焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(明け2歳・関西牝馬)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ウェイヴェルアベニューの19(牝・中内田)父ディープインパクト 

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から負荷を高めた運動を行っています。馬体重は調教強度を強めても増加傾向にあることから、放牧を一旦中止して乗り運動中心の調整に移行しました。ここ最近は馬体に丸みが出て全体的にしっかりとしてきましたね。周回コースでのペースも上げて長めの距離を乗り込んでいますが、余裕のある手応えで対応してくれていますし、体力も徐々についてきたように感じます。相変わらず坂路ではまだフットワークがおぼつかないところが見られますが、周回コースでの動きの質も良くなっていますから、坂路でのペースに慣れてくれば脚さばきも良くなることでしょう。気性的には変わらず落ち着いていて、走ることに集中できていますので、問題なく乗り込んでいける精神状態です。これまで放牧を挟みながら成長を促してきたことで順調に進めることができました。今後も成長を促していくことには変わりはありませんが、坂路と周回コース中心の調教を続けていきます。馬体重は445キロです」(12/31近況)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain パーシステントリーの19(牝・松永幹)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースでのペースをさらに速めて現在はハロン15秒まで脚を伸ばしています。また、周回での調教量も増やして乗り込んでおり継続して体力強化に取り組んでいます。坂路では真面目に走ってくれてはいますが、残り1ハロンでの勢いが甘くなってしまうので、まだまだ筋力・体力をつけていく必要がありますね。周回コースでの走りは体全体を使えるようになってきましたよ。大きなフォームで走れますし、身体能力の高さを感じます。気性的には、周りを敏感に気にする面や余計なしぐさが少なくなり、大人びてきました。普段の表情も健やかでこの時期にしては毛艶も良く脚元にもいまのところ問題はなく健康そのものといった様子です。飼い葉食いについても良好ですから、負荷を高めていける状態ですが、今後もいまのペースで基礎体力を固めていくことに注力していきます。馬体重は466キロです」(12/31近況)

f:id:yakifish:20210109075310j:plain

f:id:yakifish:20200513045835g:plain リプリートⅡの19(牝・安田翔)父Galileo

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後は坂路コースのペースを段々と上げており、12月下旬から速い時には終いハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。まだハロン16秒を中心にしたメニューですし、登坂していて左右にフラフラするようなところもあり、頼りないところは残っていますね。それでも、この馬なり段々と力が付いてきて、馬体をしっかりと使えるようになってきましたし、気性的にも幼さが抜けてきており、集中できるようになってきました。馬体重は微増といった感じで数字的には先月から大きな変化はないものの、負荷を強めながらも減っていないことは評価できると思いますし、この馬なりに馬体は徐々にしっかりしてきている印象です。他馬に比べると調教育成のスタートはゆっくりになってしまいましたが、月を追う毎に成長を実感していますし、今後も馬の状態に合わせて進めていければと思います。馬体重は416キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良化途上ということで、放牧を取り入れながら慎重に進められてきたウェイヴェルアベニューの19ですが、この中間はコツコツ乗り込みながら、馬体増が叶っていることから、放牧を挟まずに乗り運動を継続。徐々にですが、体力が備わってきてくれています。ただ、坂路での走りはちょろちょろと手先を使っているだけという感じがするので、トモを使った走りが出来るように今の内に教え込んでいって欲しいです。

パーシステントリーの19は坂路でハロン15秒までペースアップ。まだまだ余裕で対応できるといった動きではないので、地道な体力強化が必要。体力が備わってくれれば、最後甘くなる面が緩和・解消されてくると思います。あとは精神面の成長も促してもらって、環境の変化にも動じないような面が出てきて欲しいです。

リプリートⅡの19は見た目どおりの非力さ・頼りなさが目立つ現状。それでも終いを15秒まで伸ばせるところまで来ているのは運動神経が良いのかもしれません。ただ、まずは地道に乗り込むことで内面の強化を推し進めることが先決。しっかりしてくれば、カイ食いも良くなってきてくれるかなと思います。気性面は幼さが残るぐらいで、現状気になるところはありません。走ることに真面目な馬に成長していって欲しいです。