焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

転厩緒戦の舞台は東京・ダ2100m。集中力に欠けるところがあるのでこの距離がどう出るかですが、追走が楽になる分には良さそう。掴み切れていないことが多いので、まずは未勝利突破にメドの立つ競馬を見せて欲しい。★ベルラガッツォ

f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルラガッツォ(セ・稲垣)父オルフェーヴルベッラレイア

土曜東京3R 3歳未勝利(ダ2100m)8枠15番 戸崎J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に坂路コースで時計

稲垣師「17日に坂路コースで追い切りを行いました。2週続けて南Wコースで長めからしっかりと負荷を掛けた調教を消化していますし、今週は単走で終いサッと脚を伸ばす程度に止めています。欲を言えば、スピードアップした際のシャープさが、もう一段階出て来てもらいたいところではありますが、こちらに来た当初に比べれば、この馬なりに体を使って走れるようにはなってきていますよ。調教後の息の戻りに問題はありませんし、体調面も良好です。今週のレースに向けて態勢は整っていますし、現状でどれだけの走りを見せてくれるのか楽しみにしています」 トレセンでの様子をよく確認しながら決めていきたいと思います」(6/17近況)

助 手 13美坂重 62.4- 46.0- 29.8- 14.6 馬なり余力
助 手 14美坂重 54.8- 40.4- 26.4- 12.6 馬なり余力
調教師 17美坂良 54.6- 39.5- 25.6- 12.0 強めに追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京5日目(06月20日
3R 3歳未勝利
ダ2100メートル 馬齢 発走11:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ミストラルウインド 牡3 54 木幡育也
1 2 リングアップ 牝3 52 藤田菜七子
2 3 トーセンワンダー 牡3 56 吉田豊
2 4 バイオレットモーヴ 牝3 54 木幡巧也
3 5 ブラックシャウト 牡3 56 北村宏司
3 6 シェイドオヴペイル 牡3 54 菅原明良
4 7 マイネルイリャルギ 牡3 56 D.レーン
4 8 ビジョ 牝3 54 武士沢友治
5 9 イントゥザスカイ 牡3 56 野中悠太郎
5 10 オルフェチョウサン 牡3 53 小林凌大
6 11 グッドリドゥンス 牡3 56 的場勇人
6 12 ジュンスターリッチ 牝3 54 柴田大知
7 13 トップリーチ 牡3 56 三浦皇成
7 14 リーヴスカーズ 牡3 56 内田博幸
8 15 ベルラガッツォ セ3 56 戸崎圭太
8 16 カナライズ 牡3 56 石川裕紀人

○稲垣師 「体質が弱くて硬さもあるが、血統馬らしく素質を感じる。ひと追い毎に良くなっているし、好レースして不思議ない」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の小倉戦は好発を決めて2番手から競馬を進めたベルラガッツォでしたが、小回りということで息を入れるところがなく、直線で一瞬伸びるも、すぐに苦しくなって後退。血統馬なので頑張ってもらいたいのですが、10着と大敗を喫してしまいました。

前走後はNFしがらきで立て直しを図られたのですが、心身共にダメージが大きく、丹念に乗り込んでも、なかなか体調が上がって来ず。時間が掛かるのは仕方ないと見ていましたが、気温の上昇と共に体調・状態がアップしてきた後も、厩舎から声が掛からず。有力馬を多数抱える厩舎なので気長に待っていたのですが、馬の入れ替えがスムーズにいかないということでまさかの転厩。デビュー後、即去勢手術を行うなど調教師の熱を感じただけにこの展開にはビックリしました。

そして新しい預託先となったのが美浦・稲垣厩舎。その後はすぐ美浦へ移動して4戦目に備えてきました。トモに弱さを抱えるのでビシビシとはやれていないも、丹念に本数を重ねることで息の入りとかは問題ないと思います。ただ、仕掛けた際に前と後ろの連動性に欠けているので、フットワークにバラ付きが生じる様子。こういう現状ではゴール前で甘さを覗かせるのは致し方ないです。

今回の舞台は東京・ダ2100m。血統的に距離が延びるのは問題ないでしょうが、大敗を喫した前走後に藤岡佑Jは「前半は頑張ってくれるも、後半は気持ちが切れてしまうタイプ。馬具の工夫と距離を短縮させた方が良い。パワーの要する乾いたダートの方が合っている」とコメントしてくれていました。それとは真逆のレース選択がどう出るか。

個人的には序盤から急かすのは良くないと見ているので、距離延長で追走が楽になるのはプラスかなと。序盤は出たなりでじっくり構えて、トモの嵌りが良くなってから馬群の外を捲っていく形でどういう競馬が出来るのかを見てみたいです。

このメンバーに入ると良血というだけで印が回ってきている感じ。転厩戦で探り探りの面もあるので、過度の期待は控え、再出発となるこのレースで何か次走以降に繋がる走りを残してもらえればと思います。