焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

レース後も元気一杯ということで連闘へ。前走で先着を許した馬が出てきていないので、前走ぐらい走れば勝ち負けの争いに食い込める筈。ただ、アテにならない気性なので、連続して真面目に走ってくれるかとなると自信はなくて…。☆ロードドミニオン

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロアサウンドオブハート

6月21日(日)函館2R・3歳未勝利・混合・ダ1000mに藤岡康Jで出走します。連闘のため中間は軽目の調整です。発走は10時25分です。

○西浦調教師 「走り回るぐらいに馬自身は本当に元気。この感じならば間隔を空けるよりも、早々に使う方が良いかも知れません。すぐに予定を確認したところ、藤岡康太騎手の都合も大丈夫。輸送の負担が無い滞在競馬だけに、連闘も特に問題ないでしょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回函館4日目(06月21日)
2R 3歳未勝利
ダ1000メートル 指定 混合 馬齢 発走10:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ユキネエ 牝3 54 水口優也
2 2 スマートワイバーン 牡3 56 荻野琢真
3 3 アルファジップ 牝3 54 武豊
4 4 ロードドミニオン 牡3 56 藤岡康太
5 5 デルマラピスラズリ 牡3 56 横山和生
5 6 キタノギャラクシー 牡3 56 菱田裕二
6 7 ニーケススマイル 牡3 53 秋山稔樹
6 8 ディスイズミー 牡3 56 川島信二
7 9 キタノタカワシ 牡3 53 山田敬士
7 10 サウンドマヒナ 牝3 54 古川吉洋
8 11 カテドラルロック 牝3 54 勝浦正樹
8 12 ハルバード 牡3 56 黛弘人

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初ダートとなった前々走の阪神戦は11着という結果に終わるも、最後の直線を向くまでは好位追走とレースの形を作ったロードドミニオン。その内容から距離を縮めれば、前進が見込めるかなと見ていましたが、陣営もそういう考えで、前走は函館のダ1000mをチョイス。パドックでの地味な気配やオールダートの競馬で追走に手間取っていた様子を見て、『この条件でもやはり厳しいかぁ…』と思ったのですが、最後の直線で狭いところへ入ったドミニオンは藤岡康Jの叱咤激励に応えてじわじわ加速。その勢いはゴール前まで続くと3着争いに僅かに遅れる4着。かなり相手に恵まれた2戦目に5着と掲示板入りすることが出来ましたが、前走は自分の力で掴み取った4着と価値がだいぶ違います。ようやく1つ適性を見い出すことが出来ました。

レース後のドミニオンですが、クタッとした様子を見せずにむしろ元気一杯。滞在競馬で輸送がない分、疲れ・負担が少ないので、元気があるなら使っていこうと連闘へと踏み切りました。

相手関係に目を遣ると、今回は混合戦なのでライバルとなってくるのはまずは外国産馬かなと。実際、武豊Jが騎乗するアルファジップが1番人気。先行力があるのでこの距離は合うかもしれません。ただ、ダートを走った2戦の時計は地味。それならドミニオンと同様に連闘となりますが、この条件を1度経験している馬が脅威になってくるかと思います。それに該当するのがスマートワイバーン&キタノギャラクシー。前走の時計は平凡ですが、慣れを見込めば時計の短縮は可能でしょう。あとは勝ち切れない競馬が続くも、走破時計は常に悪くないニーケスマイルが不気味に思います。

それでも前走で先着を許した馬がここへ使ってこなかったのは正直ラッキー。何か大駆けする馬が出てくるかもしれませんが、ドミニオンは前走ぐらい走ってくれれば、勝ち負けの争いに加わってくると思います。この条件への適性の高さは示せたと思うので、要はドミニオンが2戦連続で同じくらい走ることが出来るのかがポイント。馬っ気が強くて、集中力の維持が結果を大きく左右してきます。

勝ち上がるにはここが最大のチャンスかもしれません。アテに出来ない気性なので、過度の期待は控えますが、前走で好走へと導いてくれた藤岡康Jが引き続き乗ってくれるので、前走で掴んだ良いイメージをここへ生かして欲しいです。勝って欲しいなあ。