焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

シルクなお馬さん(2歳牡馬・トレセン組)

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に南Wコースで時計
・次走予定:12月20日阪神・朝日杯FS(G1)・武豊

手塚師「9日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭併せで年長馬2頭に胸を借りる形でしたが、最後はしっかりと先着してゴールしています。終いは少し強めに追う形になりましたが、ラスト1ハロンで12.2秒を計時できているように、スッと反応して良い瞬発力を見せてくれましたし、動きは良かったですね。ただ、追い切り後にゲートの確認に行ったところ、中でかなりガタガタして以前よりも駐立が悪くなってしまっている印象です。人がゲート内にいる時にはまだ大人しくしているのですが、人が出て行くと潜るような仕草を見せてしまっています。追い切り後でもガタガタ出来るくらい馬に余裕が出て来て、そういった意味では体力が付いてしっかりしてきているのかもしれませんが、そうは言ってもこのまま競馬に向かっていくことは出来ませんし、今後もしっかりと練習を積んで改善を図っていきたいと考えています」(12/10近況)

助 手 6美坂稍 60.0- 42.6- 27.7- 13.8 馬なり余力
助 手 9南W良 69.7- 53.8- 39.6- 12.2 強めに追う ライル(古馬2勝)馬なりの内1.0秒追走0.2秒先着

 f:id:yakifish:20200513045835g:plain ヒーズオールザット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで時計

藤原英師「体は引き締まってメリハリが出てきましたが、まだ中身が伴っていないところがあるので、こことレースは決めずに進めています。ただ、9日の追い切りではラスト1ハロン12.6秒で上がってきているように、仕掛けてからの反応・動きが良くなってきました。古馬相手に遅れはしたものの、最後まで食らいつく根性を見せてくれましたし、もう少し時間を掛けてあげれば更に良くなってきそうです。今開催中にはデビューさせたい気持ちがありますが、焦って中途半端な状態で使いたくはないので、あくまで馬の状態に合わせて進めていきたいと思います」(12/10近況)

助 手 6CW良 73.0- 56.3- 40.9- 13.4 馬なり余力
助 手 9栗坂良 54.1- 39.2- 25.4- 12.6 一杯に追う ディープサドラーズ(古馬1勝)一杯に0.4秒先行0.2秒遅れ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ピクシーナイト

・在厩場所:栗東トレセン/11日に滋賀県ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習

音無師「9日までゲートで縛っていましたが、回数を重ねて行くにつれて大人しくなり、今週は素直に駐立していました。10日は縛らずにゲート練習したところ、スムーズに行うことが出来たのでもう心配ないでしょう。大きな怪我をすることもなくスムーズに行えましたが、精神的にはきつかったと思うので、これまでの疲れを取る為に放牧へ出して心身ともにリフレッシュさせます」(12/10近況)

⇒⇒11日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(11日・最新情報より)

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ロコポルティ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日に坂路コースで時計
・次走予定:12月20日阪神・ダ1400m(北村友J)

西園師「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めの調整でコンディションを整えていましたが、その後も問題なく進められていましたので、9日に坂路で時計を出しました。先行し、途中から古馬1勝クラスの馬と併せましたが、相手のペースには合わせずこの馬なりに脚を伸ばして行ったので、遅れは気にしなくて良いですよ。仕掛けてからの反応は良く、ゴールした後も余力が残っていましたし、やり過ぎず良い調整が出来たと思います。使った上積みは感じられますし、次はもっと良い走りを見せてくれると思いますので、来週の競馬に備えてこの調子で進めていきます」(12/10近況)

助 手 9栗坂良 54.9- 39.8- 26.1- 13.4 叩き一杯 メイショウドヒョウ(古馬1勝)末一杯に1.2秒先行0.8秒遅れ
助 手 13栗坂良 57.0- 40.9- 26.2- 13.2 馬なり余力

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ今週末にG1に挑戦することになるドゥラモンド。1週前追い切りの映像を見ましたが、相変わらず華奢な馬体ですが、走りは父らしい荒々しさが出てきた感じ。脚捌きはなかなかシャープで切れ味を秘めています。ただ、ゲートに関しては、前走以上に悪化している感じなので、出遅れは想定しておかないとダメでしょうねえ。まあ、今回のG1出走は挑戦という気持ちが強いので、現状でどこまでやれるかをしっかり見ておきたいです。そして結果を受けて、修正・改善に努めていってもらえればと思います。個人的には気楽な気持ちです。

NFしがらきから入厩するのもかなり時間を要したヒーズオールザットですが、入厩してからデビューまでの道のりも長くなっています。馬体が徐々に引き締まり、動けるようになってきているようですが、坂路での時計はやや平凡。加減することなくビシビシ鍛えらえれているのは悪くないですが。これ以上、時計が詰まらなければ、1度実戦を経験させた方がベターに思います。

ピクシーナイトは引き続き大人しく駐立できるように取り組んできましたが、縛り付ける回数の増加と共にさすがに観念してくれた様子。10日のゲート練習では駐立の安定⇒五分の発進と進歩が窺えました。まあ、今後も定期的にゲートを確認する必要はあるでしょうが、前走以上に酷くなることはないのかなと見ています。そしてゲートにメドの立ったピクシーナイトは11日にNFしがらきへ放牧に出ています。まずは心身のリフレッシュに努めてもらえればと思います。

ロコポルティは前走で順当勝ちを想像していたのですが、早めに外から被せられ、気持ちの弱さが出てしまった感じ。また、前走で先着を許した馬は結構力のある馬ばかりなので、そこまで悲観はしていません。タフな流れになると1800mは長かったんでしょう。今週末の3戦目はダ1400mを予定。芝スタートが1つ鍵になってくるでしょうが、持ち前のスピードに逆らわないように乗ってもらえればと思います。9日の追い切りがさすがに平凡過ぎるのが悩ましいのですが…。