焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

4角を回る際、楽な感じで先頭に並び掛けた時は勝利を意識したも、いざ追われてからが案外。モタモタして手前を替えるのが遅れてしまい、4着を死守するのがやっと。そんな中、2戦連続でスタートを決めた(好発)ことは収穫。★イルデレーヴ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

土曜中京2R 3歳未勝利(ダ1200m)5着(1番人気) 岩田望J

好スタートから4番手で流れに乗っていきます。3~4コーナーで先頭に並び掛け、最後の直線で追われますが、上位馬を捉え切るところまで行かず4着でゴールしています。

池添学調教師「ゲート内は大人しく駐立していましたし、スタートも決まったので、このメンバーなら普通に押し切ってくれると思っていましたが、前走と比較すると終始伸びたフォームで走っていましたね。レース後、岩田望来騎手にどうだったのか確認したところ、『前走と比べると返し馬では少しテンションが高く、力みが強かったです。ゲート内では落ち着いて駐立出来ていましたし、スタートの反応も良かったので、ペプチドハオーを見ながら2番手で流れに乗って行こうと思いましたが、他にも主張していこうとする馬がいたので、最後に脚が甘くならないよう無理せず流れに乗って行きました。前走は良いところで抱えられていましたが、今回は終始伸びたフォームでしたので、外を走って砂を被らなかったことで、逆に脚を溜め切れなかったのかもしれません』と話していました。改めてパトロールビデオを見ると、最後の直線もゴール手前でやっと手前を替えていたぐらいですから、それだけ脚が溜まっていなかった証拠だと思います。本格化すれば今回のような形でも押し切ってくれるようになると思いますが、しっかりするまで前に馬を置いて上手く抱えて脚を溜めるような競馬をさせる方が良いのかもしれません。断然の人気を裏切る形になってしまい申し訳ございませんでしたが、上手に競馬が出来れば前走のように速い時計にも対応してくれるので、今回の反省を次走に活かせられるよう努めていきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでの疲れを取る為に放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:26日に滋賀県・NFしがらきへ放牧

池添学師「レース後も大きなダメージはなく体調も問題ありませんでしたが、続けてレースを使ったこともありますので、26日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました。普段の調教では良いところで抱えられるようになってきましたが、前走のように気分よく走らせると脚を溜め切れないので、その辺りはもう少し成長を促してあげないといけませんね。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら考えていきたいと思います」(1/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の走りが再現できれば、初勝利を手にする可能性が高いと見ていたイルデレーヴ。ただ、今回は在厩調整での1戦で、レース前にテンションが高くなることが予想されましたし、心身に幼さから走り自体の安定感に欠き、前走の走りを再現することは簡単ではないことも重々承知していました。

まずはパドックの姿・雰囲気に注目していましたが、多少ピリッとした面は窺えましたが、周回中に頭を上げたり、暴れたりするような面はなし。今回もリップチェーンを着用した効果はあったと思います。

レースでの注目点ですが、まずはスタート。前走では互角のスタートを切ることが出来ましたが、今回引き当てたのが奇数枠。イライラして出遅れてしまうことが頭を過りましたが、ややフライング気味のスタートで前走以上の好発。二の脚も上々。ハナにも行けそうなくらいだったのでちょっと驚きました。

その後は前へ行きたい馬たちを先にやって、道中は4~5番手の外目での追走。多少行きたがる面はあったでしょうが、見た目には折り合っているように見えましたし、勝負どころからジワっとギアを上げていって3番手で直線へ。手応えも十分残っていたので、これは必勝態勢だなと正直思っていました。そして直線でGOサインが出てイルデレーヴは鞍上の合図にスッと反応はしてくれたのですが、そこから思うように脚を伸ばすことが出来ず。前回はしっかり替えていた手前を今回はゴール前まででやっと替えてくれましたが、その時には勝負あり。岩田望Jは深追いせずに好位から良い感じに進めてくれていたと思うのですが、実際には脚が溜まり切らずでした。

終わってみれば、イルデレーヴが先着を許した3頭は前走で1400mを使っていた馬ばかり。1ハロン短縮でスピードが生きたんでしょう。ただ、単純な比較ですが、勝ち時計が1分13秒2ですから、前走と同じくらい走れていれば…。在厩調整で追い切りは直前の1本。好走した前走の疲れ・ダメージが抜け切っていなかったのかな?

まあ、4着に終わったのは残念ですが、2戦連続で好スタートを切ることが出来たのは収穫。より安定感は出てきただけに、あとは道中で溜めを利かせ、直線でしっかり伸び切れるかどうかだけ。リフレッシュが叶った次走ではきっちり初勝利を掴み取って欲しいです。