焼魚定食の表示価格には消費税が含まれています。

出資しているシルクとロードと東京サラのお馬さん情報が中心。(有)シルクホースクラブ&(株)ロードサラブレッドオーナーズ&(株)東京サラブレッドクラブのHP掲載の情報の転載・画像使用の許可を得ています。

ロードなお馬さん(5歳馬)

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードダヴィンチ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター2000m。

○当地スタッフ 「少しずつ運動量を増やして、現在はキャンターを2000mに。ひとまずは問題の左前脚繋靭帯も落ち着いています。段階を踏みながら更に距離延長を図りつつ、相応のレベルに達したら騎乗調教を開始へ・・・。そんなイメージかも知れませんね」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「気温が随分と上がっている点を考慮。今のところ体調に問題は認められぬものの、トラックコースのキャンターを制限しています。同様のパターンまでに止めるべきか、更に踏み込んでから送り出すか・・・。千田先生にも意見を仰ぎましょう」

f:id:yakifish:20200513050027g:plain ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間もコンスタントに18-18をこなしており、着実に上昇カーブを描いている印象。気温の暑い日が続くとは言え、飼い葉食いを含めてコンディションは安定しています。そろそろペースアップを図りたいところ。今のところは順調でしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレットオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチはこの中間、トレッドミルでのキャンターの距離を倍に増やしましたが、脚元の疲れ・反動はひとまず大丈夫。今後は頃合いを見て、更に距離を延ばして負荷を高めていく方針ですが、日々のケアを怠らなければ、我慢は利いてくれると思います。約1ヶ月後には騎乗運動を再開できるように進めてもらいましょう。

イヒラニは順調に乗り込むことが出来ていますが、この中間は気温の上昇を考慮してのメニューに。牧場では無理に速いところはやらず、体調維持に努めた方がベターに思います。ただ、1勝クラスでやや頭打ちなので、帰厩の優先順位は高くないと思うので、厩舎とすれば牧場でしっかり乗ってもらい、帰厩後は10日から2週間くらいで出走できるようにしたいのかなとは思います。

左前脚の球節に不安を抱えるエースですが、丹念に普通キャンターを乗り込み中。状態はジワッと上向いてきていますが、梅雨に入って不快指数が高まっていくと耐えられなくなってしまう筈。毎年、確実に暑さにグロッキー状態になる馬ですから。ひとまずペースアップは避け、状態の変化に目を配りながら、基礎体力アップの為に乗り込みを続けてもらえればと思います。