焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

スタート後、かなり行きたがってしまうも、内枠の馬が先手を主張してくれたことで前に壁を作れたのがラッキー。抜群の手応えで直線を向き、進路が出来てからは一気の伸び。瞬く間に4馬身差をつける圧勝。道悪を苦にしませんでした。☆カラパタール

f:id:yakifish:20200513045835g:plain カラパタール(牝・池上)父カレンブラックヒル 母ロッシェノワール

土曜東京3R 2歳未勝利(芝1400m)優勝(2番人気) 津村J

不良馬場。まずまずのスタートからダッシュを利かせて、好位を追走します。残り150m付近で先頭に立ち、その後も楽々と後続を突き放すと、最後は4馬身差をつけ初勝利を挙げています。

池上昌和調教師「おめでとうございました。前走の内容からも能力があるのは確かでしたので、2戦目でしっかり結果を残すことが出来て良かったです。今日はマイナス14キロでの出走となり、思ったよりも減ったなと言う感じでした。ただ、決してパドックでも細くは見せませんでしたし、中間の飼い葉食いも悪くなかったですから、この走りを見るとこれくらいで良いのかもしれません。この馬の良いところは適度に前向きさがありつつ、無駄なことをしないことですね。デビュー戦では速いペースで逃げる形でしたから、さすがに2戦目で真面目過ぎるところはありましたが、返し馬やゲート内でも悪さをしませんし、この悪天候で下が柔らかい中でも気難しさを見せないですからね。良い気性の持ち主だと思います。騎乗した津村騎手は『気が入っていた部分は多少ありましたが、馬の後ろにつけるとすぐに収まってくれました。この馬場でも臆することなく、直線に入ってからはとても良い脚を使いましたし、今日は完勝と言って良いでしょう。ただ、開幕週の不良馬場はこなせましたが、開幕が進んでの不良馬場ですとさすがに脚を取られそうな印象を受けました。距離に関しては、馬の後ろで我慢させることが出来るので、少なくともマイルは持つと思います。トモには緩さを感じますから本格的に良くなってくるのはもう少し先でしょうし、芯が入ってきた時が非常に楽しみです』とコメントされていました。馬場が悪い中でこのパフォーマンスを見せてくれましたから、トレセンに戻って脚元を中心に良く確認した上で、今後のことを決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体は絞れたもの。スタート直後は行きたがっていたが、4番手のインに収まって折り合いに専念。初戦はハイペースで逃げたものの、今日はいいポジションで脚が溜まっていた。直線で1枠2頭の間を割ると、弾けるように突き抜けて4馬身差の圧勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/15日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

池上師「先週はおめでとうございました。不良馬場での競馬でしたし、どれくらいレースのダメージが出るか心配でしたが、脚元を含めて大きな問題は見られません。精神的にも競馬前と比べて変にテンションが上がってしまっているような感じはありませんが、しっかりと結果を残してくれましたし、一旦放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。まずは競馬の疲れを取ってもらってから、今後について相談させていただければと考えています」(10/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦同様に好発を決めたカラパタールですが、前走で気分良く行かせたことによる影響で今回もかなり行きたがってしまいましたが、内枠で行きたい馬がいたことが功を奏し、それらを上手に壁にして進めることが出来たのはラッキー。そこで収まりがつくと、4角手前では手応え上々。変に仕掛けることなく4角を回って直線を向いた時は好勝負できるなあと思いました。

ただ、直線を向いてからしばらくは進路が出来ずにじっと我慢。残り300mぐらいでM.デムーロJのニンジーゴーの脚色が鈍り出すと若干外へモタれる素振り。それにより進路が出来たカラパタールと津村Jは少し外へ持ち出して進出開始。直線の坂を駆け上がり、残り200mあたりで逃げていたエコロテッチャン(2着馬)に並び掛けると、そこからは一気の伸びを披露。瞬く間に後続に差をつけて4馬身差の完勝となりました。

道悪で下を気にすることで折り合いが付きやすくなるのかなと想像していましたが、それ以上に道悪の適性を秘めていた様子。脚がしっかり溜まっていたとはいえ、あの伸びは尋常ではありません。

また、2戦目の今回はマイナス14キロでの出走。馬体が絞れたものと言えますが、ちょっとお腹回りは寂しくなっていた気がします。まあまあ許容範囲なのかな?

レース後のカラパタールですが、余勢をかって31日の東京・アルテミスSへの挑戦もあるかなと見ていましたが、馬体面+精神面で気になるところはないものの、先々を見据える形で15日にNF天栄へ放牧予定です。まずはリラックスさせ、馬体を早めに戻してもらえればと思います。

2戦目で未勝利突破のメドが立てれば良いのかなと見ていたので、ここまでガラッと変わってきてくれたのは正直ビックリ。改めて良いスピードを持っているなあと思いました。ゆくゆくは1200mが合いそうなタイプ。道悪を苦にしないので見た目以上にパワーの持ち主。ダートでもやれるかもしれません。息の長い活躍を期待したいです。