焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

デビュー戦の鞍上がD.レーンJに決まりました。☆ドゥラモンド

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ドゥラモンド(牡・手塚)父ドゥラメンテ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Wコースで時計
・次走予定:7月11日の福島・芝1800m(D.レーンJ)

手塚師「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドゥラモンドが追走して行き、直線では内に入れて脚を伸ばして、最後は同入しています。時計的には先週よりも遅くなりましたが、調教を手伝ってもらった裕紀人(石川裕紀人騎手)の感触は良かったですし、見ていてもキビキビとしたフットワークで走れていて良い動きだったと感じました。馬体はまだ華奢な印象ですが、後々しっかりしてくるでしょうから、現時点では特に気にしていません。脚元は丈夫ですし、このままあと2週しっかりと乗り込んでいきたいですね。デビュー戦の鞍上はD.レーン騎手に依頼しています」(6/25近況)

助 手 21美坂稍 59.7- 44.0- 29.1- 14.2 馬なり余力
石川裕 24南W稍 71.1- 55.6- 40.3- 12.8 馬なり余力 ムスコローソ(古馬3勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 28美坂重 55.9- 41.3- 26.9- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月11日の福島・芝1800mでのデビューへ追い切りを重ねているドゥラモンド。カイ食いが一息なので、24日の追い切りは控え目な内容になりましたが、動きは変わらず良好。石川Jの跨った感触も良かったようですし、手塚調教師もそれなりに評価してくれているのは嬉しいです。

ただ、父ドゥラメンテ産駒はアスコルティが勝って以降、苦戦が続いています。少し父の気難しさが悪い影響を及ぼしているのかな? その点、ドゥラモンドは大人しくて真面目なタイプ。真面目な分、行きたがる面が出てくるかと思いますが、そこは前に壁を作ったりして我慢させ、脚を溜めることが出来るように反復練習に努めてもらいたいです。

また、発表されていなかったデビュー戦の鞍上はD.レーンJを予定しているとのこと。今週か来週の追い切りに1度跨ってもらい、感触を掴んでおいてもらいたいです。