焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

予定を1週早めて使うことになったも万全の仕上げ。レースの流れに乗るのに少しモタついたところはあるも、道中は中団で脚を温存。直線を向いて進路が広がると抜け出してくる脚は速かった。後続の追撃を完封してデビュー勝ちを決める。☆クールキャット

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

土曜東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1400m)優勝(2番人気) C.ルメール

互角のスタートから、先団を見る形での追走になります。直線で前がバラけたところをラチ沿いから鋭く突き抜けて、母と同じ舞台でのデビュー戦を見事勝利で終えています。

奥村武調教師「デビュー戦にしてはなかなか良い内容で勝つことが出来ました。追ってからの反応も良かったですし、兄のトリオンフのように持久力があって、最後までしっかりと伸びてくれました。ルメール騎手のコメントは『兄姉を考えると、とても真面目な印象を受けました。ゴールまで長く脚を使ってくれるタイプで、東京のような広いコースも合っています。また、この距離でも問題なく走ってくれましたよ』との事でした。牝馬にしては馬格があって、調教でも跳びの大きい走りをするのですが、成長してくればもっと体の使い方が良くなり、よりストライドが伸びてきそうです。勝ちっぷりや成長力を踏まえるとこれから非常に楽しみですので、1戦1戦大事に使っていければと思います。今後はトレセンに戻って馬体を確認させていただき、問題なければ一旦牧場へお返しして心身のリフレッシュを図りたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大型もキチッと仕上がっていた。テンから軽く促して馬群に取り付く。中団で脚を温存。4角からは前がバラけたのでスムーズにラチ沿いへ誘導。坂下から抜け出してくる脚が速かった。完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2番人気クールキャットが内から伸びて快勝(日刊スポーツより)

2番人気クールキャット(牝、奥村武、父スクリーンヒーロー)が快勝した。道中は中団。直線に向くと抜群の手応えで内から伸びた。勝ちタイムは1分23秒4。 ルメール騎手は「いい感じでした。能力あるし、道中も一生懸命走ってくれた。最後も長い脚でゴールまで伸びた。1600メートルも大丈夫」と能力の高さをたたえた。次走は未定。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/26日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

奥村武師「先週は改めておめでとうございました。レース後はよく状態を確認させていただきましたが、脚元を含めて特に問題は見られません。もう少しこちらでケアを行わせていただいた後に、一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出して心身ともにリフレッシュさせたいと思います」(6/24近況)

⇒⇒26日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(26日・最新情報より・追記)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当初の予定を1週早めてきたので、少し余裕のある馬体でのデビューになるのかなと見ていたクールキャット。馬体重は504キロと大型ですが、手脚の長い馬なので太め感は全くなし。キチッと仕上がっていたと思います。また、サンデーサイレンスの3×3のクロスがあり、煩い面があるかなと見ていましたが、落ち着き払って歩いていた姿は好印象でした。

スタートに関しては、ゲート出は速かったと思いますが、二の脚は平凡。C.ルメールJは少し追っ付けてポジションを取りに行っていましたが、その際に少し力んだ面も。ただ、馬群に入れることで落ち着きを保つと中団で脚を温存。4角を回ってくる時は進路を選べるくらい余裕を感じました。そして、最後の直線。逃げていたユウガが少し外へ進路を持っていったことで、クールキャットの進路がスッと開きました。そして道中のフットワークから馬場が重くても大丈夫と感じたC.ルメールJは空いてスペースを使うことに。先頭に並び掛けて行く時は余裕綽々でしたし、そこから抜け出してくる脚は上々。直線で2発ほど鞭は入りましたが、トビの大きい走りでスピードは持続。ゴール前でスタートで後手を踏んでいた1番人気のソングラインが強襲してきましたが、見た目以上に余裕はあったと思います。見事にデビュー勝ちを決めてくれました。

レース後のクールキャットですが、脚元等に異常はなし。今後はもう少し馬体のケアを行い、26日にNF天栄へ放牧に出る予定です。まずはデビュー戦の疲れをしっかり癒し、心身の成長を促す為にコツコツ乗り込んでもらえればと思います。

今回、少し心配だった1400mの距離には対応出来ましたが、血統や体型を見ると距離が延びても全く問題ない筈。操縦性が高く、体力のある馬ですし。ただ、血統面から煩くなる可能性はあるので、1度実戦を経験してピリピリしてこないことを願うばかりです。