焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(関西3歳男馬・トレセン調整組)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計
・次走予定:4月17日の阪神・アーリントンC(G3)・福永J

音無師「7日に坂路で追い切りました。追走し、途中から3歳未勝利馬に併せて行ったところ、前の馬が思いのほか進んで行かずに、結果的に想定していたより全体の時計が遅くなってしまいました。ただ、先週より仕掛けてからの反応・動きともに良くなっていますし、本数を積み重ねていくにつれてピリッとしてきましたよ。今回の追い切りで一段階上がってくると思いますし、来週の追い切りで態勢が整ってきそうです」(4/8近況)

助 手 7栗坂良 53.8- 39.6- 25.3- 12.4 一杯に追う シュトゥルーデル(三未勝)馬なりを0.2秒追走アタマ先着

f:id:yakifish:20200513045835g:plain バラキエル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日に坂路コースで時計
・次走予定:4月24日の新潟・芝1800m

大久保師「去勢の効果が段々と表れてきているのか、前走時よりも動けるようになり、8日の追い切りでは時計の掛かる馬場でも堪えることもなく、最後まで良い手応えで駆け上がってくれました。依然トモの緩さはありながらも、この馬なりに良化が窺えますし、すべてにおいて今までにない手応えを感じます。あとはこの馬に見合った条件を探してあげれば、最後までしっかり走ってくれるでしょうから、良い状態に仕上げていければと思っています。前走は緩い馬場が堪えたとは言え、距離が長く感じましたので、このまま順調に仕上がるようなら、4月24日の新潟・芝1800mに臨みたいと考えています」(4/8近況)

助 手 8栗坂良 53.5- 39.5- 25.6- 12.8 一杯に追う サンデーウィザード(古オープン)馬なりに0.5秒先行同入

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日にCWコースで時計

藤原英師「帰厩後も問題なかったことから、3日から乗り運動を開始しています。去勢したことで、以前のように幼いところを見せることもなく、真面目に調教に取り組めるようになっていますね。確認の為に角馬場でじっくり時間を掛けて基礎から立ち上げていますが、こちらの指示にも従順でここまで問題なく進められています。8日にCWコースで併せてさっと流すように時計を出してみましたが、この馬なりに集中していましたので、この感じで徐々に負荷を強めていければと思います。具体的な番組につきましては、もう少し時間を掛けさせていただいてから検討していきたいと考えています」(4/8近況)

助  手  8CW良 88.5- 72.0- 56.6- 41.7- 13.0 馬なり余力 コラルノクターン古馬3勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週のアーリントンCへ向け、調教&追い切りを重ねているピクシーナイト。1週前追い切りにあたる8日の追い切りは坂路での併せ馬。先導してくれた馬の進み具合が悪く、全体時計は遅くなってしまいましたが、ラスト2ハロンは12秒9-12秒4と加速出来ているのは良かったです。気持ちの面でも良い意味でのピリッと感が出てくれれば。来週は単走でも良いので、テンからビシッとやってもらいたいです。

バラキエルは帰厩後、なかなか意欲的に追い切りに取り組んでいる様子。トモの緩さは相変わらずの課題ですが、その一方で馬自体は丈夫さを増しています。8日の追い切りは格上に胸を借りることなりましたが、この馬とすれば上々の時計をマーク。今回の放牧を経て、少し変わってきているのは実感できます。ただ、急に脚が速くなる訳でもないので…。次走は24日の新潟・芝1800mを予定。本当はもう1ハロン短い方が良い気はしますが、新潟の外回りなら緩い流れでスタミナはそこまで求められない筈。次走では追ってからグッと反応する姿・1つギアが上がる姿を実戦で見せて欲しいです。

ヒーズオールザットは去勢してから初のトレセン。幼い面が徐々に薄れてきて、日々の調教には真面目に取り組んでいる様子。8日に帰厩後の初時計をマークしていますが、こちらは最後まで無理せずに同入。感覚が悪くなさそう。ただ、ガラッと変わってくる可能性は少ないように思うので、藤原英厩舎の厩舎力でまずは走りの基礎を身につけていってもらいたいです。