焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

使い詰めで春競馬を戦った為、立て直すのに時間を要してしまったも、良かった頃の姿にだいぶ近づいてきた。ただ、1度使った方がピリッとして動けるタイプ。特別戦でそれなりに相手が揃って楽な1戦にはならないので、今回は地力に期待したい。☆ロードベイリーフ


f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードベイリーフ(牡・森田)父ヴァンセンヌ 母ショウナンアオバ

11月7日(土)福島10R・飯坂温泉特別・混合・芝1200mに菱田Jで出走します。11月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.5-39.1-25.7-12.8 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手に首先着。追い切りの短評は「実戦で変わる馬」でした。発走は14時50分です。

○森田調教師 「11月4日(水)はビシッと。動きは良かったですよ。これで態勢は整った印象。今週の特別戦へ行こうと思います。強い相手と戦って来ており、ここでは恐らく上位の存在。久々が如何に影響を及ぼすか・・・。そこがポイントかも知れませんね」

≪調教時計≫
20.11.04 助手 栗東坂良1回 53.5 39.1 25.7 12.8 強目に追う カフジヴィオレッタ(2歳未勝利)一杯に首先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回福島3日目(11月07日)
10R 飯坂温泉特別
芝1200メートル 3歳上1勝クラス 混合 定量 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロードベイリーフ 牡3 56.0 菱田裕二
2 2 レインボービーム 牡3 56.0 荻野極
3 3 ロークアルルージュ 牡4 57.0 松岡正海
4 4 ナタラディーヴァ 牝4 55.0 西村淳也
4 5 スズカクローカス 牝4 55.0 亀田温心
5 6 カーフライターク 牡3 56.0 吉田隼人
5 7 ヴァルドワーズ 牝4 55.0 柴田大知
6 8 モエレコネクター 牡4 57.0 丸田恭介
6 9 スースー 牝4 55.0 石川裕紀人
7 10 オルダージュ 牡4 57.0 菅原明良
7 11 メイショウラバンド 牝9 55.0 富田暁
8 12 ブルベアオーロ 牡4 57.0 鮫島克駿
8 13 トミケンルーア セ4 57.0 川又賢治

○森田師 「放牧に出ていたし、少し気合面で物足りない感じがするのがどうかな。使ってピリッとしてからかもしれないけど、力はあるし、この条件は合っているからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイル戦で未勝利を勝ち上がったことが、その後の1勝クラスでのモタ付きに繋がったロードベイリーフ。その後、未勝利の走りを見つめ直して距離短縮に舵を切ると4着→2着と好走。特に前走は初めてのスプリント戦+重馬場で追走に余裕はなかったですが、直線で馬場の良いところまで持ち出すと、これまで詰めの甘かったベイリーフとは思えない末脚を披露。勝ち馬には完敗も、最後までしっかりした脚色で2着に突っ込んできた姿に適性の高さを感じました。1200mならまだまだ上を目指せそう。

その後は使い詰めで来ていた春競馬の疲れを癒す為に千葉・ケイアイファームへ放牧。移動してきた当初は疲れが目立ち、特にトモはクタクタ。気持ちが萎えないようにまずは消炎剤などでケアを優先。それによってトモの状態は良くなりましたが、千葉での調整ではもう1つ気持ちが乗らずに動きが一息。そこで森田師は気分一新を図る意味で千葉から淡路島のヒイラギステーブルへ移動。長い坂路でトモの強化に努めてきました。そして併せ馬を多く取り入れたことで前進気勢も徐々に出てきて、帰厩直前では自分からグイグイ走れるように。秋競馬での復帰予定が少し遅れてしまいましたが、ようやく良い頃の姿に近づいてきたかなと思います。

10月23日に栗東・森田厩舎へ戻ってきたベイリーフは芝1200mに照準を合わせる為、出走の場を福島に求めることに。そして強気に特別戦のここへ使ってきました。

帰厩後の追い切りですが、相変わらず地味な感じですが、ひと追い毎に良化。4日の追い切りはこの馬とすれば動いた方ですし、仕上がりは及第点。ただ、1度使った方がピリッとして力を出せるタイプかなと思います。今回は地力に期待したいです。

相手関係に目を遣ると13頭と頭数が少し落ち着いたのは好材料ですが、特別戦に使ってくる馬なのでこのクラスでは地力上位の馬がズラッと。相手は揃ってしまったと思います。最内枠は多少気になりますが、五分のスタートが切れれば、開幕週なので利点はありそう。この距離2戦目で行きっぷりが良くなってくれれば良いのですが…。

勝ち切れるかとなると『うーん』と悩ましいところですが、この頭数なら大崩れはして欲しくありません。菱田Jにはこの枠を生かし、ソツなく立ち回ってきて欲しいです。そして前走のように直線でひと押し・ひと伸びする姿を見せて欲しいです。