焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

内枠を利してハナへ行ったのは大正解。絡んでくる馬もなくマイペースで進めることが出来たので、4角を回る際は一瞬力が入るも、直線で手前を替え切れずに伸びを欠く。それでも4着に粘り込んで次走の優先権を確保したことは評価したい。★ベルラガッツォ


f:id:yakifish:20200513045835g:plain ベルラガッツォ(セ・稲垣)父オルフェーヴルベッラレイア

日曜函館2R 3歳未勝利(ダ1700m)4着(6番人気) 池添J

ブリンカー着用。まずまずのスタートから主張して行き、自らレースを先導して行きます。先頭のまま直線に向き、上位2頭には離されたものの、3着馬とはハナ差の4着に粘っています。

稲垣調教師「池添騎手には、積極的な競馬をして欲しいとリクエストしていましたし、レースの形としてはイメージ通りの感じで運ぶことが出来たと思います。ジョッキーは『向正面でも手前を替えずに、ずっと右手前のままで走っていましたね。ちゃんと手前を替えていれば、直線はもう少し頑張れていたと思います』と話していました。最後は脚が上がってしまっていましたし、さすがに勝つまではいかないものの、複勝圏内には粘れていたかもしれません。それでも、前走よりも前進したところが見られたのは良かったですし、この時期だけに優先出走権を確保できて、次に繋げることが出来たのはホッとしています。まずはレース後の状態をよく見てから、今後について考えていきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ブリンカー。発馬を決め、軽く気合をつけてハナへ。後続に2~3馬身のリードを取ってプレッシャーなく逃げていったが、手前が替わらず直線は止まった。3着とは僅差。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:軽めの調整

稲垣師「レース後は歩様がもう一つだったので心配していたのですが、獣医に詳しく診てもらっても特に問題は見られませんし、日毎に徐々に良化してきていますから、このまま次に向けて進めていきたいと思います。具体的な番組は馬体の回復具合を見ながら検討していきますが、少なくても中2週は間隔を取ってあげた方が良いでしょう。この後は札幌競馬場に移動させて調整していきます」(7/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の結果を受け、改めて前々で粘り込みを図る形が合っていそうなことが分かったベルラガッツォ。実戦で初めてブリンカーを装着し、内目の枠を引き当てたので、ハナを主張して欲しいなあと見ていました。

また、この中間、美浦から函館への輸送があったので、体調を維持できているかちょっと不安はあったのですが、パドックでは落ち着きがあったので、力を出せる状態で出走できたと思います。

スタートは特別速くなかったですが、池添Jが上手に小脚を使わせてくれて、ハナを主張。ブリンカーが効いている様子でやや力んだ走りではありましたが、他馬が絡んでくるようなことはなくマイペースで進めることが出来たと思います。4角を回ってくる際は他馬もそこまで余裕がある感じには見えなかったので。ひょっとしたら押し切れるかもと思ったのですが…。

直線を向いたベルラガッツォ&池添Jは早々に後続を突き放しにかかったのですが、いざ追われてからがジリジリ。池添Jは懸命に手前を替えさせようと頑張ってくれたのですが、どうしても変わらず。残り200mぐらいからさすがに苦しくなってしまい、上位2頭には突き放されるも、3着とはハナ差の4着に終わりました。負けはしましたが、ベルラガッツォは最後まで真面目に駆けてくれましたし、優先権を確保できたのは1歩前進したと言えるでしょう。

レース後のベルラガッツォですが、一生懸命走り切ったことで歩様がクタッとしたようですが、大事には至らず。ゆっくりゆっくりですが、ひとまず良い方へ向かっています。今後は札幌競馬場へ移動し、優先権の期間内の出走を予定しています。

次走でもダ1700mへ使うことが最有力でしょうが、個人的には一か八かの挑戦でダ1000mで粘り込みに賭けるのも1案として検討してもらいたいです。