焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

外枠が当たるも、ノビノビ走ることが出来た東京へのコース替わりで変身。道中でブレーキを踏むところなく、直線では追い出しを待つ余裕。鞍上の完璧なエスコートにきっちり応えての重賞勝利。オークスの優先出走権を手中に。☆クールキャット


f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜東京11R フローラS(G2・芝2000m)優勝(5番人気) C.ルメール

外枠から互角のスタートを切ると、前走とは打って変わって積極的に運び、好位で流れに乗ります。良い手応えで直線へ向き、追い出してからも終いまでしっかり伸びると、悲願の初重賞制覇を飾っています。

奥村武調教師「皆様おめでとうございました。4度目の重賞挑戦でようやく勝つことが出来て本当に良かったです。今日はスタートを決められたので、道中は良いポジションを取れましたし、流れに乗ってスムーズな競馬をしたことが一番の勝因だと思います。中山で2戦使ってきたものの、やはり大トビの馬なので、東京のような広いコースの方がノビノビと走れており、追ってからもスパッと切れる訳ではありませんが、最後まで本当によく伸びています。今日のように折り合いが付けば、スタミナは豊富な馬なので距離に関してはこれくらいでも全く問題ないですし、血統的にもむしろ延びてこそもっと良さが出るタイプではないでしょうか。騎乗したルメール騎手のコメントは『完璧なレースが出来ました。スタートからある程度ポジションを取りたかったので、前目につけました。馬の後ろに入ってからはとても冷静でしたし、レースの組み立てに関して特に言うことはありません。新馬戦で乗せてもらった時と同じで、シュッと切れる脚はありませんが、長く良い脚でジワジワと伸びてきますね。以前よりもパワーアップしていたので、こうして重賞を勝てて良かったです』とのことでした。ルメール騎手が実感している通り2歳時よりもパワーアップしていますし、馬体を見ても更に成長を遂げていくでしょうから、再び大きな舞台で活躍してくれると思いますよ。これでオークスへ向けての優先出走権を手にしたので、出走させたい気持ちはあるものの、トレセンへ帰ってからの状態をよく見てから最終的にジャッジしたいと考えています。皆様、改めておめでとうございました」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フローラS】クールキャット完勝!樫切符、雄大フットワーク 打倒ソダシ名乗り(スポニチより)

25日、再び無観客となった東京と阪神だが、G1に向けて大きな一歩が刻まれた。東京G2「第56回フローラS」は、ルメール騎乗の5番人気クールキャットがスケールの大きい走りで完勝。2着スライリーと共にオークス(5月23日、東京)の優先出走権を手にした。

全馬が樫切符獲りへ必死に駆けた直線。明らかに他馬より大きい完歩でクールキャットが伸びてくる。広く長い府中の直線。その歩を進めるごとに、前の馬との差が詰まっていく。ルメールは「この馬は跳びが大きいですね。切れないけど、長い脚で伸びてくれます」と振り返った。

15番枠から好スタートで4番手へ。名手が少しだけ外に誘導し、走りやすい環境を整える。ノーストレスで迎えた直線。前に馬はいない。他馬に気兼ねすることなく、雄大なフットワークのピッチが上がる。内で粘る伏兵スライリーをかわせば、後方勢は問題にしなかった。ルメールは「凄くいいポジション。冷静に走れていたし、直線はだんだんと加速してくれました」と上機嫌だった。

奥村武師は「窮屈な中山が競馬を難しくしていたので。今日のコースはこの馬に向いていると感じました」とコース替わりを勝因に挙げた。馬体重506キロはこの日のメンバーで唯一の500キロオーバー。トリッキーで急加速が求められる近2走の中山(フェアリーS10着、フラワーC5着)は、この大型牝馬には狭すぎた。「ここに来てパワーが付いてきたなと。スタミナがあるのでもっと距離は延びていいと思います」と、コース適性に加えて馬自身の成長も認めた。

次戦はオークス参戦が濃厚。再び、東京の直線で戦える。ルメールはアカイトリノムスメとのコンビが決まっているが、クールキャットについて「新馬戦の時より筋肉が大きくなっている。今日G2を勝てたし、上のクラスでも戦えると思います」と能力を評価。サトノレイナス(ダービー出走)の回避で、桜花賞馬ソダシの1強ムードとなる樫の舞台。その大きな一歩で、白い女王の背を追い掛ける。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:28日に福島県ノーザンファーム天栄へ放牧

奥村武師「改めまして、先週はおめでとうございました。新馬勝ちしてからはなかなか結果を出してあげることが出来ませんでしたが、やっと重賞の舞台でクールキャットの実力を示すことが出来て安心しました。レース後はよく馬体を確認しましたが、脚元や歩様には特に問題ありませんでした。ただ、一生懸命走ってくれたので、これまでよりも筋肉には張りがあって疲れが見られますから、一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていたただきます。優先出走権を獲ってくれましたし、大丈夫ならオークスに向かいたい気持ちはありますが、最終的には牧場での状態を見てから判断いたします」(4/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

C.ルメールJの手腕でオークスへの優先出走権が取れればなあと期待はしつつも、開幕週の馬場で8枠はさすがに厳しいかあと見ていたクールキャット。終わってみれば、鞍上の冷静な手綱捌きが光り過ぎましたが、好位確保から正攻法の競馬での押し切りは力がないと出来ない芸当。ゴール前は3着馬の末脚が目立ちましたが、着差以上の完勝だったかなと思います。

東京でのデビュー戦を快勝後、一息入れて、札幌・クローバー賞へ向かう為に帰厩したところで右前脚の挫石が判明。再調整を余儀なくされた後はアルテミス賞→フェアリーS→フラワーC→今回のフローラSと重賞競走を転戦することになりましたが、クールキャットは陣営や出資者の期待に応えることは出来ないでいました。ただ、フラワーCCあたりから馬が良くなってきているのは分かっていたので、今回も重賞で通用しなくても、自己条件から出直すことになればコツコツ力を付けていってくれるかなと見ていましたし、攻めで動く馬なのでダート替わりが面白そうとも考えていました。

まあ、それにしても、デビュー戦以来の手綱となるC.ルメールJはこの馬の長所をよく理解してくれていて、プレッシャーのかかりにくい好位を取り切り、ゴールまでブレーキを踏むシーンはなし。クールキャットは切れる脚はないですが、併せ馬で見劣ることが少ないように簡単に抜かせないのも長所。ホント、今回のレースぶりはクールキャットの取扱説明書といった感じで他の騎手が乗る時には大いに参考にして欲しいです。

レース後のクールキャットは力を出し切ったことで、疲れ・反動が出ることを懸念しましたが、脚元等は大丈夫。ただ、相応の疲れを感じさせるのも事実なので、次のG1・オークスへ向けて態勢が整うかとなると回復次第。4月28日にNF天栄へ放牧に出ていますが、この判断は賛成です。ただ、オークスではC.ルメールJが乗れないので、出走へ向け、どの騎手を配してくれるのかも注目です。

クールキャットは第一次募集期間には出資せず、通常営業が始まった日に出資を決めたお馬さん。これまできつめのクラスの馬に泣かされてきたので、サンデーサイレンスの3×3で気難しさが出てくると嫌だなと思いつつ、メジロの血統はライアン好きだった私にはそれ以上に魅力的でした。ただ、正直なところ、重賞を勝てる馬になるとは想像していませんでしたし、このメンバー相手に勝ち切るイメージは沸いていませんでした。改めてクールキャットの潜在能力の高さを認識させられました。ホント良く頑張ってくれました。