焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

詰めの甘さを溜めを利かせた走りで対応しようとするも、前へ行って粘り込む単調な走りしかできないこの馬には却ってリズムを乱すことに。結果論ですが、二の脚の速さを生かせるもっと短い距離の方が可能性があったかも。直線で外から交わされると抵抗する脚は残っておらず9着に敗れる。協議の結果、JRAの競走馬登録を抹消することになりました。★ベルラガッツォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルラガッツォ(セ・稲垣)父オルフェーヴルベッラレイア

土曜札幌3R 3歳未勝利(ダ1700m)9着(5番人気) 池添J

引き続きブリンカー着用。五分のスタートから促して外目の3番手を追走します。4コーナーでは2番手に上がるも、直線半ばで脚が上がってしまい、9着で終えています。

稲垣師「池添騎手からは『前走はハナに行って終いが甘くなったので、今回は少し脚を溜める競馬をしてみたい』と言われていました。ですから、今回は内の行きたい馬を行かせて好位で控える競馬だったのですが、ワンペースな部分があって、他馬が動いたタイミングで反応出来ませんでしたね。レース後のジョッキーのコメントは『自分の思っていた競馬をすることは出来ましたが、やはり直線に入ってから甘くなってしまいました。もう少し距離が短い方が良いのでしょうか』との事でした。結果論にはなりますが、前走のように自分のペースで逃げていた方が持ち味は活きたのかもしれないですね。ただ、今日の流れで逃げていたとしても勝ち切るところまでは厳しかったと思います。レース直後は馬体に問題はありませんでしたが、馬房に戻ってから軽い鼻出血の症状がありました。もしかすると、レース中に肺で炎症が起きてしまっていたのかもしれません。こちらへ転厩していただいてから3戦しましたが、良い結果を残すことが出来ずに申し訳ございませんでした」(レース結果)

これまでの競走内容を踏まえ、今後について協議した結果、誠に残念ではありますが、このまま引退させることといたします。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、20日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

⇒⇒19日に競走馬登録抹消の手続きが取られています。(19日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここぞという時に強い池添Jが連続騎乗。形勢逆転の1発を期待したベルラガッツォでしたが、外枠を引き当てたことで詰めの甘い分を溜めを利かせた競馬を敢行。

五分のスタートからサッと外目の2番手をキープ。控える競馬でもムキにならずに走ることが出来ていたと思います。ただ、3角すぎの勝負どころからのペースアップに対して、やや追っ付けながらの追走へ。楽な手応えで先頭へ並び掛けていくイメージとは違い出して…。余裕がなくなったベルラガッツオは何とか2番手で最後の直線を向きましたが、脚色は早くも一杯になり、外から交わされてしまうと抵抗することは出来ずにジリジリ下がってしまいました。そして結果は9着で…。

詰めの甘さを補う為に溜めを利かせるのは正解だと思いますが、ワンペースの走りで器用さに欠くベルラガッツォは前へ行って粘り込むという単調な走りしか出来ず。逆にリズムを乱してしまったかなと思います。また、脚抜きの良い馬場で走破時計が速くなったのマイナスに働いたと思います。結果論ですが、前へ行って粘り込むしか出来ない馬なので、二の脚の速さを生かせるダ1000mの方が勝つ可能性は高かったかもしれません。

レース後、軽い鼻出血の症状があったとのこと。万全の体調とは言えない中、よく頑張ってくれました。

ダメ元で出資したらギリギリ実績が足りて出資することが出来たベルラガッツォ。華のある血統ですし、育成時の調教動画は良い感じに見え、非常に期待の大きい馬だったのですが、実際はトモがパンとせず、ワンペースの走り。真面目な気性だと思っていたのですが、父オルフェーヴルの気難しさを徐々に出してきてしまいました。今後はサラブレットオークションを経て、新たな馬主さん・牧場関係者にお世話になることになりますが、少しでも次の馬生が良いものになることを今は願うばかりです。お疲れ様でした。