焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

動きはひと追い毎に良化し、仕掛けてから重心が低くなるのが好印象。体力面もしっかりしているのでタフな馬場がプラスに働くかも。まずは内容のある競馬を見せて欲しい。☆クールキャット

 

f:id:yakifish:20200513045835g:plain クールキャット(牝・奥村武)父スクリーンヒーローメジロトンキニーズ

土曜東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1400m)4枠7番 C.ルメール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計

奥村武師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクールキャットが大きく離れた後方を追走していき、直線ではしっかりと脚を伸ばして先着する形でゴールしています。1勝クラスの馬に大きくリードして終えられたように、動きは最後までしっかりとしていて良かったですね。先週末にも南Wコースで終いはそこそこ脚を伸ばす形で時計を出していますし、当初の予定よりも1週前倒す形になりましたが、良い状態でデビュー戦を迎えられそうです。調教の感じからはあまり切れ味を求められるのは分が悪そうなので、週末にかけての雨予報というのは、この馬にとってはプラスに働くのではないかと考えています。ルメール騎手を確保できましたし、総合力は高そうな印象ですから、初戦から良い走りを期待したいですね」(6/18近況)

助 手 14南W不 71.9- 56.3- 40.9- 12.7 馬なり余力 リスペクト(古馬1勝)馬なりの内1.0秒追走同入
助 手 16美坂良 62.3- 46.2- 30.2- 14.5 馬なり余力
助 手 17南W良 68.4- 52.0- 37.6- 12.1 G前仕掛け リスペクト(古馬1勝)馬なりの内2.9秒追走1.0秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京5日目(06月20日
5R メイクデビュー東京 2歳新馬
芝1400メートル 混合 馬齢 発走12:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ユウガ 牝2 54 田中勝春
1 2 コスモマッドネス 牡2 54 柴田大知
2 3 エクレウステソーロ 牡2 54 内田博幸
2 4 パラノイド 牝2 54 戸崎圭太
3 5 スペクタクル 牡2 54 武藤雅
3 6 カラドボルグ 牡2 52 菅原明良
4 7 クールキャット 牝2 54 C.ルメール
4 8 シーレカズマ 牡2 54 北村宏司
5 9 ナンヨーローズ 牡2 54 柴田善臣
5 10 ソングライン 牝2 54 D.レーン
6 11 ビスボッチャ 牝2 54 福永祐一
6 12 ワールドナカヤマ 牝2 52 木幡育也
7 13 マラドーナ 牡2 54 石川裕紀人
7 14 ハイレリーフ 牝2 54 野中悠太郎
8 15 ワイオミアロール 牝2 54 江田照男
8 16 クールシャワー 牡2 54 津村明秀

○奥村武師 「凄く体力があって、全般に調教タイムが出やすくて終いもしっかり。持続力のあるタイプで、今の東京の馬場は合う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

s今年のフローラSを勝ち、その後のオークスで2着に頑張ったウインマリリンは同じスクリーンヒーロー産駒の牝馬ですが、この馬以外は目立った活躍馬が牝馬にいなかったので、即満口にはならなかったメジロトンキニーズの18ことクールキャット。私も後から出資したものですが、雄大な馬体と肌艶の良さに惹かれました。また、メジロライアンが好きだったので、いつかはメジロの流れを汲むレイクヴィラファームの馬に出資できればと思っていたので、タイミングは合ったと思います。あとはサンデーサイレンスの3×3なので、気難しいところはある程度覚悟していました。

育成当初、馬房や調教時に幼さを覗かせてテンションの上がる時はありましたが、走りに関しては大型馬のイメージとは少し違う感じで手先の軽い走りを披露。年が明けて調教が本格化してからも、頓挫することなく与えられたメニューをしっかり消化することが出来ました。そして4月2日に早くも美浦・奥村豊厩舎へやってきました。

まずは競走馬としての第一関門・ゲート試験合格を目指すことになりましたが、少し煩いところがあるので、ゲート練習に手こずると嫌だなと見ていましたが、スムーズに調教が進み、約1週間でゲート試験を突破。その後はNF天栄へ移動し、デビューへ向けての乗り込みを行ってきました。どこかのタイミングで疲れを覗かせるかなと心配もありましたが、持ち前のタフさを発揮して頑張ってくれました。そして5月26日に再度美浦へ。3回東京開催でのデビューを目指してきました。

当初は4週目の芝1800mor芝1600mでのデビューを検討されていましたが、そこは牡馬の有力馬が揃いそうということ+本格的な追い切りを開始した後の動きが良かったことで1週予定を繰り上げてのデビューとなります。

距離はそこそこ欲しいタイプだと思いますが、幼さの残るこの時期の2歳戦なので距離云々はあまり関係ないのかなと思います。デビュー戦なので良い馬場で競馬をさせてあげたいですが、残念ながらそれは叶わず。重馬場でのレースになってくるでしょうか。追い切りの映像を見ると、追走時はやや頭の高い走法ですが、確かに手脚は素軽く、仕掛けてから重心が下がるのは好印象。綺麗なフットワークで走る馬なので、馬場がどう響くかですが、そこは他15頭も同条件ですし、体力は結構備わっていると思うので、道中の進路取り等は鞍上に確保できたC.ルメールJに託すのみ。持久力勝負になれば、クールキャットに分があると思います。

まあ、まずは早めに1度競馬を経験させることに意義があると思いますし、結果よりも内容を重視したいところ。最後まで集中力を切らさずに脚を伸ばしてきて欲しいです。