾って欲しかったですが、ゲートでまさかの大出遅れ。そして挽回するために仕掛けると力んだ走りになってしまいました。また、道中も内々の狭いところを走らされ、ピクシーナイト自身も戸惑いがあったと思いますが、直線では内へややモタれながらも、じわじわ盛り返す脚を披露。チグハグさが目立つ中でも失速せずに伸びてきたのはポテンシャルの高さに他なりません。負けてしまったのは残念でしたが、力のあるところを見せてくれたので、それほど悲観はしていません。この経験が今後に生きてくれれば。

前走後は駐立が安定するようにゲート内に縛り付けたりして改善に着手。その効果がどこまであるかは実戦へ行ってみないと分かりませんが、ピクシーナイトの学習能力に期待したいです。一応の進歩が見られた後は、NFしがらきでリフレッシュ。ゲート練習の疲れを癒す為に少し間隔が空くのかなと勝手に思っていたのですが、1週間ちょっとの滞在で再度トレセンへ。3戦目にシンザン記念挑戦を選んできたのはセラフィナイト同様にビックリしました。

帰厩して1本目の追い切りは無理をしなかった分、併せ馬で遅れましたが、それ以降は坂路でこの馬らしい豪快な動きを連発。31日の追い切りでは土曜日の新馬戦を快勝したデルマセイシを悠々と突き放し、6日の追い切りでは帰厩して1本目の追い切りで遅れたピクシーサンライズを抜群の手応えから置き去りして圧倒。映像を見ましたが、惚れ惚れする走りでした。ホント良いエンジンを積んでいますし、スピード能力は高いです。

ただ、今回は1ハロン延長のマイル戦。若さが目立つ現状では正直微妙に思いますし、馬体に関してはまだまだ立派な様子。将来性や能力の高さはここでも見劣らないと思いますが、如何に実戦でロスなく、能力をどこまで引き出せるかどうか。福永Jの手腕に託すのみです。勿論、期待はしていますが、気持ちが先走っている現状なので、経験を積んでいく必要があると見ています。正直なところ、今回は掲示板までのれば上々だと考えているので、前に壁が出来ずに暴走してしまう敗戦は避けてもらいたいです。