焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

1角の不利で外へ大きく弾かれたのが痛すぎましたが、ソツなく立ち回っても勝ち負けの争いに加われたとは思えず。集中力が続かないので、距離は一気に縮めた方が良さそう。★ベルラガッツォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルラガッツォ(セ・稲垣)父オルフェーヴルベッラレイア

土曜東京3R 3歳未勝利(ダ2100m)12着(3番人気) 戸崎J

外枠からまずまずのスタートを切るも、1コーナーで大きく外に振られる不利を受けます。直線に入ってからも反応は無く、転厩初戦は12着でゴールしています。

稲垣調教師「前走から18キロ増えての出走になりましたがこれは想定内でしたし、それに調教でまずまず動けていましたから、あまりにもレースとのギャップがあって驚いているというのが正直なところです。騎乗した戸崎騎手は『決してバテているわけでは無く、集中力が切れてしまっていますね。何かしら馬具を着けてみるのも手だと思いますし、気持ちの面を考えると距離はもっと短い方が良いです』と話していただきました。1コーナーで外へ弾かれたことを考えてもさすがに負けすぎていますから、戸崎騎手のコメントを踏まえてのレースの分析、そしてトレセンに戻って馬体のチェックをしっかりと行っておきます。預けていただいたにも関わらず、申し訳ございませんでした。良い結果を出せるよう、今後も努めていきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

余裕残しの仕上がり。好スタートを切って先団を窺うも、1角で不利を受けてポジションが後退。直線はまったく脚を使うことが出来なかったが、今日は参考外でいいだろう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

稲垣師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、競馬の疲れとしてはそこまで酷いレベルではありませんし、トモに少しクタクタした印象はあるものの、追い切り後によく見られるくらいの感じです。飼い葉もしっかりと食べているように、全体的に大きなダメージはなさそうですね。この後は優先出走権を持っていないので何とも言えないところがありますし、想定の具合やもう少し状態面を確認させていただきながら、どうするか検討していきたいと思います」(6/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回のレースは1角でバイオレットモーヴが外へ逃避したことでベルラガッツォを含む3頭が不利を被りましたが、1番外のポジションだった同馬はかなり外まで弾かれてしまうことに。そこから徐々に立て直してレースへ参加しましたが、直線でひと伸びするような余力はなく、直線ではジリジリ後退して12着に敗れてしまいました。

ざっくり言うと、1角での不利が全てですが、個人的にはソツなく立ち回っても、勝ち負けの争いに加わることが出来たかとなると、正直怪しいと見ています。

転厩して丹念に追い切りを重ねてきましたが、馬体重は前走からプラス18キロの490キロ。短い距離を使うのならそれほど問題にならなかったかもしれませんが、見た目にお腹回りは立派でしたし、長距離仕様の馬体とは言えず。レースに関しては外枠を味方にスッとレースの流れに乗れていましたが、終始外々を回らされていましたし、これまでのレースぶりを踏まえると、ピリッとした脚は使えなかったと思います。

また、レース後の戸崎Jのコメントでは、【1】集中力が切れた【2】馬具の工夫が必要【3】距離はもっと短い方が良いとのこと。これは小倉で大敗したレース後に藤岡佑Jがコメントしていたのとほぼほぼ同じもの。手探りの調整だったと思いますが、情報の伝達が上手いっていれば…。

レース後のベルラガッツォですが、トモに少しクタッとした感じが窺えるも、続戦できるレベル。これは全力を出し切っていない証と言えるでしょう。ただ、優先権がない身なので、想定や回復具合を見て、一旦放牧を挟むかどうかを決定するようです。

今後は福島のダ1700mor新潟のダ1800mがターゲットになってくると思いますが、小回りの出入りが激しい競馬だと集中力が途切れそう。おそらく次走ではブリンカーを装着してくると思いますが、一気に距離を縮めて福島・ダ1150mor新潟・ダ1200mに使った方が可能性があるかも。スタートだけは上手なので、それを生かしての粘り込みが現状を打破する1番の策に思います。