焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

枠内で落ち着きを欠き、スタートで出遅れ。控える競馬を余儀なくされ、道中は幾分行きたがる面を見せる。勝負どころから外目を進出し、直線でも伸びてくるシーンはあったも、坂を駆け上がって一気に苦しくなる。最後は流れ込む感じで11着に敗れる。★クールキャット

f:id:yakifish:20210925075441j:plain

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

日曜中京11R ローズS(G2・芝2000m)11着(3番人気) C.ルメール

互角のスタートを切るも二の脚付かずに後方からの競馬になります。直線に入ってからは外目からジリジリと脚を伸ばしますが、中団で流れ込むようにゴールしています。

奥村武調教師「前走のオークスから約4ヶ月ぶりの実戦でプラス14キロでの出走となりましたが、夏を越して馬はひと回り大きくなりました。付くべきところに必要な筋肉が付いて成長分は多少なりともあったと思いますが、体つきを見ると多少ふっくらとし過ぎたかなとも思いますから、その点は反省ですね。今日はゲートを待たされたこともあってダッシュがあまり決まらず、内枠で揉まれる形となってしまったことで、この馬らしいノビノビとした走りが出来ませんでした。その中でも直線では大外から脚は使えていましたし、4,5着の馬とは0.4秒差ですので、着順こそ物足りないもののそれほど悲観しないで良いでしょう。騎乗したルメール騎手は『休み明けだったので、ややエキサイトする場面があり、直線で伸びかけたものの、最後の坂で止まってしまいましたね。また、中京のコーナーでもトビの大きいこの馬にとってタイトなように感じましたし、フローラSを勝った東京か、もしくは阪神の方が良いのかもしれないです』と話していました。秋華賞へ向けてもっと結果が欲しかったのは事実ですが、能力はある馬ですので、次の本番で巻き返したいと思います。とは言え、まずはトレセンへ戻って状態を慎重に確かめてから最終的に秋華賞へ向かえるか判断させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

プラス14キロは成長分。ゲートの体勢が悪く、スタートして二の脚の差でポジションを取れず。早めのレースで持久力が生きるタイプ。この上がりで後方からヨーイドンの形では厳しかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ローズS】3番人気クールキャットは11着に沈む ルメール騎手「坂を上がって疲れてしまった」(スポーツ報知より)

秋華賞トライアル(3走まで優先出走権)は3歳牝馬18頭で争われ、福永祐一騎手が騎乗した4番人気のアンドヴァラナウト(栗東池添学厩舎、父キングカメハメハ)が直線で力強い末脚を見せ、重賞初出走で初勝利を飾った。勝ち時計は2分0秒0。

1馬身1/4馬身差の2着はスタートから先頭に出た12番人気のエイシンヒテン(松若風馬騎手)。1番人気のアールドヴィーヴル(松山弘平騎手)は中団から脚を伸ばしたが、優先出走権内の3着にギリギリ入った。

クリストフ・ルメール騎手(クールキャット=11着)「休み明けで少しエキサイトしていた。スタートがあまり良くなかった。(コーナーが)きつい競馬場で大きいストライドをうまく使えなかった。直線はちょっと伸びたけど、坂を上がって疲れてしまった」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:10月17日の阪神秋華賞(G1)

奥村武師「トレセンに戻ってきて状態を確認しましたが、左トモの入りには少し甘さを感じますね。ただ、ローズSの前と比べて大きく悪化しているわけではありませんし、今日は軽く跨って状態確認を行ったものの、よくケアすれば進めていけるレベルですから、このまま秋華賞に向けて調整していきたいと考えています。なお、鞍上につきましては現在調整中です」(9/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実績を残しているC.ルメールJでの出走というプラス点、G1を含む重賞でことごとく沈んできた3枠5番での出走というマイナス点。クールキャットにとって、どちらの力が大きく働くのかなと見ていましたが、やはり後者の負の力が大きく…。まあ、フローラSを勝った時とは相手関係がだいぶ上ですし、スタートで後手を踏み、揉まれ込む競馬になってしまうと能力全開とも行きませんでした。

プラス14キロでの出走となりましたが、気持ち余裕のある造りだったかもしれませんが、ほぼほぼ成長分。ひと夏を越して成長が見られた点は良かったと思います。

レースに関しては枠内でガチャガチャし出したところでゲートが開いてしまう不利。ボコッと出てしまうと二の脚が付きませんでしたし、外からサッと前へ入られてしまいました。その為、道中は内ラチ沿いをロスなく回ることに専念。ただ、折り合いを欠くほどではなかったも、終始行きたがる面を覗かせ、C.ルメールJを宥めながらの追走でした。そして3角過ぎからジワッと押し上げていって、直線は大きく外へ。いざ追われてからジワジワ伸びてきましたが、坂を駆け上がってからは見事に勢いがストップ。流れ込む形で11着でのフィニッシュとなりました。

今回に関しては、スタートでの後手でリズムを乱してしまったのが大きな敗因ですが、ロスなく立ち回ることが出来ていても、勝ち負けできるところまでは正直どうか。血統は長距離向きですが、走りや気性からはマイルぐらいの方が良いのかもしれません。ひと夏越してパワーアップした分、誤魔化しが効かなくなって、距離適性がハッキリしてきているのかなと思います。

レース後のクールキャットですが、使ったなりの疲れ・ダメージは残るも、そこまで深刻なものではなさそう。そして今後は在厩調整でG1・秋華賞を目指すことになりました。鞍上に関してですが、ローズSを勝ったアンドヴァラナウトには引き続き福永Jが秋華賞で乗ることになり、それに伴い鞍上が未定となった紫苑Sの勝ち馬・ファインルージュにはおそらくC.ルメールJになるでしょう。それ故にG1で誰を乗せてくるのかひとまず注目したいです。

また、枠番次第で乗り方を極端に変えても良いのかなと思います。外枠ならスッと先行策、内枠ならソロッと出しての末脚勝負。包まれるとリズムを乱すと思いますし、勝負どころから減速することなくギアを上げていけるような乗り方を是非お願いします。