焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

煩くならないように着用したリップチェーンが効果的。無駄なスタミナを消費せずにレースへ向かうことが出来た。好位追走から直線では渋太い伸びで前を追い掛ける。一瞬、交わせるかなと思うも、ソラを使っていた勝ち馬が外へ膨らんできた時に併せ馬の形になってひと伸びされてしまう。それでも3着馬には3馬身差。次走で初勝利を掴み取って欲しい。☆イルデレーヴ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

火曜中京2R 3歳未勝利(ダ1200m)2着(3番人気) 岩田望J

大外16番枠から互角のスタートを決めると、そのまま好位5番手を追走します。最後の直線で追われると上がり3ハロン最速37秒2の脚で伸びますが、僅かの差で捉え切れず惜しくも2着でゴールしています。

池添学調教師「今回は煩くならないよう、念のためにリップチェーンを着けてみましたが、競馬場に到着してから返し馬を終えるところまで、とても落ち着いていました。発走前に確認のため先にゲートへ入れてすぐ出しました。それが良かったのか、ゲートインしてからは煩いところを見せることはなく、互角に出てくれました。道中も無理せず良いポジションでレースが出来ていましたし、前走と比較すると左回りコースの方がスムーズに立ち回っていましたね。最後の直線ではまとめて差し切ってくれそうな雰囲気でしたが、ジャスパーゴールドに並んだところで、もう一度脚を使われてしまいました。レース後、岩田望来騎手に聞いたところ『ゲートの中では大人しくしていましたし、出てからもムキになることはありませんでした。最後の直線では良い脚で伸びてくれたので、まとめて捕らえてくれると思いましたが、ジャスパーゴールドがソラを使って外側へ膨れてきたところで併せる形になってしまい、そこでもう一度脚を使われてしまいました』と話していました。2着に敗れはしたものの、これまでの中では一番良い内容だったと思いますし、同じような雰囲気で臨めばすぐ出番があるはずです。この後は馬の様子を確かめてからになりますが、同じ雰囲気のままならそのまま続戦させたい気持ちがあります」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

能力から言えば、未勝利はアッサリ勝っていい、スピードを秘めているイルデレーヴ。ただ、心身の幼さがなかなか抜けてこず、レースへ行くと、どうしても力んだりして気持ちが先走ってしまいます。また、テンションが高いので、レース前に無駄なスタミナを消費。力はあるのですが、どうもうまく噛み合いません。今回もまずはどういう雰囲気でパドックに出てきているか注目しました。

プラス4キロでの出走となりましたが、馬体には太め感はなかったですが、この時期なので毛ヅヤは一息。煩くならないようにリップチェーンという馬具を着用。少し元気がないのかなと心配するほど、無駄な動き・テンションが上がるということはなかったです。ただ、この雰囲気がレースへ好結果をもたらすかどうかは正直分かりませんでした。

今回、大外枠だったことで枠入りは最後。そのおかげで互角以上のゲート出+二の脚で内の馬の動向を見ながら先行する余裕はありました。道中は手綱をグッと抱えての追走とはいかなかったですが、軽く促す程度で好位を追走。ひとまず上手に流れに乗れていたと思います。そして4角手前から仕掛けていって、最後の直線へ。

前2頭が少し抜けていて、イルデレーヴの手応え・反応がそこまで良くなかったことから、直線は追いかけていって脚が上がってしまうかなあと見ていましたが、岩田望Jはイルデレーヴを遊ばせないようにハミを掛け直したりしながら手綱をプッシュ。内・外へモタれそうなところは鞭を入れて矯正と大変だったと思いますが、坂を駆け上がると前を急追。一瞬、まとめて面倒を見れるかなと力が入ったのですが、並び掛けていくと、ソラを使っていたジャスパーゴールドが再加速。少し外へ膨らんできた時に手前が替わってしまい、もう一押しが利きませんでした。それでも3着馬には3馬身差。今回の走り・レース内容はもう信頼して良いでしょう。

今後はもう少しの間、状態を見極めて、続戦するか放牧に出すかを決める予定も。ひとまず続戦が有力なようですが、テンションの高さが気になるようなら、短期で良いので放牧に出して欲しいです。折角、1勝が目の前というところまで来たので、万全を期して次走で1勝を掴み取って欲しいです。