焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

コース替わりは正直マイナスも、エンジンが掛かれば簡単にバテないことは分かったので、スムーズな競馬で1歩早めに仕掛けていって欲しい。短期放牧を挟んで馬は着実に良くなっているので、ここで初勝利を掴んで欲しいも、巻き返した前走が無駄にならないように大崩れすることだけは避けて欲しい。☆ノワールドゥジェ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

日曜中山5R 3歳未勝利(芝2200m)6枠12番 横山武J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:6日に南Wコースで時計

宮田師「先週は12月31日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。シンザン記念に出走予定のセラフィナイトと併せたのですが、道中はノワールドゥジェが3馬身半ほど先行して、手応え楽なまま同入で終えています。これまでよりも真面目に走ることが出来ていますし、スッと動けるようになりましたね。攻め駆けする相手よりも良い動きを見せており、レースを使いながら良い方へ向いています。その後も順調なことから、6日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週と同様にセラフィナイトを誘導する形から、最後まで余裕を持ってゴールしています。実戦では追っつけていってエンジンが掛かるイメージですが、ここ最近の調教では自分から進んで行こうとする気持ちがありますし、以前よりも素軽い動きを見せていますね。今の感じであればトリッキーな中山コースもこなしてくれるはずですので、ここで未勝利を突破してくれればと思います。ただ、飼い葉食いは落ちていないものの、時折テンションの高いところを見せますし、体も若干減り気味になっているので、そのあたりは特にレース当日まで気を付けておきます」(1/6近況)

助 手 3美坂良 56.7- 41.6- 27.2- 13.6 馬なり余力
助 手 6南W良 69.0- 54.2- 39.7- 13.1 馬なり余力 セラフィナイト(三歳1勝)馬なりの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山3日目(01月10日)
5R 3歳未勝利
芝2200メートル 混合 馬齢 発走12:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 グローリアスサルム 牝3 54.0 吉田豊
1 2 コーヒーソフト 牝3 54.0 三浦皇成
2 3 コスモマイディア 牡3 56.0 武藤雅
2 4 ソーヴァリアント 牡3 56.0 戸崎圭太
3 5 レイワフリューゲル 牡3 53.0 原優介
3 6 ゲットオン 牡3 53.0 秋山稔樹
4 7 マイバウム 牡3 56.0 田中勝春
4 8 ジルブラス 牡3 56.0 大野拓弥
5 9 コスモオニアシゲ 牡3 56.0 丹内祐次
5 10 ボラヘ 牝3 54.0 杉原誠人
6 11 ホウオウハイエスト 牝3 54.0 北村宏司
6 12 ノワールドゥジェ 牝3 54.0 横山武史
7 13 ゴールドブリーズ 牡3 55.0 斎藤新
7 14 ダノンマヴロス 牡3 56.0 横山和生
8 15 アオイラブリー 牝3 53.0 菅原明良
8 16 マナフォルトゥーナ 牝3 52.0 山田敬士 

○宮田師 「馬体重は同じくらいですが、体力がついて動きは良くなっています。追われて伸びるので直線の長いコース向きですが、中山でもコーナーで加速できれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦はフラフラ走っていた馬の後ろに入ってしまい、3角過ぎで前に乗っかかって躓く不利が全てだったノワールドゥジェ。それ故、仕切り直しとなった前走ではどこまで通用するのか期待と不安が入り混じっていましたが、道中の行きっぷりと反応は一息。直線で追われてからのエンジンの掛かりも遅かったですが、併せ馬の形でじわじわ脚を伸ばしていくと最後まで勢いは持続。また、牝馬ながら抜かせなかった根性も○。切れ味には欠けるも、未勝利突破にメドを立て、素質を秘めることを示してくれました。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。疲れもなく順調に乗り込むことは出来ていましたが、エンジンの掛かりが遅いので1回東京まで出走を待つのかなと見ていたら、先月24日に帰厩。中距離戦のここへ照準を合わせてきました。簡単にバテない強みを小回りの中山コースで生かして欲しいところ。帰厩後は丹念に時計を出し、ここ2週はシンザン記念に出走するセラフィナイトとの併せ馬を敢行。6日の最終追いでは3馬身ほど先行する形でしたが、直線で並びかけられてからも余力十分。放牧を挟んで体力+真面目さ(集中力)がアップしてことで、行きっぷりも反応も良化。攻め駆けする相手にヒケを取らない動きを見せてくれました。

ただ、体力が付いてきたことで、この母系特有のピリッとした面がチラホラ。レース前に無駄なスタミナを消費していないか、パドックでの雰囲気を確かめる必要はあるでしょう。とにかく落ち着きを保ってレースへ臨んで欲しいです。

レース運びに関しては、3戦連続で手綱を取ってくれる横山武Jにおまかせしますが、勝負所からは1歩早めに仕掛けていって欲しいです。そしてエンジンが掛かってからはブレーキを踏むことがないように。今のパワーを要する中山の馬場が合っているかとなると正直悩ましいところですが、秘めたる素質・ポテンシャルで補ってもらえればと思います。1番のライバルはやはり1着入線するも禁止薬物が検出されて失格となったソーヴァリアントでしょう。

勿論、ここで初勝利を掴みたいですが、前走で巻き返す走りを見せてくれたので、大崩れしてしまうことだけは避けてもらえればと思います。