焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

【近況】CWコースでの追い切りで大失速。先週末のデビューは見送られ、年内デビュー自体もなくなりました。

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日にCWコースで時計

藤原英師「脚元に疲れが出ないよう、坂路主体に時計を出していましたが、この馬なりに動けるようになってきたことから、16日の追い切りはCWコースで長めから時計を出しました。先行し、2歳未勝利馬と併せましたが、15-15ぐらいのペースがやっとで、もうひとつ動けなかったですね。長めから時計を出したのが1本目とはいえ、ここまで動けないとさすがにもう少し時間を掛けないといけません。気持ちもまだ走る方に向いていないので、ブリンカーなど着けて少しでも前向きさを引き出して、気持ちと走りが伴ってくるように色々考えていきたいと思います。具体的な番組はもう少し追い切りの動きを確かめながら考えていきますが、年明け以降になるかなと思っています」(12/17近況)

助 手 16CW良 88.8- 73.1- 59.2- 45.3- 16.4 一杯追バテ ベルヴォーグ(二未勝)一杯の外0.4秒先行3.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路ではマズマズの時計を出していたヒーズオールザット。乗り込み量自体は豊富なので、追い切り次第では先週末のデビューを視野に入れていましたが、16日のCWでの追い切りはラスト1ハロン16秒4とビックリするような失速を披露。単純に体力不足だでなく、気の悪さが影響しているのかなあ? 半兄ヴェルテックスは芝のデビュー戦で大凡走しているように同じような陰がチラつきます。

16日の追い切りによって先週末のデビューは見送られ、年内のデビューまでなくなってしまいました。今は時間を掛けつつ、少しでも目覚めてくれるように取り組んでいくしかありませんが、なかなか道は険しいです。