焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

内田博Jとコンビで来月12日の中山・芝1600mでのデビューを予定しています。☆ルージュセリーズ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ルージュセリーズ(牝・手塚)父ロードカナロアフィロンルージュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Wコースで時計
・次走予定:12月12日の中山・芝1600m(内田博J)

手塚師「23日に坂路コースでサッと時計を出しましたが、その後も問題はなかったため、26日に南Wコースで追い切りを行いました。初めてのWコースでの追い切りだったので、70-40くらいとそれほど速くはないものの、1勝クラスの馬相手にしっかりと同入できましたし、動き自体もまずまずでしたね。上がって来た時の息の感じにはもう少し良化の余地を残していそうですが、今日の感じからするとあと2週ほどあれば態勢は整ってきそうなので、中山2週目の芝1600m戦を目標にしたいと思います。なお、鞍上は内田博騎手に依頼しています」(11/26近況)

助 手 23美坂良 59.7- 43.4- 28.2- 13.9 馬なり余力
助 手 26南W稍 70.6- 54.8- 40.0- 13.3 馬なり余力 グラスディアブロ古馬1勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

19日の坂路での追い切りで軽快な動きを見せていたルージュセリーズ。週末は坂路でサラッと伸ばし、26日の追い切りでは初めてWコースでの追い切りを経験。70-40のペースで末を伸ばした程度ですが、少しモタモタした印象。遅れはしませんでしたが、物足りなさも。初めてのことで戸惑いがあったのかもしれませんし、まだまだ体力不足な面が否めません。まあ、色々と経験をさせてもらいながら、力を付けていくしかありません。

また、今回の更新でデビュー予定が示され、来月12日の中山・芝1600mへ内田博Jとのコンビで向かいます。距離&芝のスピード決着に不安を覚える現状ですが、これから追い切りを重ねていく中で、その不安が幾らかでも払拭されていって欲しいです。

ダートの短いところが合っている印象ですが、デビュー戦の走り次第では今後の選択肢が広がってくると思うので、良い意味で予想を覆す走り・結果を示して欲しいです。